【ビジネス洋書超訳】社長学その1:ネオ社長学〜「経営者」になれない「社長」が抱える 最大の問題点〜会社を「システム化」する為の肝


 

社長の生産性を上げるシステム思考術 by サム・カーペンター

社長力ってほんと、今必要とされてますよね。

僕はそう感じれていますが、自分に社長力が必要だと思えている人間はこの日本にはほんと少ないのです。

殆どの人は会社や公共機関で、任されている仕事を日々こなすことだけで精一杯な人が多いです。

この本に書いてあることは、根性論では有りません。

雇われ社長はちょっと違うでしょうが、
結局経営者がするべきは「ビジネス」ですよね。

でも「ビジネス」って、無闇に進めても決して長期的に上手く行きません。
機能するように人々を組織化し、そして、「システム化」する必要があります。

当たり前のようで、一般社会の会社ビジネス界にはほとんどそういうものは無いように見えます。
公開されていません。
※従業員に効果的に自分のビジネスをしてもらっては経営者は困るからです(笑)

この本には、その為の効果的な一例が事きめ細かくわかりやすくまとめられてます。
暴露ですね^_-

よって、
各方面の有名人も絶賛しています。

Work_the_system_backband

社長の生産力を上げるシステム思考術 by サム・カーペンター

この書籍、原版の題名は「Work The System: The Simple Mechanics of Making More and Working Less (Third Edition) by Sam Carpenter (Sep 29, 2011)」です。

Work The System by Sam Carpenter

社長の生産力を上げるシステム思考術 by サム・カーペンター:Work The System: The Simple Mechanics of Making More and Working Less (Third Edition) by Sam Carpenter (Sep 29, 2011)

 

■「社長が働くと会社は儲からない?」

実のところ、ビジネスというのは
問題解決の連続です。

セールスやマーケティング営業活動にしても
発送や顧客サポート、経理や総務といった
営業の支援的な活動にしても

日々、発生する問題を解決することで
ビジネスは成長していくわけです。

ところがです。

ここで、ほとんどの社長は自ら働いて
これらの問題を解決しようとします。

会社の中で一番優秀な人材は、
ほかならぬ社長ですから社長自らが
問題解決に当たるのは一見、合理的に思えます。

しかし、よく考えてみてください。

ビジネスというのは日々変化しているので
問題というのは1つ解決しても
また次から次へと発生してしまうものです。

1つの問題を解決しているうちに
他で2つの問題が新しく発生していた
なんてこともよくある話です。

ですから、社長が問題を解決するのは
効率的に見えるようで実は非効率なのです。

そして、それこそが
「経営者」になれない「社長」が抱える
最大の問題とも言えます。

では、一体どうすればいいのでしょうか?

それこそがこの本
「社長の生産力を上げるシステム思考術」
で語られているテーマです。

この本の著書サム・カーペンターは
儲からない破たん寸前のコールセンターを
必死に経営する日々の中で

ある日、この
社長は問題の火消しをやってはいけない
ということに気が付きました。

発生した問題を潰していく
後手後手の仕事をしていては社長は
いつまでも労働の呪縛から逃れられません。

ですので、発生した問題を解決するのではなく
問題そのものが起きないような、
起きたとしても自然に解決されるような
システムに会社を変える必要があったのです。

少し言い方を変えると会社を
自分がいなくてもお金を生み出すシステムに
作り変えるということです。

サムはコールセンターをシステム化したことで
最終的には、働く時間を40分の1にして
収入を20倍にもしてしまいました。

生産性が800倍になったわけです。
もう日々の問題に追われることもありません。

ですので、もしあなたが

会社をもっと大きくしたいのなら
働く時間を減らして収入を上げたいのなら
自動的にビジネスが回る仕組みを作りたいのなら

是非、一度この本を手にとってみてください。

社長の生産力を上げるシステム思考術 by サム・カーペンター

 

◯概要

  • 社長の生産力を上げるシステム思考術
    著者:サム・カーペンター
    この本では、社員と自分を成長させて、質の高いサービスを提供し、いつも不振にあえいでいた会社を「ATMマシン」に変えた方法を説明している。どのように苦境を抜け出し、自由を手に入れたか、そして、どうすればあなたも同じことができるかを、こと細かく説明している。「システムを働かせる」というのは理論ではなく、事実なのだ。

 

◯目次

はじめに シンプルな解決策 システム思考のススメ

第1部 システム思考 すべてが好転するマインドセット
第1章 目覚め システムを知るための第一歩
第2章 私の冒険譚 障害を乗り越え基幹システムを築く
第3章 もぐら叩き どの立脚点で、考え行動するか
第4章 悟り 土壇場で得たもの
第5章 実行と好転 会社を「マシン」にする
第6章 覚醒 システムに目覚めて、システムを管理しよう
第7章 選ばれし者 「悟り」に達して、新しい世界へ

