【話題】「今、日本でおきていること」というエントリー


 

Eitokiです。

「今、日本でおきていること」というエントリーが
ネットで話題になっているそうです。

読んでみるとなかなか興味深い

1番目の
グローバリゼーションにより日本人のお給料が減っている傾向。確かに。なるほど。と感じる。

3番目の
貨幣価値自体の低下。
これは解釈難しいが、自分は今日本人が弱くなって、「もっともっと稼いでやるぜ!」と思える人が少なくなっている中、そんな欲求を追求できる人が違いが解る幸せを手にする。突き抜ける。んだと思います。
「稼ぎ」や、「称号」は自分の強い欲求から生まないと、その本当の価値は解んないと思うんです。

元IT戦士としては、
2番目の
デジタル化による既存産業の変革。
という部分が氣になる。

日本の色んな業界は
この部分は遅れているとも思うが、、、

今後どうなんのか?
いずれ、変って行かないと生き残れないだろうな。

もちろんアナログの仕組みは必須だと思うが。

それを世界で展開する為には、知恵と実験が必要だねえ。
主催の「Webマーケ戦略会」で考えようかな?

技術的にはすでに全然可能だけど。
最低限の金はかかります。

すでに「アナログ」/「デジタル」という簡単な区分けでは解釈できないくらいのレベルに来てると思いますね。
どちらも極めて無いと駄目で、真の「オーラ」はでません。
稼いでると言っても、オーラが無い人間が日本には多過ぎますね。

文中にもあるけど、通常の人がやろうとしている対策、、、
これでは未来は無いですよねえ、、、、

http://kajikenblog.com/?p=1
より
━━━ここからネットより引用━━━━━━━━━━━━━

日本で生きるのがどんどん大変な時代になってきてると言われています。

ヤバイ!なんとかしなきゃ!と焦る雰囲気が周りにも少しずつ増えてきました。
もちろん現実は直視すべきだし、個人として自分や大事な人を守るためにリスクヘッジは絶対に考えておくべきです。
だけど、社会の方向性と自分の立ち位置をきちんと見定めた上で、自分はどうしていきたいのか、冷静に考えていくのも大事と思ったりもします。

そんな問題意識の上で、今自分が思うことを拙いながらまとめてみようかなと。
乱筆乱文ですが、ツッコミあれば大歓迎ですー!

 

今起きていること

今、日本(も含めた先進国)では3つの大きな変化が同時進行してるようです。

 

1つ目。グローバリゼーション。

要は、先進国と新興国の格差解消がどんどん進行中。
格差解消は所得の平準化も意味するので、先進国である日本は平均所得が下降していく。
つまり業種や能力による個人差はあれども、日本人は全体的にはお給料が減っていく傾向。

 

2つ目。デジタル化による既存産業の変革。

IT化によるコスト削減が各所で起きてます。
例えばデジタル音楽配信や書籍のオンライン販売、電子書籍への移行により、リアル店舗は打撃を受け、倒産やリストラなどが起きる。

じゃあデジタル化を仕掛けた企業の雇用が同じだけ増えたかというと、そんなことはない。
結果として、デジタル化により雇用自体は全体的には減っていきます。

うわぁ・・・見事なまでのダウントレンド・・・

しかもこの2つの流れはちょっと止まりそうにありません。
日本で既存産業に勤務している人(おそらく日本人の大半)は、お給料が減り、雇用も減るというWパンチで、お先まっ暗という感じがしますね・・・

で、個人としてこういった流れに対応する策として最近よく話題に出始めるのが、

1. 英語勉強!スキルアップ! → 海外 or グローバル企業で勝負!

2. 収入の流れを複数持ってリスク分散!→「ノマド」、「フリーエージェント」

3. 生活コストを下げて収入ダウンに耐えよう! →「シェア」、「大家族化」・・・

どれも正しい。

だがしかし。

今から必死で英語勉強するっていっても、それで本当にグローバルで勝負できる人は、正直人数だいぶ限られまっせ。。。

あとノマドとかフリーエージェントって、求められるスキルや素養は、かなりレベル高いよ。。。

なので、大多数の人は1.と2.を目指しつつ、3.の生活コストを下げることでひたすらリスク耐性を高める、という道が精一杯ではなかろうかと。

でも耐えるっていつまで?ダウントレンドのその先に、何か良いことは待っているの?

