up2【音楽】クリス・レアBest最高〜〜〜!!


 

【クリス・レア】って言っても、余程の通でない限り知らないだろうなあ。

でも女性も男性も年齢に関係なくこれ絶対に一回は聞いた方がいい。

だって、「これ、良いんですよ〜〜(^^)」ってプッシュしてくれたの20代の女の子だもん。

◯Still So Far to Go…The Best Of CHRIS REA
http://amzn.to/NUyj7O
Still So Far to Go...The Best Of CHRIS REA

もしかしたら、
一生の宝物になるかもね。

そのくらいいい〜〜〜!!!!!!!!!

この2枚組でなくても日本で手に入る1枚のベストCDでもいいと思うよ。

◯ヴェリー・ベスト・オブ・クリス・レア
http://amzn.to/SfML7p
ヴェリー・ベスト・オブ・クリス・レア

もうすぐ、こういうのも出るみたい
◯ベスト・オブ・クリス・レア(ウルトラ・ベスト 1200) [Limited Edition]
http://amzn.to/PiOOfK
ベスト・オブ・クリス・レア(ウルトラ・ベスト 1200) [Limited Edition]
発売元情報(ワーナー)

で、

今朝、
一番上で紹介した、クリス・レアの2枚組格安ベストアルバム「Still So Far to Go: Best of Chris Rea」
http://amzn.to/NUyj7O

が、Amazon.co.jp経由でイギリスから届きました。

60年台、70年台のロック好きだったかつても、つい最近まで、ノーマークな存在でした。
正直にね。

先日、思わね出会いがあり、
地元近くの綱島のダイニングバーでかかってて、つい「これ誰ですか?」と聞いてしまったのがこのアルバムでした。

渋くてかっこいい〜〜〜〜
大人の男〜〜〜〜
って感じ
いいダミ声でね。

以下曲紹介、

一番有名なのはクリスマスソングのこれかな?
これはみんな知ってると思う。
◯Driving Home For Christmas
http://www.xiami.com/song/play?ids=%2Fsong%2Fplaylist%2Fid%2F1769159596%2Fobject_name%2Fdefault%2Fobject_id%2F0

一番人気はこれみたい
◯Looking For The Summer
http://www.xiami.com/song/play?ids=%2Fsong%2Fplaylist%2Fid%2F1769159600%2Fobject_name%2Fdefault%2Fobject_id%2F0

二番目はこれらしい
◯Fool (If You Think Its Over)
http://www.xiami.com/song/play?ids=%2Fsong%2Fplaylist%2Fid%2F1769159584%2Fobject_name%2Fdefault%2Fobject_id%2F0

いずれも渋くてカッコいい。

で、
「癒しグッズ」として輸入盤のこれ買ってしまいました。

クリス・レアはマニア過ぎて英国からの発送となった模様(笑)

●以下参考(引用)

Chris Rea (クリスレア)のプロフィール

活動期間
1970代〜現在

1951年英国北東部のミドルスブロー生まれ。
78年に「何がベニーに起こったか?」のデビュー・ヒットでグラミーの新人賞を獲得する。
その後もブルージィなロックでファン層を拡げ、85年にはウィリー・アンド・ザ・プア・ボーイズに参加、翌年には「オン・ザ・ビーチ」の世界的ヒットを放つ。
92年に『ゴッズ・グレイト・バナナ・スキン』、2000年に『キング・オブ・ザ・ビーチ』などを発表。
苦みの利いた歌声と渋いギター・プレイを聴かせる。

(CDジャーナル データベースより)

1951年3月4日にイギリス、ミドルズバラで生まれ。21歳の時、ジョー・ウォルシュの音楽との出会いがきっかけで、本格的に音楽にのめりこみ、ギターに熱中するようになる。1973年に当時、ヴォーカルのデヴィッド・カヴァーデイルが脱退したばかりの「マグダリーン」に加入。のちに「ビューティフル・ルーサ」ーと改名したこのバンドは音楽誌「Melody Maker」の1975年度の最優秀新人賞に輝く。

1978年にバンドを解散、ソロ・デビュー・アルバム「何がベニーに起こったか?」をリリース。エルトン・ジョンを育てたことでも知られるガス・ダッジョンによる強力なバック・アップのもと、デビューを果たし、グラミー賞の新人賞に、ブルース・スプリングスティーンやエルヴィス・コステロと並んでノミネートされ、話題になる。

本格的なブレイクは1986年、通算8枚目にあたるアルバムからのタイトル・トラック「オン・ザ・ビーチ」のヒットによってで、翌年には、初の来日公演も実現、日本での人気も不動のものとする。