第2部 実行に移す システムを働かせるための「文書作り」の基本
第8章 夢を現実にする 三つの重要文書の作成
第9章 転じる力 「たとえ」がシステムの方向を改善する
第10章 戦略的目標&行動指針 「業務マニュアル」の土台になる文書作り
第11章 業務マニュアル システムを形あるものに変える

第3部 健闘を祈る あなたへのさらなる提案
第12章 完璧さ 「いい仕事」をすれば、それでいい
第13章 オミッションエラー 起こすべき行動を起こさなかったこと
第14章 静かな勇気 実行を手助けする力
第15章 POS 「即時即行」を主義にする
第16章 人材 素晴らしい社員を引き寄せる極意
第17章 一貫性 ぬるいコーヒーを出していないか
第18章 コミュニケーションの質 ことを円滑に進めるには
第19章 プライムタイム 貴重な時間をどう使うか
第20章 混乱 ルールなき環状交差点
第21章 システム改善 結果を出し続けるために
おわりに 望みを叶える力

 

◯著者紹介

サム・カーペンター

27年にわたり、セントラテルという社員35人の小さな電話応対サービス会社の経営をしている。本書は、長年破たん寸前だった会社をどん底からよみがえらせた秘密を公開したものだ。それにより、著者の労働時間は慢性的に週80時間、多い時で週100時間を超えていたのが、本書に示されている秘密により週にわずか2時間程度にまで大幅に減少し、会社の収益は20倍以上に増加した。

そのほかにもいくつもの事業を経営しており、国内外で講演活動も行っている。また、「カシミール・ファミリー・エイド」という非営利組織を設立して、パキスタン北東部、アザド・カシミール、インドの地震被災者を支援している。

著者のこれまでのキャリアは、多岐にわたる。肉体労働から出発して、多種多様な職業を経験してきた。測量士、重機オペレーター、大量生産工場の労働者、セールスマン、技術コンサルタント、ハンバーガー調理係、ペンキ屋、 デパートの店員、建築現場の監督、設計技師、溝掘り作業員、会社の営業職、大工、守衛、ジャーナリスト、講演家、書籍出版業、商店主、検査技師、木こり、製粉工場の労働者、工作機械オペレーター、株の投資家、商品投資家、作家、報道写真家、電気通信事業の起業家、不動産セールスマン、厨房係、便利屋、企業のCEO、事業主……。

現在、妻のリンダと、アメリカ北西部の山あいにあるオレゴン州ベンドで暮らしている。

 

◯関連
●社長学その2:【ビジネス洋書超訳】「経営」意識高い「社長」以外が読んではいけない本。吐き気がするかも・・・きっと^^;
http://blog.eitoki.com/201505/business_method/strategy_and_tactics/3412.html
  
  
●update!!【要注目】希少!書店では手に入らない本格ビジネス洋書一覧 by ダイレクト出版(2015.04.05現在(含マニアックス))~ダイレクトレスポンスマーケティング戦術の最高の道具箱~
http://blog.eitoki.com/201407/books/2738.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki


【ビジネス洋書超訳】コンサルタントをコンサルタントする著者によるコンサルタント起業成功の為の決定版


 

コンサルタント起業成功法則大全〜頭のいい顧客とお金の増やし方 著者:テッド・ニコラス

今、ほんと「コンサルタント」だらけですよね。

この本のこの一節、実に興味深かったです。(^^)

【一億総コンサルタント時代の生き抜き法】

ほんの少し前まで、コンサルタントといえば、一部のエリートの職業だった。しかし、いまやネット上にはたくさんの「自称コンサルタント」が存在する。

起業コンサルタント、話し方コンサルタント、自分を輝いてみせるコンサルタント、カラーコンサルタント、ダイエットコンサルタント……。「コーチ」「カウンセラー」などを名乗る人も含め、犬も歩けばコンサルタントにあたる時代だ。

それはなぜなのか?
その理由はいくつかあるが、最も大きいのはインターネットであろう。ブログやソーシャルメディアなどを活用することで、自分の専門や得意な分野についての考えを誰もが簡単に発表できるようになった。そこでほんの少し自分の考えを発表し、プロフィール欄に「◯◯コンサルタント」とか「◯◯コーチ」と書けば… (続)

この書籍、原版の題名は「Complete Guide to Consulting Success by Howard Shenson and Ted Nicholas」で、出版日は「Jan 1997」です。

ConsultantSuccess

テッド・ニコルスのコンサルタント起業成功法則大全:Complete Guide to Consulting Success by Howard Shenson and Ted Nicholas

 

■ある冴えないサラリーマンの決断

あなたは今の生活や将来に、
こんな不安を感じていませんか?