 

もう一つの変化

さて次は議論が分かれるポイントですが、実はもう一つの変化が起き始めています。

それは、

 

3つ目。貨幣そのものの価値下落。

円高とかユーロ安とかそういう為替の話ではありません。「お金」という現代社会で最も重要な存在の価値が昔に比べて下がってきている。

少し長くなります。

貨幣経済というのは、お金を媒介として需要と供給をマッチングするシステムです。小難しく需要とか書きましたが、要は人間の「欲求」のことですね。

お金で買えるものは全て何らかの欲求を満たすものです。
今自分の身の回りを見渡してみると、

パン = 食欲を満たしたい。

家  = 雨露をしのぎたい。

机  = 色んな作業を楽にしたい。

携帯 = 誰かとコミュニケーションしたい。

どれも何かの欲求を満たすものであることが分かります。

そしてこのどれも自分で作ったものではなく、お金と交換して手に入れたものです。
でもなんで自分の欲求を満たすのに自分で作らないのか?

そのほうが自分で作るより手間が掛からない、もしくは自分では作れないからです。

つまり、貨幣経済というのは、お金を使って効率よく自分の欲求を満たすシステム(正確には価値を交換する仕組み)であるとも言えます。

度重なる技術革新による生産性の向上と、この貨幣経済の発達によって、私たちは昔に比べてとても豊かになりました。
豊かになった、つまりより多くの欲求を満たせるようになったことと同じ意味です。

しかし、ここで一つ疑問が浮かびます。

多くの欲求を満たせるようになったけど、じゃあこの先はどうなるのか?
そもそも人間の全ての欲求はお金で満たせるものなのか?

この全ての欲求の網羅的な定義は難しいけど、人間の欲求を階層で説明したマズローさんの有名な図で考えてみます。(人間の全ての欲求を網羅している研究成果あればマジで勉強したい)

マズローの欲求の段階

 

人間の欲求は階層になっていて、下層のものが満たされ始めると上層の欲求が出てくるというやつです。

この縦になってる図を横にすると・・・

生理的欲求→安全欲求→所属欲求→承認欲求→自己実現の欲求

言い換えると

メシ!→ 生活安定させたい!→ 仲間欲しい!→ 尊敬されたい! → 自分の可能性を追求したい!

みたいな感じでしょうか。

これ、同じ人でも状況に応じて当然行ったり来たりします。
腹ペコでランチの場所探している時に「人から尊敬されたい!」とか思わないですよね。

空腹を満たすことで頭がいっぱいだと思います。
ただ、だいたいいつもどのあたりの階層によくいるのかは生活レベルで決まっているでしょう。

これは個人の欲求がどう変化していくかを表していますが、社会の中での階層それぞれの人口比率を考えてみるとまた面白い。

ちなみにグラフは私が適当に作ったものなので、あくまでイメージということでご容赦を。

例えば1万年前はどうだったか?狩猟時代なので、ほぼ全員一番左でしょう。

欲求の変化その1

じゃあ、1,000年前は?

農業革命後、人は安定的に食料を確保できるようになり、餓死する人はおそらくまだ相当数存在しつつも、多くの人が飢えを気にしない生活ができるように。

なのでこんな感じ。

欲求の変化その2

じゃあ、100年前は?

産業革命後、物質的に急速に豊かになることで、生活の質は劇的に向上。
飢える人はゼロにはならないまでも、多くの人は安定した生活を手にしはじめます。

こんな感じですかね。

欲求の変化その3

こうやってみると、人間って確実に右の方向に向かってますね。

じゃあ、今は?

実は日本の社会はもうほとんど第二段階までの欲求はかなり多くの人が満たされていて、第三段階とか第四段階の欲求を持っている人が多そうです。

じゃあ最初の質問に戻ります。

そもそも人間の全ての欲求はお金で満たせるものなのか?
つまり、ここから先の欲求ってお金で買えるものなのか?