その後も、1989年にリリースされた『ロード・トゥ・ヘル』からのタイトル・トラックが、本国イギリスでようやく初のトップ10ヒットとなり、アルバムのほうもNo.1に輝く大ヒットを記録。続く1991年のアルバム『オーベルジュ』も、イギリスのチャートでNo.1を獲得する。『ゴッズ・グレイト・バナナ・スキン』(92年)、『エスプレッソ・ロジック』(93年)、『ラ・パッショーネ』(96年)、『ブルー・カフェ』(00年)、『ストウニー・ロード』(03年)と、コンスタントにアルバムを発表し続けている。

ワーナーサイトより

– 以下WikiPedia(http://bit.ly/Soy0yw)より一部抜粋 –

クリス・レア(Chris Rea(発音 /ˈriː.ə/, ree-ə, 本名:Christopher Anton Rea, 1951年3月4日-) [1]、 はイギリス・イングランド北東部、ティーズ川河口近くの工業都市ミドルズブラ出身のシンガーソングライター [2]。 ハスキーボイスとスライドギターで知られる [3]。 British Hit Singles & Albums(英語)によると、1980年代後期のイギリスで最も人気のあるシンガーソングライターのうちの1人である。 『ロード・トゥ・ヘル・パート・2』が1989年の全英シングルチャート10位に入った時にはすでにヨーロッパではスターだった [4]。 2009年までに世界中でアルバムセールス3000万枚を達成している [5]。

アメリカでは『ロード・トゥ・ヘル』と『オーベルジュ』の2枚のアルバムで成功しただけだったが [4]、 後者は1991年3月第2週の全英アルバムチャートで1位に輝いている。

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。

 


27

9月


 
   


 


Album Art




 


WordPress is web software you can use to create a beautiful website or blog. We like to say that WordPress is both free and priceless at the same time. WordPress


Fusce Neque Enim Cras Amet

Fusce a ante nisl, vitae pretium enim. Nunc imperdiet iaculis augue nec porta! Phasellus congue sapien eget libero ornare lobortis. Aliquam sit amet nulla velit, in posuere tellus. Nulla ut orci lorem. Donec in lectus orci, sed dignissim lacus. Praesent lectus diam, sodales at commodo sodales, hendrerit sit amet justo. Morbi a risus urna. Ut in lorem at nisi ultricies semper? Mauris imperdiet sem euismod ligula pulvinar hendrerit.

Ut nisi nulla, consequat iaculis mollis non, fringilla ut justo. Vestibulum pharetra molestie fringilla. Donec elementum ligula sed turpis commodo tristique. Suspendisse cursus posuere eros at auctor. Nulla facilisi. Sed vitae aliquam orci. Ut lobortis, felis sed viverra egestas, sem velit dapibus mauris, et ullamcorper metus libero vitae elit. Vivamus cras amet.

 


Taking Shape

Things are starting to take shape around here. I hope you’re liking this theme!


The Beginning of WordPress

If you’ve never read it, check out The Blogging Software Dilemma and see how WordPress got it’s start all the way back in January of 2003.


●参考URL
http://esquiredemo.wordpress.com/

 
 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届く思いやりある人的ネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Test運用中:公式ブログ
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆Google+
http://gplus.to/eitoki

 


【IT】Webリテラシーの必要性〜Google AnalyticsのWordPressプラグインの話題含め


 

まったく今までとは違う話題で、お前は何者なんだ?と思われるかもしれませんが(笑)
以下の前半は戯言です。(^^)
興味ない方は以下の「さて、」以降を参照ください。

自分はもともと企業内IT戦士であり、2003年ごろからのIT/Webマーケッターでもあります(^^)
IT業界はその後激動の時代となる91年より(Windowsが一般に浸透したのが95年からですから(^^))、経験者が部署に居なかったこともあり、当時若手の私は96年ころからラッキーにも新しい分野に関わり続けてきました。

IT会社は2003年に完全に引退したんですが、96年以来、企業内システムから、個人が活用するウェブ関連の様々技術やサービスをほぼ独力で学び何とかしてきた歴史があります。

ウェブを活用することによって、2004〜2007年ごろまで実践した独自作成の仕組みでは、自分の想像をはるかに超える結果を得れた経験もあります。
その時は、完全に「振るい分け」ができた、即個人的に連絡が可能な、詳細な個人の趣向データを含む、非常にホットなリストをまったくの0から数千集めることができました。

最近7年位(2006〜)は意識的に、それらにあまり頼らず自分が元来苦手だったアナログ力を磨いて来ました。
人脈拡大、人とつながる力、プレゼンテーション力や、コミュニケーション力、人の心を理解する能力、等々、と言ったところですね。

ただし、その間も、
今の最新まで技術動向はずーと追い、時に自分のためにてテストで実践はしてきてはいます。

最近ではブログが流行り、mixiが流行り、ソーシャルメディアという名前が浸透し、TwitterやFBが大きく流行り、2011年から様々な新しい流れが見えてきてます。
ほんと発展と移り変わりが激しい世界です。(笑)

