【メモ】カンブリア宮殿:松本晃(まつもとあきら)氏〜カルビー会長


 

 

Eitokiです。

カンブリア宮殿「松本晃」カルビー

先日、
数年前にカルビーに、外部から招聘された松本晃(まつもと・あきら)氏出演の番組見てて感じたんだけど、

 

 

 

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20120830.html
http://www.calbee.co.jp/ir/pdf/2011/2011_62houkoku.pdf

これ見るだけでもカルビーの「企業文化の素晴らしさ」感じられると思う。

前も社員が日々どういう取り組みをしてるのかを、芸能人が体験する企画でカルビーが協力してた気がします。
その時も感心しました。

で、感じたんだけど、

【本物】

「本物」は自分にも厳しいけど、
他人や環境を見る目も厳しい。

それは現状に満足せず、
というより、
視野がより広く、先を見据えて、常に危機や課題が見え、
危機感とさなる課題、愛情(構成員一人ひとりの幸せの為)
を常に持っているから。

口を開くと口もうるさい。
チェックも厳しい。
そして取り組みは具体的だ。

既存のリーダーやトップは、
疎ましく感じず、
受け入れるところは受け入れ、
吸収するところは吸収し、
でも芯(勝手よがりなもので無く)は変わらず、

笑顔で聞く耳を持てる「器の大きさ」や、いつまでも変わらぬ「素直さ」、違う意見を聞ける「寛容さ」が必要
なんだなあ
と再認識しました。

カンブリア宮殿「松本晃」カルビーその2

そういう意味でカルビーの元々持っている企業文化は素晴らしいんだと思います。

カルビーは新参者の会長を受け入れただけでなく、常にお客様や従業員一人ひとりの意見を聞く体制ができてますね。

「目指すはダントツの一位!!」
超かっこいいです。

TVもいい番組たまにはやってますよ。

●参考(番組バックナンバー)
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20120830.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版)
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.