例えば、友だちを作ったりすることや、誰かからの尊敬を、金で買うことができるのか?

ちょっと無理ですよね。

つまりどういうことかというと、これから先の欲求を満たそうと思ってもお金ではそれを解決できない、ということ。

だから、欲求を満たす最高に便利な手段であったはずの「お金」の価値は、これから相対的には下がっていくのではないか?と思います。

そんなことない!金あったらもっと幸せになれる!という声も当然分かります。でも例えば日本人の上位5%と言われる年収1,000万円の人でも生活レベルって実は変わりません。

 

年収1000万円の奴の生活水準って具体的に言ってどれくらいなの

昔は違いました。お金があれば、冷蔵庫が!エアコンが!車が!買えるんだぁ!と、確実に満たすべき欲求がありました。

でも今の私たちの持っている欲求って、そういう具体的なモノやサービスが占める割合がずいぶん減ってきたのではないでしょうか?

じゃあ、お金の代わりに何が来るんだよ?いつくるんだよ?

ぶっちゃけまだ私には分かりません・・・

ただもしマズローの欲求の定義通りにいくのであれば、当然それは「人との繋がり」や、「人から評価される」ことが、今後社会の重要なポイントになっていくでしょう。

岡田斗司夫さんは貨幣経済の次に来る社会を「評価経済社会」と呼んでいますが、それが具体的に社会システムの中でどのような形を取っていくものになるのか、正直私にはまだよく分かりません。

ただこれから確実に日本が直面するのは経済的な「貧困化」のプレッシャーです。この流れに個人レベルでどう対応していくか、誰もが真剣に考えるべき課題と言えるでしょう。
しかしその上で、お金中心の価値観から脱却することが、生き方の選択肢の一つとしてもっと大きな流れになって欲しいと思います。

例えば小原憲太郎さんがやられているColish(http://colish.net/)は、コンセプトシェアハウスという形で、ルームシェアで生活コストを下げつつ、一人暮らしよりも楽しく価値があるライフスタイルを実現しようとしています。

インターネットのインフラが世界で一番発達しているこの国であれば、色んなことが試せるはずなのです。それは新しい家族や共同体の形なのかも知れません。

 

ではどうすればよいのか?

俺は変わりたくない!今のままの生活を絶対に死守!という人で、逃げ切れる人は逃げきったほうが良いと思います。
変わることって基本的に苦痛ですから。

でも逃げ切れない人は、変わらざるを得ない。
でもどの方向に?価値観変えたくない人と変えられる人で分けて考えてみましよっと。

 

1) 価値観変えないぜ x 能力は自信なし = スキルを磨いて能力アップ!

2) 価値観変えないぜ x 能力に自信あり = グローバル企業で活躍 or 新興国で金稼ごう!

3) 価値観変えてみる x 能力は自信なし = 個人 or 誰かと共に生活コストを下げつつ、色んなやり方を試してみる!

4) 価値観変えてみる x 能力に自信あり = 新しい社会の仕組みを創ってみる!

 

自分のイメージ的には国内でのフリーエージェントは2)に含まれ、ノマドは4)の一つじゃないかなと感じます。

今は1)と2)の割合がほとんどですが、3)と4)の割合が増えてくると、悲壮感が和らいで、日本で生きていくことが面白くなるんじゃないかなぁ。

もっと多くの起業家やベンチャーが4)の領域で活躍するとステキかも。(お金儲かるかは未知数だけど・笑)

だって人類史上最先端にいるんですよ。
波に抗うより、乗っかったほうがいいでしょ!?