・来年には10%になるとも言われている消費税。
収入は増えないのに、税金ばかり増える一方で、
正直、この先食っていけるのか不安だ。

・子どもの教育費にはお金を惜しみたくない。
でも、本当に払っていけるのか、見当もつかない。

・年金は減りそうな感じがするし、
老後に必要な資金は数千万とも聞いているし、、、
そんな金額、貯蓄できる気がしない。

・仕事に追われ、自分の時間がとれないフラストレーション、
家族との時間がとれない罪悪感を日々感じている。

もし、あなたもこんな風に
思ったことがあるのなら、、、

この冴えないサラリーマンの話を
聞いてみてください。



その男は、マジメだけがとりえの
普通のサラリーマン。

年収は平均かそれ以下だし、
出世もしたことがない。

年々、手取り収入は減り続け、
子供の学費とか家族の生活費、
親の介護とかを考えると
お金の心配も尽きなかった。

与えられた仕事はそつなくこなし、
マジメな仕事ぶりだけで会社に
いられるようなもので、

いつ窓際に追いやられるかと
常に不安な日々を過ごしていた。

その一方で、
仕事で家族との時間が全然取れない、
子どもに対して父親らしいことを
満足にしてあげられていないことに対して、
罪悪感も感じていた、、、

そんな彼が、起業した。

彼が選んだ方法は、
事務所を借りる必要がなく、
設備投資をする必要もない。

それに従業員を雇う必要もないから、
起業にかかる経費もほとんど必要ない。

だから、サラリーマンを続けながら、
副業としてリスク無く、
準備を進めることができました。

そして、彼は、
子どもの成長を見守る時間を
自分の意思で作り出せるようになり、

収入を会社任せじゃなく、
自分の手で増やすことが
できるようになりました。

彼は言う。
「今、ホントに幸せだなって思います。」

彼が選んだその起業方法とは?

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3

■コンサルタント起業に興味がある人へ

「コンサルタント」という言葉を聞いて、
あなたはどんなことを連想しますか?

高収入、スマート、カッコいい、、、
そんなイメージを連想するかもしれません。

その半面、高い知識が必要、難しい、
優秀な人でないとできない、、、
そんな風にも思うかもしれません。

もし、あなたが、漠然と「コンサルタント」
という職業に興味・感心があるのなら、、、

この「コンサルタント起業成功法則大全」は、
コンサルタントについて基本的なことを
すべて教えてくれます。

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3_2

また、もしその後、コンサルタントして
起業を考えるようになった時、そして、
実際に起業準備に入った時には、

コンサルタントとして起業して成功するための、
具体的な方法・手順を教えてくれる本でもあります。

例えば、コンサルタントとして起業しよう
とするほとんどの人が頭を悩ませている
”価格設定”について、正しい設定方法を
教えてくれています。

つまり、この本は、コンサルタント起業
について、必要な知識を”体系的に学べる本”
でありながら、成功するための具体的な方法
を学べる”実践的な使える本”、でもあるわけです。

詳細はこちら

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3_2

■コンサルタントとして起業する方法

コンサルタントとして起業をする、
というのは、実は固定費が少なく、
利益率が高い起業方法です。

また、リスクも少ないので、
起業をする人の中には、
コンサルタントとして
起業する方もいるそうです。

実際に、セミナーにいくと、
「いまは会社員ですが、コンサルタントとして
起業しようと思っているんです」
という人もいるそうです。

でも、実際に起業をしようと思ったら、、、

  • 自分はどんなコンサルティング分野を選べばいいのだろう?
  • どうやってクライアントを見つければいいのだろう?
  • 料金はいくらにすればいいのだろう?

という疑問が出てきませんか?

それに答えているのが、
「コンサルタント起業成功法則大全」です。

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3_2

たとえば、、、

  • 自分に最適なコンサルティング分野を見つける方法
  • 開業するまでにやっておくべきこと
  • クライアントを見つけるための低コスト、もしくはコストのかからない11の手法
  • 料金の決め方、そしてその料金をきっちり徴収する方法
  • ・・

などなど

さらに、会社を解雇された人事部長が
どうやってコンサルタントとして独立し、利益を上げたのか?

コンピューターのハードウェアを専門とする平凡なコンサルタントが、
どのように大成功を収めたのか?

などなど18種類の事例も紹介されているそうです。

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3_2

 

◯概要

  • テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大全
    著者:テッド・ニコラス、北岡秀紀(監訳)
    これからまた消費税が上がるかもしれないし、年金も減るかもしれない。そして僕らも親の面倒をみる時が近づいている。子どもの教育にはお金を惜しみたくない。そしてお金だけでなく、これらに取り組む時間も必要になる。 だからもし、自分の得意なことや専門知識、それらを武器にして外部アドバイザーのように仕事をしたいと思ったなら、この本を読んでみて。次に何をすればいいか、わかるから。 コンサルタントの為のコンサルタントが唸る本がこれ。 コンサルタントとして成功するためには、何をすればいいのか?コンサルタントとして『成功する人』と『成功しない人』の違いとは?それを解説しているのが本書「コンサルタント起業成功法則大全」です。この本の著者はテッド・ニコラス。 彼のクライアントには、ダイレクトレスポンス広告界の巨人たちがクライアントとして名を連ねています。 たとえば、アメリカ及びイギリスで最大規模の自己啓発プログラム販売会社のナイチンゲールコナント社。 アゴラパブリッシングにマークジョイナー。他にも、世界的なホテルチェーンのマリオットコーポレション。 数々の企業が彼のクライアントになっています。一流は一流を選ぶ。 その彼がコンサルタントとして起業し、成功するための方法について語っています。

