【注目】スモールビジネス界では世界的に有名な書籍「スライトエッジ」が邦訳されてます!!


スモールビジネス界では世界的に有名な書籍「スライトエッジ(英語版)」が邦訳されてます!!
その名は・・・・

●スライトエッジ | ジェフ・オルソン, 藤島 みさ子 |本 | 通販 | Amazon
↓ ↓ ↓
http://amzn.to/2k42nRC

日々の僅かな違いが大きな差を生み出す。ちょっとした日々の習慣が、やがて他人が追いつかないほどの大きな違いになる。という内容のようです。

2016年末にプレジデンシャルダイヤになられた、我らが2つ上のアップラインで、ドテラジャパン創業時ファーストメンバーの小川リヨさんが昨年52日間発信した「ワクワクプレミアプッシュ」上でも度々取り上げられていた「スライトエッジ(The Slight Edge)」が密かに?邦訳されていました!!

訳の出来具合は知りませんが、内容注目ですよ^_-
※英語できる方は原書版もぜひお読みなることオススメします。きっとニアンスが相当違います。

昨今、「コツコツ」を馬鹿にする教えが結構流行っているようですが・・・・
言語道断ですよ!!何かを勘違いさせる教えですね^^;

確かに「心は大きく!!早く!!」という意識が必要ですが、特に最初は、やることは丁寧にコツコツ確実にこなしていかないと、決して大きなものが生まれないばかりか、何も見えないうちに終わってしまいます。。。。

このビジネスは、けっして「ギャンブル的なものではない」のです・・・
確実な成長を、緻密に計算できる世界なのです。

 

●内容紹介

全米100万部突破のベストセラー 待望の初邦訳!
簡単に実行できて、成功する人はやっているのに、99.9%の人がやっていないこと。

スライトエッジは、日々の選択こそがあなたを成功と幸せに導いてくれる、という考え方です。なぜ多くの人たちがだた夢を見続け、人生を誰かのために費やしている間に、一部の人々は夢を実現し、さらに次を目指すのか、学んでください。
スライトエッジは成功への道筋を示すだけの、自己啓発ツールとは違います。
本書は、あなたの中にすでにあるものを使って、パワフルな結果を残していく人生のスタート地点となるのです。

●内容(「BOOK」データベースより)

スライト・エッジは、日々の小さな習慣こそがあなたを成功と幸せに導いてくれる、という考え方です。なぜ、多くの人たちがただ夢を見続け、人生を誰かのために費やしている間に、一部の人々は夢を実現し、さらに次を目指すのかを学んでください。スライト・エッジは、成功への道筋を示すだけの自己啓発ツールとは違います。本書は、あなたの中にすでにあるものを使って、パワフルな結果を残していく人生のスタート地点となるのです。

●目次
第1部
小さな習慣は人生に奇跡を起こす
第1章 99.9%の人がやっていないこと
第2章 成功する人は、成功しない人がやりたがらないことをする
第3章 世界で8番目の不思議
第4章 あたりまえのことをきちんとやる
第5章 宇宙力の力
第6章 それが見えないだけ
第7章 幸せの科学
第8章 始まりは1セントから

第2部
すべてが、常に変化し続けている
第9章 人生2つの道
第10章 最初の一歩を踏み出す
第11章 人生とは「行動」すること
第12章 5%の人たちとマスターマインドを結成する
第13章 ゆっくりと着実に進む者が最後に勝つ
第14章 反復の威力
第15章 書き出したその瞬間、夢は現実になり始める
第16章 自分の仕事をする 第17章 これからいく場所

 

●著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
オルソン,ジェフ
ニューメキシコ州アルバカーキに生まれ育ち、ニューメキシコ大学で学士号(マーケティング専攻)を取得。大学院在学中に、業界最年少のエアポート・マネージャーの1人としてアルバカーキ空港に採用される。その後テキサス・インスツルメンツ社に勤務。同社を退社後、サン・エアー・オブ・アメリカを設立。同社は設立後4年も経たないうちに、全米最大のソーラー・エネルギー企業の1つとなる。1990年代前半には、国内最大の自己開発訓練会社の1つ「ピープルズ・ネットワーク」を設立