もちろんそれはユートピアを意味するわけではありません。大きな変化が起きている時代だからぶっちゃけ大変は大変です。

でもこんな時代に生きているという事実から逃れることは出来ないわけで、個人として何が出来るのかを見極めて、過度に不安に浸らず日々に全力を尽くすことが、個人個人の生活を明るくすることに繋がるのだと信じています。

 

まとめると・・・

– グローバル化とデジタル化により、先進国は経済的に受難の時代。もちろん日本に生きる私たちの大半もそう。

– 技術革新と貨幣経済の発達で、お金で満たせる欲求はだいたい満たせてしまったのが今の現状ではないか。

– お金も当然必要だけど、お金以外の価値観を試してみると、これから楽しく生きられるかも。能力ある人はこのフィールドで新しい社会の仕組みを創ってみたら、カッコイイ。

 

現実は直視すべきですが、過度な悲壮感が蔓延しているような気がして、今までインプットしてきたものを自分なりにまとめてみました。

━━ここまでネットから引用━━━━━━━
 
 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
~全ての世代に届くネットワークを~
by Eitoki
でした。
=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。

◆Test運用中:公式ブログ(同一URLで携帯対応済)
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki
メールアドレス:
utah.eitoki@facebook.com

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

 


【情勢】『平均的な労働者』はどん底に落ちる〜「永遠の不況」に備えるべき


 

Eitokiです。

このエントリー
【話題】「今、日本でおきていること」というエントリー
http://blog.eitoki.com/201201/society/social_situation/690.html

にも共通する内容になるけど、

そういうものを目指している筈の人々の中にも、まだまだ「お金が足りないから、お金を稼ぐ為に労働を一生懸命する」または「朝から出勤して働くのは当たり前である」という発想から抜けれない人が多いようだ。

どっかから定期的にお金をせしめてでも、自分の為の自由な時間を長期的に確保すべきだ。

既存の社会や人々が培って来た、当たり前、常識、美学、賞賛、評価とやらから、そろそろ開放された方が良いよな。

最も恥ずかしい言葉=「忙しい」
なのかも知れないね。

21世紀になって12年目の今年。
2012年人類滅亡説で有名なマヤ暦5000年のサイクルの最後の年でもあり、一方始まりの年でもある今年。

世界的な有名マーケッターのセス・ゴーディン氏

かつて
パーミッション・マーケティング
バイラル・マーケティング
という有名な本を出版した氏。

ニューズウィークに下記のような寄稿をしています。

「『平均的な労働者』はどん底に落ちる」

Recession Jobs: Godin Says There Is No Average Worker

既存産業の時代は終わり、「永遠の不況」に備えるべきだと語るベストセラー作家、セス・ゴーディンからの警告
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2012/01/post-2416.php

-以下引用-

平均点=零点 

ありきたりの仕事をこなすだけの労働者はもう必要ない

ビジネスのあり方が急速に変化する今の時代、生き延びるには何が必要か。
一つには、変化に負けないスピードで仕事に対する考え方を根本的に変えていく力だ。

しかし残念ながら、労働者の大半はそれほど素早く変化に適応できない――マーケティング界のカリスマ、セス・ゴーディンは先ごろ、カナダのトーク番組でこう語った。

ヤフーの元副社長でマーケティングのベストセラー作家として知られるゴーディンは、「今の不況は永遠に続く不況だ」と番組で発言した。
なぜなら「現在の不況が象徴しているのは産業の時代の終焉であり、さらには『平均的な労働者』の時代の終焉」だからだ。

これまで労働者は、引退するまで与えられた仕事をやっていればよかった。
税金を払い、命じられた役割をきちんと果たせば、仕事を辞めた後に年金あるいは何らかの社会的セーフティーネットが与えられる――そうすり込まれてきた。

しかしありきたりな仕事にいい報酬が与えられた時代はもう終わったと、ゴーディンは言う。

ありきたりな仕事なら、より安価で請け負う労働者が他にいる。
もはや産業経済の時代が終わった今、与えられた仕事をすればいいという考えは捨てるべきだと、ゴーディンは指摘している。