 

◯目次

第1部 コンサルタントを始める

01 コンサルティングというビジネス

コンサルタントへの需要が高まっている・・15
ユニークなコンサルタントという仕事・・16
成功するコンサルタント、生き残れないコンサルタント・・17
コンサルタントを成功へと駆り立てるもの・・18
誤解から生まれた3つの神話・・19
こうしてコンサルティング業への転身に成功した・・22
チャンスを運ぶのは、タスク指向かプロセス指向か・・23
競争を勝ち抜けるプレイヤーとは・・25
自分の縄張りを守るには・・26

02 コンサルタントを開業する

ビジネス・スキルなしには成功なし・・30
ビジネス・スキルの一覧表作りのすすめ・・31
開業時に検討すべき実務的な問題・・36
どの事業形態を選択するのか・・36
事業形態を再検討したくなったら・・42
必要な手助けをしてくれる専門家選び・・42
繁盛する会社にする社名の決め方・・47
優れたパンフレットを作成するには・・50
パンフレットにぜひ入れておきたい情報・・51
効果的なホームページを作るコツ・・59

03 どんな才能、スキルがあるか

スキルをリストアップする・・65
スキルを探す・・73
才能を探す・・76

第2部 コンサルティングの機会

04 コンサルティングの機会を見出す

コンサルティングが必要になる11の状況・・90
公的機関が必要とする場合・・110
助成金を探せ・・112
ニュースから機会を掘りおこす・・116
コンソーシアムー資金を持たないクライアントのための市場・・116
業界団体を設立する・・118

05 チャンスを利益に変える方法

プロセス指向で機会を狙う・・121
クライアントは何に対して金を払うのか?・・123
自分を売り込める人の2つの力・・124
クライアントがあなたを必要とする理由・・125
ニーズがなければ、クライアントを教育したらいい・・126
新たに教育された市場で機会を見つけ出す・・130
危険な兆候・・134
クライアントにノーと言う方法・・141
利害が対立するとき・・145
リソース不足の場合・・146
追加契約の機会を生かす・・147

第3部 マーケティング

06 費用をかけないマーケティング戦略

マーケティング・アプローチを計画する・・152
低コスト/ノーコストでやれる11の方法・・153

07 効果的なダイレクトマーケティングのテクニック

クライアントはどんな不安と懸念を抱いているか・・187
「無料お試し」というアプローチ・・190
無料お試しのプラン作り・・194
無料お試し終了後のフォロー・・204
無料お試しを生かす広告コピーとは・・205
レスポンスを得るための広告デザイン・・207
教科書には書かれていない「広告のルール」・・211

08 売り込むー顧客に合わせたアプローチ

プレゼンテーションを成功させる鍵・・216
未熟な顧客への対応・・218
売り込む技術・・220
正確に見立てる力・・225
提案書ー売り込みの重要ステップ・・239

第4部 コンサルタント契約

09 料金を設定する

最先端のサービスを求められている・・251
あなたの料金を提示する・・251
適切な請求額はどう決めればいいか・・252
あなたの1日の料金を計算する・・253
あなたの日給はいくらか・・254
コンサルタントが支払うべき2種類の経費・・255
利益の重要性が見過ごされている・・262
料金をきっちり徴収するには・・263

10 契約書ークライアントとの関係

適切な契約書の書式とは・・268
クライアント組織と良好な関係を結ぶ・・279
“無料奉仕”を回避する・・281
他のコンサルタントと仕事をするとき・・285

 

◯著者紹介

テッド・ニコラス

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター・コピーライター。
コンサルタントでもある。

世界的なホテルチェーンのマリオットコーポレーション、アメリカ及びイギリスで最大規模の自己啓発プログラム販売会社のナイチンゲールコナント社のほか、アゴラパブリッシング、マークジョイナーなどダイレクト・レスポンス広告界の巨人たちがクライアントとして名を連ねる。

その他にも、ラインハルド・ヒッチ博士によって創設されヨーロッパ前途で栄養製品の開発・販売を行っているグリーンパワー社、アマゾンハーブカンパニー、 ジョージタウン・パブリッシング・カンパニー、アメリカ国内最大手のスポーツサプリメント販売会社EAS(エクスペリメンタルアンドアプライドサイエンス)などなど数々の企業がクライアント。

また、17才からビジネスを始め、21才で始めた小さなキャンディー店を30店舗のフランチャイズ事業に発展させた後、出版ビジネスに参入。 書籍「50ドル未満、弁護士無しで会社を作る方法」をダイレクト・レスポンス広告の直販でミリオンセラーにするなどして、自分が作った広告で7,000億円以上を売上げた。

