【伝説】これは激ヤバい!!〜「The History of Jobs & Apple 1976~20XX」


 

ヤバいムック本が出た。

「The History of Jobs & Apple 1976~20XX」

ヤバい。

人生観が変わるかも。

Appleは最近ついに時価総額全米No1に押し上がったそうですが、ジョブズの人生、アップルの業績は何度もどん底を味わっています。

しかし、その度に、ジョブズは他の誰もなし得ないレベルの革新を成し遂げて来ました。

僕はジョブズがアップルを追われ作ったNeXT時代の仕事が大好きです。

今のMacOSX、IPhone OS、iPad OS(iOS)の原型です。
この事実を知ってましたか?

ジョブズはマルチタスクOSで頓挫していたアップルに急遽売り込みに入り、ほぼ95%決まりと言われていたBe社を抑えてNeXTの技術NEXTSTEP(その後Rhapsody->MacOSX)採用を大逆転で奪い取りました。

NEXTSTEP(NeXTマシンのOS)は1988年の時点で既に驚愕の技術的完成度(内部〜完全オブジェクト設計と開発環境〜 も外部〜先進的なユーザーインターフェース〜 も)を誇りました。商業的には大失敗でしたが。
それが今のアップルの想像を超える成功により陽の目を見ています。

自分的にも93年頃見たNEXTSTEPに感動を覚えた経験がありながら、商業的に大失敗した状況が悲しかっただけに、今のAppleの成功を支えるMacOSX、そのサブセットのIPad OS、iPhone OSが陽の目を見ている事に感慨深いものがあります。

NEXTSTEPの画面その1

NEXTSTEPの画面その2

今のAppleの成功は、ジョブズのカリスマ性やマーケティング戦略、革新性だと言われていますが、他社とは一線を画する考え方や拘りと共に、実はこの相当に進んでいる技術的背景が有る事に氣付けている人はほとんどいません。

現在MacOSXはさらにどんどん進化を続けてますね。
http://www.apple.com/jp/macosx/

MacOSX Tiger

 

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡2)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡3)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡4)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡5)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡6)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡7)

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Test運用中:公式ブログ
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki
メールアドレス:
utah.eitoki@facebook.com

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

 


1 comments
hide
hide

こんにちは! 私も、Macが好きです はじめに買ったのが、96年にPerforma 6210 以来ずっとMacです 賛否両論のスパルタカスも所有してます 今年、iMac 27in / iPad2 を導入 CD一枚分の容量しかないHDD分の時代から考えると凄い時代になりました NeXTは、デザインがよくて憧れでしたね。 ちょっと次元が違うぐらいの位置づけでしたが 10代の頃は、AXISと言うデザイン誌を欠かさず買っていたので 裏表紙によく乗っていたんですよね 何だこれは!って感じで見ていました。 何にせよ Appleほど、強気にユザーにライフスタイルを提案し続けている会社はほかになく 技術でしか語れなかった日本のメーカー 存在感、質の違いに格差を感じます

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.