さもないと「トップ争いなど問題外で、逆に最下位争いをする羽目になる」。

しかし、他の人にはない強みがある労働者は、従来より高い賃金を得られるようになる可能性がある。

それを実現するには、誰かが評価してくれるのを待つのではなく、自分の力でキャリアを切り開くことが肝要。自らの魅力を見つけ出し、生かす道を自分で選ぶのだ。

例えば本を書いたら、出版社に評価してもらうのを待つことはない、自分で出版すればいい。

もはや大企業に選ばれるのを待つのではなく、自分で自分を選ぶ時代がやって来たのだ。

(GlobalPost.com特約)

-引用終わり-

彼の2つの本の翻訳版は今や廃版なんだね〜〜。
パーミッションの方は新訳出てるようだけど。

●参考

◆セス・ゴーディン公式HP
http://www.sethgodin.com/

◆面白いと評判の氏の公式Blog
http://sethgodin.typepad.com/

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
~全ての世代に届くネットワークを~
by Eitoki
でした。
=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。

◆Test運用中:公式ブログ(同一URLで携帯対応済)
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki
メールアドレス:
utah.eitoki@facebook.com

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

 


【世の常】引力


Eitokiです。

下記コラム、
ふと、心に残りました。

自分が大好きなバーのマスターのブログより。

※マスターはアメフトXリーグ優勝経験チーム出身で、人生遅くしてバーの修行をして開店にこぎ付けた方です。
年齢は私とほぼ同じ。

うーーん、何か深い。

バーの雰囲気はこの隠れページ(PCで)
http://bar-picnic.com/tsukiyono.html
http://bar-picnic.com/higuys.html


メインページ内のここで。
http://bar-picnic.com/gallery.html

店内ではこんな音楽が流れてます。(隠れページ)
http://bar-picnic.com/music.html
http://bar-picnic.com/music60s.html
※クリックできます。

こんなレアな様々なお酒が用意されています。(隠れページ)
http://bar-picnic.com/rum.html
http://bar-picnic.com/tequila.html

ただし、場所は超レアな所の存在するので、ここに辿り着くのは超至難の業です。
1回ではまず無理。横浜・都筑の元地元民の僕でも、三回目にようやく辿り着きました(笑)

ああ、
また行きたくなってきた。
今晩チャリで行ってみるかな(笑)
息抜きに。

ちなみに価格は格安です(Good!!)

-マスターブログより引用-
http://ameblo.jp/bar-picnic/entry-11131312560.html

引力
テーマ:Report

多くの事を経験する

汚れているものも 高貴なものも すべて食らい 噛み砕く
どちらか一方でも 不完全
頭で学ぶだけでは理解し得ない
一元論では 真実にたどり着けない
他方向に進み 一度 深い闇に身を置く
帰ってこれなければ 今回の人生はそこまで
球の全点に身をおき 目の当たりにする
そうして 中心に身を置けて 初めて引力を身につける
球が デカければ デカいほど 遠心力が大きくなってしんどいけど
その分 求心力も大きくなって引力も大きくなる

やっぱり 物理は真理だね・・・
物体としての肉体を持っているからこその学び。

-引用終わり-

追伸

これ一緒に掲載されていたイラスト拡大したら、どうも子連れ狼の拝一刀(おがみいっとう)関連の言葉のようだ。

うーーん、なるほど。

そういや今の家の近くにこの流派の道場が有ったなあ。
拝一刀が身につけている居合道の水鴎流を教えてる珍しい道場。

【日常】凄い武道場(小連れ狼の剣術道場他)と屋上パノラマ小学校、そして、横浜七福神
http://blog.eitoki.com/201109/lifestyle/purapura/551.html

全ての事に意味がある。

●参考
【話題】今週末皆既月食だって
http://blog.eitoki.com/201112/lifestyle/location/651.html

【拘り】究極の隠れ家とはこういう場所を言うんだよなあ~最高の居心地の空間“picnic”:鷺沼・たまプラ・都筑区周辺の方は特に注目。案内しますよ[i:140]
この記事はそのうちまた。

 
 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
~全ての世代に届くネットワークを~
by Eitoki
でした。
=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。

◆Test運用中:公式ブログ(同一URLで携帯対応済)
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki
メールアドレス:
utah.eitoki@facebook.com

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

 
 
 

Check


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.

Get Adobe Flash player