◯監訳者の紹介

北岡 秀紀

コンサルタントのコンサルタント
株式会社Trimtab Marketing 代表取締役、
ひみつきちJ株式会社 代表取締役

大学卒業後、レジャー施設を運営するベンチャー企業に入社。店舗スタッフから開始し、6ヶ月あまりでフランチャイズ店舗を経営指導する立場に。
時代はネットだ、ということで大手インターネット広告代理店に転職。テレアポして営業という泥臭い営業スタイルに耐えられず、たった1年でドロップアウト。
前々職の店舗ビジネスと前職のネットビジネスのノウハウを融合し、当時としては珍しいリアルもネットもわかるコンサルタントとして活躍するようになり、株式会社Trimtab Marketingを設立。

これまで約300以上のクライアントと接し、数々の店・中小企業・オンラインショップの売上改善を果たす。現在はもっと成果にこだわったビジネスに携わるため、LPO・レスポンス効率の向上を専門にしたコンサルティングサービスを提供している。

ストリート漫才で鍛えたベタベタの大阪弁で繰り出される説明は、1段ずつ階段を登るようで誰にでも納得できて面白いと評判で、セミナーは口コミだけで満席が続く。

現在、自身のノウハウを受け継ぐコンサルタントを育てるプログラムを主催しており、一人あたりの参加費は350万円(超高額にも関わらず、申込が殺到。参加希望者の77%以上を断っている)。

 

◯関連
●update!!【要注目】希少!書店では手に入らない本格ビジネス洋書一覧 by ダイレクト出版(2015.04.05現在(含マニアックス))~ダイレクトレスポンスマーケティング戦術の最高の道具箱~
http://blog.eitoki.com/201407/books/2738.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki


【ビジネス洋書超訳】『価格戦略』〜誰も言わない実は一番大事なこと。利益を最大化する裏話〜誰も真実だと思っていない真実


 

世界一ずる賢い価格戦略〜誰も言わなかったお金儲けのコツとは 著者:ダン・S・ケネディ

 
価格戦略ってすごく大事ですよね。

私もやったことがありますが、
最初の頃って、自分が提供する価値をついつい「過小評価」しがちです。
だいたい、皆さん、1/10くらいしか評価できていません。

まずは、自分の提供するものの価値を自らきっちり知る必要があるのです。

正直、貴方がもし1万円以下で売っているものがあるとして、
その情報が、多くの対象者にとって本当に価値が有って、さらに、それが貴方にしか提供できないような深いものならば、それを100万円で売っても求める人は求めるし、買う人は買うのですよ

厚かましいのは問題外ですが、
自らを勝手に過小評価してしまうことが一番ダメなのです。

価格戦略に関しては
この本とともに、ぜひ、この本も読むと良いと思います。
日本のこの分野の隠れた権威的な方の本です。

●一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト: by 主藤 孝司, 神田 昌典
http://amzn.to/U7JO00

Price Strategy J

一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト by 主藤 孝司, 神田 昌典

 

この書籍、原版の題名は「No B.S. Price Strategy by Dan S. Kennedy」で、出版日は「Jun 1, 2011」です。

世界一ずる賢い価格戦略:NoBS Price Strategy

No B.S. Price Strategy by Dan S. Kennedy

 

「誰も言わなかったお金儲けのツボ」

ビジネスで儲けを出すには
どうすればいいのでしょうか?

ビジネスの基本だと言われる
・お客さんの数をもっと増やす
・購入頻度を上げてもらう
・経費を節約してコストを削減する
でしょうか?

どれも正しいですが儲けを出すために
一番大事なことはそこではありません。

では一体何が大事かと言うと、
それは
・できるだけ高く商品を売ることです。

もしあなたの商品を今の価格よりも、
高い価格で売ることができれば、
ビジネスは生まれかわります。

利益は何倍にもなるでしょう。

それを自分の収入としてもいいし、
その分、広告費などにも投資して
もっと事業を拡大してもいいでしょう。

しかし、単に価格を高くするだけでは
売れにくくなってしまうだけです。

では高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

それがこの新刊本
「世界一ずる賢い価格戦略」のテーマです。

この本には、

・商品を高く売る秘訣
・割引するときの見せ方
・無料の使い方
・不況下での価格戦略

などなど、
買う側の価格に対する心理を鋭く突いた
誰も言わなかったお金儲けのツボが書いてあります。

そして実はこの本には
もっと大事なことが書いてあります。

それは価格を間違えると
商品は「売れない」ということ。

人は缶ジュースに1万円も出して
買ったりはしないように

どれだけ付加価値を付けても
商品の価格を間違えてしまうと
さっぱり売れないのです。

つまり価格ひとつでせっかくの商品を
ダメにしてしまうことが多々あるわけです。

もし、自分の商品・サービスを
もっと高い価格、本来の価値の分の価格
で売りたいと思うなら、この本は必読です。

http://s.eitoki.com/info/book_dskennedy2

どういう商品がいくらで売れるのかを
事前に知っていれば利益を最大化するのも
そう難しい話ではありません。

もしあなたが、 何かを売る仕事をしているなら、、
何か新しいビジネスを考えているなら、、
売っても売っても利益が出なくて困っているなら、、

オススメなので
是非チェックしてみてください。

http://s.eitoki.com/info/book_dskennedy2

続いて、

もう一つ大事な話を。

「値決め」3つの間違い」

あなたは、商品の価格設定で
こんな間違いをしていませんか?

