【真実】資本主義の裏その3〜国と会社に依存しない


 

友人の提言です。
その3

参考までに紹介しときます。

-以下引用-

国と会社に依存しない

ある会社のオーナー社長は個人委託契約でもないくせに社員を労働基準法違反のサービスでの超長時間労働をさせながら自分は社会貢献のために税金をちゃんと払ってるとかしきりに自己アピールしてましたが、国は税金を正しくは使っていません。

親戚のほとんどが国家公務員で、自分も厚生労働省に長くいたからそれは実感しています。

また、国と企業などの癒着、利権の保護もかなり強いです。

誰とは言えないですが、歴代の総理大臣数人の後援会長をやくざの幹部がやっている時点でそれは証明できます。
また、国会議員にもやくざの幹部の親戚などが入りこんでます。

税金は先進国でもダントツに高く、国民を気づかれないように奴隷化してるしてる国だと思います。

正しいことを表で目立って主張しすぎると都合が悪いと潰すような国ですから、あまり目立ちすぎるのもよくありません。

ネットワークビジネス(MLM)の正当化を主張して叩かれた国会議員など典型ですね。
※彼はあまりにやり方が否定中心でダメダメでしたが

ネットワークビジネス(MLM)自体は仕組みが最強過ぎて(選択を間違いさえしなければね)、既存のメーカーやマスコミ・広告業界を敵にまわしてしまいますからね。

数年前に徹底的に叩かれたニューウエイズがいい例です。
※少々企業内に政治力、交渉力、社会を見る目が無さ過ぎましたが、、、

薬事法も医学会・製薬会社と国との癒着によって出来た法律です。
サプリメントが製薬を脅かす恐れがあったからですね。

日本がいつまでも治療医学で、保険がなくて予防医学が発達してる、薬事法がなくサプリメントの効果効能がうたえるアメリカとはそもそも政治的背景があるのです。

足を取られないように、必要な法律だけは順守して、

預金封鎖を何度もやってる国が本当に国民の事を考えてるとは思えないですよね
ロシアみたいに国の破綻を利用して、超金儲けをしたソ連の国会議員のニューリッチみたいに、日本の政治家やほとんどの官僚・富裕層も同じこと考えてますよ。今はまさに同じような状況が近付いてますね

自分達は周りの大切な人を守ってあげましょう。

-引用終わり-

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com
http://mlmblog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【真実】資本主義の裏その2〜日本経済衰退の本当の理由


 

友人の提言です。
その2

参考までに紹介しときます。

-以下引用-

日本経済衰退の理由

超少子高齢化が世界一のスピードで進んでいるから

何で世界一のスピードで少子高齢化が進んでいるのか?

世界一の長時間労働がいまだに美徳とされているから。その事により、男性が育児に参加する時間も世界でダントツに少なく、結局女性が育児をするのが当たり前的な慣習が根強いです。

何で世界一の長時間労働が今も日本では美徳とされているか?

人口増加期では国とビジネスオーナーにとって都合がいい学歴終身雇用社会が一般庶民にとっては一番安定していて幸せだという考え方を義務教育の時から潜在意識に埋め込まれていたから。

何で学歴終身雇用社会が国とビジネスオーナーにとって都合がいいか?

国にとっては国民が就職して雇われ続ける事により、源泉徴収制度の仕組みを安定して整え、自動的に必要なお金を徴収することができるから。

ビジネスオーナーにとっては、長く会社に忠誠心をもつ勤勉な従業員を確保することが出来るから。

学歴終身雇用社会を日本の社会の仕組みとするにあたって、国とビジネスオーナーがやったことは?

従業員として囲い込むためにお金の教育・起業・経営に関する教育を一切しなかった。

それにより、世界でも国民の経済・金融・起業に対する意識・感心が低く、金融後進国になってしまいました。

金融の日本と海外との違いは「お金の勉強会」等で説明されています。

国の思うように使われているのが国民です。

海外では仕事の数は平均5~6個で、数ヵ月のバカンスや男性が育児休暇を取るなど常識です。

例えば日本と香港を比べると、日本の平均賃金は香港の六倍もありますが、億万長者の割合は日本が1~2%であるのに対して、香港は40%以上が億万長者です。

この事実だけ見ても、いかに日本の国とビジネスオーナーが貴重な情報と利益を独り占めしているのがわかるでしょう。

また、最近のベンチャー会社は人件費・広告費の削減方法が上手く、会社理念・会社ビジョンに若い従業員を洗脳魅了して、サービス残業させています。

まだ、社会経験・情報がない大学生を在学中の説明会・選考・インターン・研修の流れの中で洗脳をかけてしまうというのが、仕組みになっているらしいです。

社員との一体感を作らせる寝食共にする方法や、インターンで時給をろくに払ってない会社もあるくらいです。

理念・ビジョンに魅了された学生は先輩社員がとてもかっこよくみえ、尊敬し始めます。

洗脳された学生たちはワクワク・楽しい・モチベーションが高い・興奮しているなどの特徴があり、外部の否定的なアドバイスなどには全く耳を貸さないように囲い込まれてて、プライドを傷つけられたと怒る傾向があります。

