【話題】伝説となるスピーチその2〜スティーブ・ジョブズ


 

現在絶好調のアップルのCEO・スティーブジョブスのこのスピーチはかなり有名です。

アップル社CEOスティーブ・ジョブズ氏は2005年6月12日、スタンフォード大学の卒業式で祝賀スピーチを行いました。
自らの人生を率直に振り返り つつ、実業界に飛び出そうとする後輩達へ贈った励ましにあふれたメッセージは、大学のホームページに掲載され、多くの人々に感動を与えました。
この文章では、 単なるビジネス上の成功・失敗を超えたジョブズ氏の死生観までがうかがえる。じっくりと味わっていただきたい。

そんなアップルも10年前は死んだ。と言われてました。
でも、
他人の判断なんて、ほんとあてにならないですよね。

敏腕起業家の波瀾万丈の人生訓は深すぎます。

スタンフォード大学卒業祝賀記念スピーチその2
このその2はハイライトとも言える内容で、僕自身が一番影響をうけた内容なんです。

彼が凄いところは、その後のその3にあるんですが、このその2が無ければ今のようなカリスマ性も決して生まれなかったのだと思います。

■人生の全てと信じたアップル社からの放逐

二番目のストーリーは、愛と敗北にまつわるお話です。

私は幸運でした。
私は、若い頃にしたかったことが見つかったからです。

私が20歳の時、Woz(ウォズ)と私は、私の実家のガレージでアップルを起業しました。
我々は一生懸命に働きました。

そして、10年後、アップルはガレージでのたった二人の会社から従業員4000人以上の20億ドルの企業に成長しました。

そうして我々は、当時の自分たちで出しうる最高の作品、マッキントッシュを発売しました。
それは私の30回目の誕生日の1年前で、次の30回目の誕生日を迎える直前には私は会社をクビになったんです。

どうしたら、自分で始めた会社をクビになると思います?

実は、アップルが急成長したので、会社経営をうまくやるために、私の右腕として働いてくれる優秀な人材を雇うことにしたんです。
1年かそこらはうまくいってました。

ですが、将来のビジョンに違いが生じ始め、結局、我々はその違いを埋めることは出来ませんでした。

最終会議の席で、当時の取締役会は彼に味方したのです。
それで、わずか30才で、私は会社から追い出されたというわけです。

このことは世の中の誰もが知ることとなり、大きく騒がれたりもしました。
私が人生のの全てを打ち込んでいたものが突然消えたのですから、それは衝撃的でした。

私は、それからの2、3ヵ月の間というものは本当にどうしたらいいのかわかりませんでした。

私は、自分が前世代の企業家から受け継いだ信用を失墜させてしまったんだと感じました。
私は自分に渡されたバトンを落としてしまったんです。

私はデービッド・パッカードとボブ・ノイスに会って、最悪の事態となってしまったことを詫びようとしました。
私は非常に有名な失敗者になってしまったことで、一時はシリコン・バレーからも離れることさえ考えたほどでした。

しかし、そうこうしているうちに少しずつ私は何かに気付き始めました。

私は、自分のやってきたことがまだ好きだったのです。
アップルでのあんな出来事があったというのに、それでもその気持ちが例え1ビットたりとも変わることはありませんでした。

私は拒絶されました、しかし、それでもまだ好きだったんです。
だから、私はもう一度やり直すことに決めました。

■大きな幸運は不幸の仮面をつけてやってくる

その時は分からなかったのですが、しかし、アップルにクビにされたことが私にとって、それまでの人生の中での最高の出来事であることがわかりました。
成功していた重みが、再び初心者である軽さに代わったのです。

あらゆる物事に対して、以前ほど自信はありませんでしたが、私の人生で最も創造的な期間の1つに一歩踏み出したことで、私は自由を手にしたのです。

続く5年の間に、私はNeXT(ネクスト)という会社を立ち上げ、Pixar(ピクサー)と呼ばれるもう一つの会社を作り、後に家内となる素晴らしい女性と恋に落ちました。