・自分の直感で価格を決めてしまう、、、
・競合の価格に対抗して決めてしまう、、、
・原価に必要な利益を乗せて決めてしまう、、、

ここに挙げたのはほんの一例ですが、
このような間違いは、
あなたにも身に覚えがあると思います。

しかし、これらの間違いは、
次の最大の間違いに比べれば
大したことではありません。

それは、、、

お客から見て、
自分の商品がいくらの価格が適正なのか?
そして、利益を最大化できる価格はいくらなのか?
そのポジショニングを知らないということです。

ほとんどの社長、起業家は
自分の商品の適正な価格を知りません。

その結果、多くの場合、
「この商品は価格が高いと思われて
お客を逃してしまったらどうしよう。。」
と考えて、安い価格を設定し、
値引き合戦の泥沼にはまってしまいます。

不思議なことに、
「値引きをすることで、
儲けが減ってしまったらどうしよう」
と考える人はほとんどいません。

かと言って、もちろん
法外な価格を設定しては
お客は買ってはくれません。

では、どうすれば利益を最大化しながら
適正な価格設定ができるのか?

そこであなたにオススメしたいのが、
この本、ダン・ケネディの
「世界一ずる賢い価格戦略」です。

http://s.eitoki.com/info/book_dskennedy2

この本のテーマは、
いかに「儲かる価格設定」をするか?
です。

そして、それをダン・ケネディ自身や
彼のクライアントの実体験に基づいた、
効果実証済みで極めて実用的な
価格戦略をこの本で公開しています。

もしあなたが、あなたの商品を
今の価格よりも高い価格で売りたいのなら、、、

高い価格設定にしても、
お客があなたから買いたいと
思ってもらえるようになりたいのなら、、、

そして、利益を今の何倍にもしたいのなら、、、

この本に書かれた価格戦略を
実際に試してみてください。

http://s.eitoki.com/info/book_dskennedy2

そして、

この本の著者・ダン・S・ケネディ自身の話です。

「値上げしたいけどできない社長へ」

彼のコンサルティング料金は1日最低128万円。

コーチングプログラムは年間320万円。

広告キャンペーンのプロジェクトでは、
1プロジェクトあたり1,000万円以上、
プラス売上に応じたロイヤリティ、、、

これは、世界屈指の億万長者メーカーで、
マーケティング・コンサルタント、
そしてコピーライターのダン・ケネディに
仕事を依頼したときのフィーです。

「こんな料金で誰が申し込むんだ?」
と思うかもしれませんが、
彼のサービスはいつもキャンセル待ちの状態です。

なぜ、こんなに高い価格を設定しても
クライアントは彼に仕事を依頼するのか?

これは「需要と供給」のような
単純な話ではありません。

そこには、ダン・ケネディ独自の
「価格戦略」があります。

http://s.eitoki.com/info/book_dskennedy2

この価格戦略により、彼は
高額のフィーを請求しながらも、
仕事の依頼が絶えることがないのです。

もしあなたが、
ダン・ケネディの価格戦略を使って、
自分のビジネスの利益を最大化したいのなら、
彼が自らその方法を公開してくれています。

http://s.eitoki.com/info/book_dskennedy2

 

◯概要

  • 世界一ずる賢い価格戦略
    著者:ダン・S・ケネディ,ジェイソン・マーズ
    利益を最大にする”値決め”の方法をついに公開! 屁理屈なし! 情け無用!圧倒的に売るための<FREE><値下げ><割引>の使い方!

 

◯目次

Preface 価格、利益、力、富の関係
-この本を読めば億万長者も夢ではないワケ

Part1 世界一ずる賢い価格戦略(理論編)

Chapter1 価格戦略の落とし穴に落っこちるな
Chapter2 その値下げ、ほんとに必要?
Chapter3 その値下げ、見返りはある?
Chapter4 「無料」というガン細胞
Chapter5 さあ、無料との戦いに乗り出そう
Chapter6 「無料」で戦うときの3つのステップ
Chapter7 「ありふれた考え」を捨て去ろう
Chapter8「差別化」の持つ力
Chapter9 BtoBにおける価格戦争-最後に笑うのは誰?
Chapter10 価格と製品の鎖を断ち切る
Chapter11 「買わずして買っている」の持つ力
Chapter12 価格弾力性のヒミツに迫る
Chapter13 効果的な5つの価格提示メソッド
Chapter14 狙うはニッチとサブカルチャー
Chapter15 「連想の原理」が成功を生む
Chapter16 不況という落とし穴から抜け出すために

Part2 世界一ずる賢い価格戦略(実践編)

Chapter17 さあ、実際に値決めをしてみよう
Chapter18 前払い制のすすめ
Chapter19 悪徳まがいの儲け術-こんなのあり?
Chapter20 値下げ中毒社員に気をつけろ!
Chapter21 誰の意見を採用する?-価格戦略の4人の審判
Chapter22 不況下での価格戦略

Part3 世界一ずる賢い価格戦略(サンプル編)

Chapter 23効果的な広告サンプル
– マーズ夫婦に学ぶ、価格戦略の上手なアピール方法とは?