何事も、最初からすべて人に頼りすぎず、まず自分で学びやってみる、あるレベルまでは極める。(できればプロとしてお金が取れるレベルくらいまで)ことが大事だと思います。

その種のトレーニングなんかでもよく、
「何かに期待して口ばっかり空けてない(待ちの姿勢でなく)で、独力でまずはここまでやってみました!という姿勢を示せ」
なんて言いますからね(笑)

最近、再び、Web関連のサービスや知識、そしてマーケティング等々への精通が改めて「違い」を得るために重要かつ有効な時代になってきたなあと感じています。
ただ、Webバカになるんじゃなく、あくまで、「アナログとの補完関係」を築くことが重要だと思います。

またメインとなる「ビジネスシステム」と言うべきものを築きあげる必要があると思います。
実は「あの業界」はこの「ビジネスステム」構築には最適な環境なんですが、そこに気づけている人も殆どいませんね。(^^;
どんなに稼いでいる人も、継続的に長い年月通用する、活用できるような「ビジネスステム」を持てている人はまず居ません。

自分も今後その辺を再び意識し、日本→世界へという流れで自ら示していきたいと思ってます。

IT全般や特にWeb系(必要範囲は広い)は専門性が高いので、お金を負担してでも、誰か技術動向に精通するブレーンを持つことが「違いを生む」為には重要な時代になりつつありますね。
そして自分のものにすべく学びながら盗んでいきます。
独力ですべてやるのはかなり辛いと思います。
または時間が何倍もかかります。。。

さて、

今日(20日)、友人の「独自ドメインブログ」の導入を最初の段階まで手伝いましたが、
これには、
・ホスティング業者との契約(私が慣れてるさくらインターネット選定)
・独自ドメインの取得と設定(さくら内で取得)
・ブログソフトの独自ドメインへの導入と基礎設定と有効なオプション設定(WordPress導入)
が最低限まずは必要です。

今日はここまでやりました。

これらは、何度も経験している自分にとっては簡単な作業なんですが、やはり、様々な環境やソフトには「癖(クセ)」があり、マニュアル等に指示されている、または、やったことがある作業も小さなトラブルや差異が必ずが発生します(出くわします)。
経験があれば、ここを一つ一つクリアできるわけですが、いくらマニュアルがあろうが、説明しながらやってみると「IT素人が独自に設定するのは困難だよなあ」と感じる場面が多々ありましたね。

これらを理解するためには「Webリテラシー」とでも呼ぶべき、基礎の基礎の前提知識を入れておく必要があり、こういう『本当の包括的な「基礎の基礎」を教えている環境』は、ほぼ皆無だよね〜〜という話になりました。
様々な「テクニック」を教える環境は沢山ありますが、受講者はどこまで理解できているのやら?と感じてます。

裾野を広げるためには「それ以前」の部分が想像以上に重要なようです。
こういう部分に意外に大きなニーズが有るのかもしれませんね。

さて、
そこで幾つかの氣付きと課題を得ました。

・標準的なアクセス解析
・ブログとソーシャルメディア連携プラググインの選定
・独自ブログ、アメブロ、FB、Twitter等の投稿共有機能の選定
・メールマーケティング対策(メールスタンドの選定や独自ブログへのフォームの設置)
等々です。

ここではアクセス解析の話題を。

ビジネスでインターネットを活用している方の多くが活用しているでしょうが、私もアクセス解析にはgoogleさんが提供しているGoogle Analyticsを利用しています。

自分の経験談でもあるんですが、
WordPressは通常のHPなどと違い、記事作成時に、動的(ダイネミック)に用意されているソースを組み合わせてページを作る形式なので注意が必要なんです。

このサービスを使った解析にはテーマ内(header.php等)にトラッキングコード埋め込む必要があるのですが、テーマに直接記述してしまうと場合によっては、テーマを変えた時(テーマのアップデート時も注意)いちいち書き加える必要性がありうるので、なるべくソースコードを触る作業は軽変したほうが無難です。
で、WordPressの場合プラグインを使うとそれを剃る必要がない場合も多々あります。

ここ解ってましたが、今までなんとなく運用してました。
今日を機会にもっとスマートに運用するべく、便利なものをきっちり選定しようと思ってます。

WordPressのGoogle Analyticsプラグインは何がいいのか?改めて探してますが、これがひとつ有望そうです。

「Ultimate Google Analytics」
http://wordpress.org/extend/plugins/ultimate-google-analytics/

只今検証中。
もっといいのがあるかもしれないので、調査中。

●日本語参考記事
http://design-develop.net/wordpress/ultimate-google-analytics.html

今度もこういう話題も投稿していきます。

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届く思いやりある人的ネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Test運用中:公式ブログ
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆Google+
http://gplus.to/eitoki

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.

Get Adobe Flash player