藤島/みさ子
津田塾大学英文科卒、同大学院修士課程修了。高校教諭を経て翻訳業に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

The Slight Edge(スライトエッジ)日本語版表紙

The Slight Edge(スライトエッジ)日本語版表紙

2016年度わくわくプレミアプッシュでの推薦文

2016年度わくわくプレミアプッシュでの推薦文

The Slight Edge英語版表紙

The Slight Edge英語版表紙

The Slight Edge概念01

The Slight Edge概念01

The Slight Edge概念02

The Slight Edge概念02


【衝撃】X社の陰謀〜月刊ビジネス選書の衝撃!!


 

僕自身、もうこの、約三年、36ヶ月ほど「愛読」してます。
 ↓
詳しい内容はココをクリック!!
※まずは詳しい説明読んでからで^_-

ただし、この月刊ビジネス選書、なんと、何時でも購読開始できるわけではない、期間限定募集をいつもしているのです・・・・(゜o゜;
※2/10まで限定オファー

詳しくは「あとがき」で…

 

-以下・ある物語-

ふたりのビジネスマンがいました。

彼らはふたりともよく似ていて、
見た目も、収入も、仕事内容もほとんど同じ。

通勤電車のルートさえも同じでした。

でも、違いもありました。

それは、片方のビジネスマンには
「稼ぐ力」がある、ということです。

なぜならそのビジネスマンは、
通勤電車の中で、あるいは空き時間を見つけては

紙や電子書籍を開いて読書をし、
新しいことをどんどん学んでいたからです。

・経営
・起業
・マーケティング

などの「専門書」を読んで勉強をしていたからです。

もう一方のビジネスマンは
通勤電車の中や空き時間で「何」をしていたか?

それは、、、

スマホのゲーム
SNS

でした。

さて、この2人の「似ている」ビジネスマン。

1年後、2年後、3年後、、、
どれだけ差が付いていると思いますか?

結果は明らかじゃありませんか??
・・・

これについて、
以前めっちゃムカつく情報が流れてきたことがあります。

とある経済界の大物とつながっている、
大手コンサル会社の裏ルートからの話…

ケータイゲームを作っている会社や関連大企業の経営層が、

「バカにはゲームやらせときゃいいんだよ」

と言っていたそうです。

彼らは日本人がゲームに時間を費やせば
費やすほど儲かるわけですが、、、

一方、日本人はどんどん馬鹿になり、
それは日本の生産性を落とすことにつながります。

大企業の経営層である彼らは、
自分たちが生きている間に「いかに儲けるか」ということが
最大の関心事のようで、、、

彼らが作って広めたケータイゲームのせいで、
日本人がどれだけアホになるか。
将来の日本がどれだけ弱くなるか。

というようなことは何も考えていません。

どうでしょうか?
ムカつきませんか?

でも確かに、

スマホが登場する前は、
もっと電車の中で本を読んでる人が多かったように思います。

今はほとんどの人がスマホをいじっていて、
もちろん電子書籍を読んでるのではなく
SNSで薄いコミュニケーションをしていたり
ゲームをやったりしています。

そんなことをしていても、
一時の時間つぶしにはなりますが、
将来のために何の役にもたちません。。。

それに、

稼ぐ力、学ぶ力、

これを身につけるためには、
しっかりと濃い本をじっくり読む必要があると思っています。

【月刊ビジネス選書】というサービスで
「本格的な分厚いビジネス書」が多いのには、
そういう意味があります。

ゲームが100%悪いとか、
SNSをやるなとか、そこまで極端なことは思いません。

息抜きもたまには必要でしょうから。

ただ、
限られた時間を将来のためにどう有効に使うのか?

この月刊ビジネス選書サービスを
日本中に広めることができれば、
日本のビジネスマンにそれを考えさせるきっかけに
なるのではないでしょうか?