Pixarは、やがて世界最初のフルCGによるアニメ、「トイ・ストーリー」を生み出し、今では世界で最も成功しているアニメーション・スタジオとなりました。

様々な出来事が思いがけない方向へ変化し、アップルはNeXTを買収し、私はアップルに復帰しました。
NeXTで開発したテクノロジーは、アップルにおける今のルネッサンス(企業再生)の中心に位置しています。

そして、Laurene(ロレーヌ)と私は、一緒に素晴らしい家族を築いてきたのです。

私は、アップルをクビになっていなかったなら、こうしたことはどれ一つとして起こらなかったと確信しています。
それはひどい荒療治でしたよ。
しかし、私という患者にはそれが必要だったんだろうと思います。

人生には時として、レンガで頭をぶん殴られるようなひどいことが起こるものです。
だけど、信念を失っちゃお仕舞いなんです。

私が、そういったことにめげずに頑張ってこれたのは唯一、自分がやっていることが好きだったからだと、確信しています。

あなたも自分にとって好きなことを見つけなければいけません。
それはあなたにとって恋人が大事なのと同じくらい、自分の仕事に関しての真実です。

あなたの仕事は、あなたの人生の大部分を占めるはずです。
ですから、真の満足感を得る唯一の方法は、自分がすばらしいと信じる仕事をやる、それしかありません。

もしまだそれが見つかっていないなら、探し続ければいい。
じっと落ち着いてしまっちゃダメなんです。
心に関するあらゆる問題と同様に、それが見つかれば、あなたにはピンと来るはずです。

そして、あらゆる偉大なリレーションン・シップのように、年を重ねるごとに、それはどんどん良くなっていくものなのです。

ですから、あなたがそれを見つけるまで、探し続けて下さい。
決してあきらめたりしないで下さい。

(その3につづく)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前回と今回を読んで頂いて、皆さんはどんな感想を持たれたでしょうか?

スティーブ・ジョブスは、
自分が作った会社をクビになっただけでなく、シングル・マザーだった母親によって養子に出され、裕福でない夫婦によって育てられたという過去までも祝賀の席で赤裸々に語っているのです。

彼が凄いのは、そんな過去に心底感謝していることなのです!

余談ですが、
彼が作ったNeXTは商業的には失敗でしたが、見る目がある先進の技術者達からは大いに評価されました。

20年は標準的なものから進んでいると言われた先進中の先進なものを作り上げました。そしてそこまでやるか!というほどに全てに拘りまくっていたのです。
特に開発環境の先進性は際立っていました。

NeXTが無ければ今ソフトウェア業界全体で無くてはならない存在であるJava(NeXTが採用したObjective-Cをベース(参考)にしたとも言われてます。)も生まれなかったと言われています。

そしてこの時できた完璧な設計の完全オブジェクト指向(部品化された)のOS(オペレーティングシステム)NEXTSTEP、OPENSTEPが今のMacOSXに発展し、さらにiPhone OSや今年発表されたiPad OSを生み出しているのです。

そして今、アップルはApp StoreというiPhoneと今後のiPad用の自作のアプリケーションを公開できる仕組みを作り上げ、これらのアプリケーションを作る事が、世界的にかなりの流行を見せていますが、これらの開発環境が、NeXTの時代に作り上げた先進の開発環境がほぼそのまま継承されているのも凄いし、感慨深くもあります。

私は昔、先進の開発環境をあるデモで感動して、30万オーバーで購入してしまった過去(後悔はゼロですよ)があるんですが、今はMacを購入すれば、Macのインストールのディスクの中に無料で入っています。

 
 
皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
~全ての世代に届くネットワークを~
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Test運用中:公式ブログ
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki
メールアドレス:
utah.eitoki@facebook.com

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

 


0 comments

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.