そして、プライベートもないため、価値観が同じ社内恋愛が圧倒的に多いのも特徴です。

これはいろんなベンチャーオーナーに聞いても目的は一緒でした。

従業員は起業のリスクばかり埋め込まれ、社員同士のロイヤリティを保つ事により、貴重な時間を奪われ起業するための自己投資や他の収入の柱を増やすことも出来ません。

結果、億万長者になれるのはビジネスオーナーだけで、従業員は安い賃金でずっと雇われ続けます。

都合の悪い事は一切話されず、いいことばかりしか見えなくなります。

決してオーナーを経済的に抜くことはできず、結局オーナーの一人勝ちになります。

都合の悪い事は一切話されず、いいことばかりしか見えなくなるというこの傾向は、例えば、MLM業界は悪く言われがちですが、その大きな要因が上に述べて来た事と共通します。
広く深く目を持って、見る目を養い(絶対に潰れない・潰されない・潰さない、かつ、市場シェアがまだまだ獲得できる企業を選択しないと意味無し。)、一つの「手段」として取り入れれば有効な世界ですが、一社しか見させない洗脳系の組織運営をしているアムウェイやニュースキン、ニューウェイズ等の大半のグループにもよく見られる傾向なのです。

真の正しい情報を伝え、自分よりももっと豊かで幸せな人たちをたくさん生み出す真の社会貢献をしたいですね。

-引用終わり-

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【真実】資本主義の裏その1〜経営者と従業員の傾向


 

友人の提言です。

参考までに紹介しときます。

-以下引用-

営業・コミュニケーションの能力≠会社・製品の知識、会社・製品の質を見定める能力

例)
日本では特に

営業のプロ≠金融(銀行・保険・証券・不動産全て)のプロ

営業・コミュニケーションの能力が高く魅力的≠会社・チーム選びのセンス、業界の解析・分析能力

また、

従業員の能力>ビジネスオーナー

のパターンが多いように思います。

自分より能力が高い人間を雇っているパターンですね。

また、ビジネスオーナーで成功するよりも、従業員で上に上がる方がずっと時間もかかり、能力も必要だなと感じます。

ビジネスオーナーに関しては短期集中→長期収入で成功してる人が多いですね。

以外と面倒くさがり屋で、束縛を嫌う人が多いような気がします。

-引用終わり-

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【本質】男と女、そして稼ぎ


 

今日、
人生の大先輩がなかなか深い日記を書かれていました。

「女は稼ぐな」
「なぜ女は稼ぐななのか」
という題で、現代女性は、強くなっていると言われていて、一方で、一人で生きて行こうとし、結果、女に生まれてきた役割を果たすことが後まわしになりがち、女性としての本来の役割を果たす事を忘れてしまってる。
という懸念でした。

確かにそうですね。

私の見解としては、

逆に女が稼ぐ事で、頑張る男もいますけどね。
僕の場合はそんなタイプでした。

でも今は女が何も稼げなくとも、自分に任せろ!(逆にビジネスなり趣味なり好きな事をさせてあげられる)という男こそが本物かもな?と

心が変化していってますね。

変化の時代とか言われてますけど、それが男と女の長い時代を通して変わらない本質かもしれません。

一方、
例えばビジネス世界でも女には女にしか出来ない分野、男には男にしか出来ない分野があるでしょうから、お互いに領域は侵さずに自立し励まし合う関係こそが21世紀の理想的な男女関係かもしれません。

しかしながら、
女が外にばかり出ていると、どんなに強がってても、かっこつけていても、確実に男は寂しがります(笑)

そしてさらには、度が過ぎると、疑います。

でも、
それは男と女の体の構造にも起因する感情だと思います。

(まともな)男は大事な女のことがとっても心配なのですよ。

世の中には悪いヤツが沢山居る事を男は知っています。
何時誰に傷つけられるかも知れないですから。

自分は耐えられても、肉体的に弱い自分の大事な女が耐えられないであろう、そんな目には絶対に遭わせたく無いと考えます。

女が強い時代なんてマスコミははやし立てますが、強い(笑)女性の皆さんも、そういう男心も知る必要も有りますね。

そんな2人には非常に理想的な種類のお仕事であり環境であるようなものも存在しますけどね。

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版)
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.