詳しい内容はココをクリック!!
※まずは詳しい説明読んでからで^_-

PS
月刊ビジネス選書では、
毎月その本の電子書籍が無料で配信されるので、
かさばらず、電車の中などでも読みたい時にすぐ読むことができます。

詳しい内容はココをクリック!!
※まずは詳しい説明読んでからで^_-

-以上-

 

◆あとがき..

僕自身、
もう、このダイレクト出版さんのサービス「月刊ビジネス選書」は3年ほど継続して購読しています。

個人に役立つマーケティング知識に関するものを中心に、色んなジャンルの書籍が毎月送られてきます。
毎月届いてみないと、ぶっちゃけ、どんな内容なのかは全く解りません(他で売ってないし、通常のダイレクト出版本よりも2ヶ月早く手に入りますので)

特出スべきは、僕自身「ハズレが一度もない」ことです。
これは凄いことです。それだけ選択のセンスが高いということでしょうね^_-

しかも、最近は
会員限定で、毎回素晴らしい書籍の要約スライドがもらえます。

こんな感じです

ダン・F・ケネディのずる賢いフェイスブック集客術

ダン・F・ケネディのずる賢いフェイスブック集客術

しかも!しかも!ストーリーの中にもありますが、1年ほど前から電子書籍でも読めるようになったのです!!
※色々プレゼントが有ったので、僕はすでに電子書籍だけで28冊読めるようになっています^_-

こんな感じ
↓ ↓

月刊ビジネス選書_電子メディア例01

月刊ビジネス選書_電子メディア例01

月刊ビジネス選書_電子メディア例02

月刊ビジネス選書_電子メディア例02

月刊ビジネス選書_電子メディア例03

月刊ビジネス選書_電子メディア例03

月刊ビジネス選書_電子メディア例04

月刊ビジネス選書_電子メディア例04

月刊ビジネス選書_電子メディア例05

月刊ビジネス選書_電子メディア例05

これらを手元に持っているだけで、すでにその他大勢に大きな差を付けれています。
さらに、これらを何度も読みこなすだけで、他に余計な勉強をしなくっても、国内トップクラスのスモールビジネスビルダーとなっていることでしょうね^_-

詳しい内容はココをクリック!!
※まずは詳しい説明読んでからで^_-

 

-以下参考-

中身を読まなくてもわかる本の要約

■お届けするもの

・海外のビジネスネタが満載の洋書を邦訳し、毎月お届け致します。
これらの本を1冊ずつ別々に買うと最低でも54,260円ですが、 特別販売価格として29,800円(税抜)です。
どれも書店では売っていないダイレクト出版でしか買えない本です。

・スマホやタブレットで読める「電子書籍読み放題サービス」へのアクセス権が無料でついてきます(64,070円相当)。

・5冊の本が無料でもらえます。
30冊以上の書店では売っていないビジネス名著の中から本を5冊、プレゼントします。(18500円相当)

■100%満足保証
もし届いた本が気に入らなければ電話一本、メール一通でほかの本と交換、もしくは即返金します。
さらに、ご面倒であれば、その本を返本する必要もありません!
利用者の満足度99.1%以上の方に満足していただいております。

■実践して効果実証済みの本
自分たちが(英語版で)読んで、役に立った本、 実際に使ってみて成果が出た本だけを翻訳&出版しています。
私たちは出版社でもありながら、起業家でもあり、経営者でもあります。 ビジネスに役立つ本を売っているはずなのに、 自分たちのビジネスがうまくいっていない、、、なんて、医者が風邪をひくのと同じで、 不誠実だと思いませんか?私たちは実際に、自分たちが本当に役に立った本、 役立てている本だけを出版すると同時に、自らも実践し、その効果を実証しています。

繰り返しになりますが、この月刊ビジネス選書、なんと、何時でも購読開始できるわけではない、期間限定募集をいつもしているのです・・・・(゜o゜;
※2/10まで限定オファー

今でしょ!

詳しい内容はココをクリック!!
※まずは詳しい説明読んでからで^_-


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.

Get Adobe Flash player