 

◯著者紹介

ダン・ケネディ

全米で多くの億万長者を生み出してきて、「億万長者メーカー」と呼ばれている。彼にはいくつもの顔があり、著者としては11冊以上の本を出版、そのうち6冊は日本語版も出版されている。

講演家としては、9年連続で、20~27以上のイベントに出演。ブラアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、レーガン元大統領、シュワルツコフ将軍などと講演をともにする。国内の協会、企業、独立系セミナープロモーターなどとの現役中の契約は2000を超える。現在は講演をうけることは滅多にない。

マーケティング・コンサルタントとしては、32年のキャリアをもち、年商数千万円~数億円規模の会社から数千億円規模のクライアントを育てている。(その中の一社はニキビケアのTV通販で世界No1になりました。テレビCMで有名なプロ○クティブ)

彼の月刊ニュースレター屁理屈なしマーケティング・ニュースレターは現在、米国で2万人以上の会員、日本で2000人以上の会員の元に届けられている。

現在のコンサルティングフィーは1日128万円。コーチングプログラムは年間320万円。

コピーライティングプロジェクトは1000万円前後+%ロイヤリティ。(全てキャンセル待ち)2009年彼のコーチングクライアントの主催するセミナーには合計で10万人以上が出席した。起業家、マーケターにとって極めて影響力の強い人物である。

ジェイソン・マーズ

マーケティングスペシャリスト。

起業家や各界のプロフェッショナルに対し、斬新な切り口で価格をはじめ数々のビジネス戦略の指導を行っている。クライアントの価格に対する恐怖心と誤った考え方を取り除くことで、本来の利益を生み、さらなる飛躍のチャンスを与えるサポートを行っている。

起業家としても知られており、ヘルスケア、教育、出版関連、コンサルティングなどの分野で大きな成功を収めている。

 

◯関連
●update!!【要注目】希少!書店では手に入らない本格ビジネス洋書一覧 by ダイレクト出版(2015.04.05現在(含マニアックス))~ダイレクトレスポンスマーケティング戦術の最高の道具箱~
http://blog.eitoki.com/201407/books/2738.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【ビジネス洋書超訳】最新・最強のWebマーケティングフォーミュラ(公式):PLF4.0を100万円や20万円でなく3700円で「熟知」する方法〜プロダクトローンチフォーミュラ


 

ザ・ローンチ〜世界一効率的に億万長者になる方法 著者:ジェフ・ウォーカー

今、ジェフ・ウォーカーのマーケティングフォーミュラを学ぼうとすると、安くても20数万円、普通、100万円ほどかかります。

なぜならば、ジェフ・ウォーカーは、ここ数年来、ウェブマーケティングの世界で、世界一の人気者と言っても過言ではないからです。

そんな最新のマーケティング・フォーミュラ(メソッド)をたった¥3770で学べるとしたらどうでしょう?
手にしないほうがおかしいとも言えますよね^_-

だから、貴方もぜひ!この本を手に入れて下さい
でもこれ和訳版は日本の本屋やAmazonでは買えませんσ(^_^;)
ダイレクト出版直販でのみ購入可能なのです。
現在、ダイレクト出版の数あるオンリーワンの優れたビジネス洋書の中でも売り上げナンバーワンのようです。

中味も読みやすいですし、
彼も最新のメソッドが略すこと無くすべて紹介されています。

この書籍、原版の題名は「Launch: An Internet Millionaire’s Secret Formula To Sell Almost Anything Online, Build A Business You Love, And Live The Life Of Your Dreams by Jeff Walker」で、出版日は「June 24, 2014」です。

ザ・ローンチ by ジェフ・ウォーカー:Launch by JeffWalker

Launch: An Internet Millionaire’s Secret Formula To Sell Almost Anything Online, Build A Business You Love, And Live The Life Of Your Dreams by Jeff Walker

 

ちょっと勉強している方なら、この本だけでも、100万円の講座と同等の効果を得られることでしょうね^_-

これ本当です。

「億のビジネスを生み出す技術」

あなたは「プロダクトローンチ」
という言葉を耳にしたことはありますか?

知ってる人もいれば
「なんのこっちゃ?」という人も
いるかも知れませんね。

プロダクトローンチというのは
インターネットを使って短期間で
爆発的に売上をあげるための販売手法です。

こう言うと「なんだか怪しい売り方かも」
と思ってしまうかもしれませんが、
実はそんなことはなく、

実は既存のインターネットの売り方に
ひと工夫、ふた工夫を凝らして、
「ある要素」を加えた方法に過ぎません。

アメリカではこの手法を使うことで
1日で1億円を売り上げることも
あまり珍しいことではなくなりました。

もちろん、日本でも1日に1億を
売り上げた会社はたくさんあります。

さて、今回の新刊はそんな
プロダクトローンチについて解説した本
「ザ・ローンチ」です。

この本はプロダクトローンチの開発者
ジェフ・ウォーカー氏がローンチのやり方
進め方について余すことなく記した一冊。

今まで、プロダクトローンチを学ぶには
ジェフの高額プログラムに参加するか
実践経験で学ぶしかなかったのですが、

今回はジェフが直々に本を書き下ろして
非常に安価にプロダクトローンチについて
学ぶことができるようになりました。

ですので、内容のほうも非常に実践的で
インターネット販売を考えているなら
まさに必携の書と言えます。

アメリカのAmazonでは発売早々ベストセラー。

400件以上のレビューが入り
平均点も4.5という大変評価の高い本です。

是非、チェックしてみて下さい。


http://s.eitoki.com/info/book_Launch_by_JW

興味深い話を
もう一つ紹介します。

「youtuberの悲劇」

あなたは次の二つの出来事について
どのような問題意識をもちますか?

2012年。

株式会社サイバーエージェントが
自社の展開するサービス、
『Ameba (アメーバ)』ブログの
商用利用を禁止にしました。

商用利用が禁止されたことで
当時アメブロを使ってビジネスを
していた多くのアフィリエイターが
強制退去を余儀なくされたのです。

そしてつい先日、2015年2月12日。

流行りのyoutuberの一人、
シバターさんという方のアカウントが
Googleによって突然停止されました。

もちろんその瞬間、
収入の柱にしていた
youtubeの広告収入はそこで
完全に絶たれてしまったのです。

この二つの出来事から
導き出せる一つの真理は

「プラットフォームを握られている
ビジネスは地盤が弱い」

という事です。

ブログや動画投稿サイトのように
プラットフォームが握られている環境に
頼ってビジネスを展開していると、

商用利用を突然禁止にされたり、
突然アカウントが停止されたり、
何か予期せぬトラブルが起きた時に
どう対処することもできません。

それは何もオンラインに限ったことではなく
会社におんぶにだっこになっている状態も
全く同じ状況だと言えます。

会社という一つのプラットフォームに
依存している限り、状況的には
ご紹介した二つの事例と
何ら変わらないのです。

では今の時代は、
プラットフォームに頼らずに
生きていくことは不可能なのでしょうか?

いいえ、決して不可能ではありません。

「見込み客や顧客の
Eメールリストを持つ」

たったそれだけで、多くの人は
システム的にも、社会的にも、
プラットフォームに頼らずに
生きることができます。

ではプラットフォームに
頼らない生き方とは
一体どのような生き方かというと、

たとえば、新居に引っ越す場合。

前の自宅を売却するまで
数か月かかるのに、その前に
新しい家を購入しなければならない。
頭金は700万円も必要。

こんな状況になったとしても
何一つ焦る必要がない、
そんな生き方なのです。

ちなみにこの話は、
実際に顧客のEメールリストを使って
個人で莫大な売り上げを上げる手法

「プロダクトローンチ」を生み出した
ジェフ・ウォーカー自身の話です。

実際ジェフはこのあと、
「プロダクトローンチ」を実践し、
1週間で10万6000ドルの収益をあげ
頭金をあっさりと用意してしまいました。

今回ご紹介する新刊本「ザ・ローンチ」は
その「プロダクトローンチ」について
ジェフ本人が書き下ろした、渾身の一冊です。

これからインターネットマーケティングに
取り組む方には間違いなく役立つ一冊ですので
この機会に是非、ご覧になってみてください。


http://s.eitoki.com/info/book_Launch_by_JW

 

◯概要


  • ザ・ローンチ〜世界一効率的に億万長者になる方法
    著者:ジェフ・ウォーカー
    本書の目的は、ビジネスを構築することである。しかも、あっという間にだ。すでにビジネスを手がけている人にとっても、起業したくてうずうずしている人にとっても、本書は飛躍するためのレシピとなる。
    アップル社やハリウッドの大手映画会社並みにローンチを放つ自分を思い浮かべることはできるだろうか。
    あるいは、自分の会社の商品発売を指折り数えて待つ見込み客を思い描いてみてもいい。
    競合他社をことごとく排し、市場で確固たる地位を築く自分の姿は?
    ビジネスや予算がごく小規模であっても、今挙げたことすべてを実現することは、あなたにも可能だ。
    なぜなら、そのためのプロセス、フォーミュラ(公式)というものが存在するからだ。

◯目次

CHAPTER0 飛躍のレシピ 企業を目指す人のための道しるべbr>
PART1
プロダクトローンチ・フォーミュラの基礎 インターネットでミリオネアになる秘密

CHAPTER1 運命のクリック 専業主夫がわずか7日で6ケタの売り上げを達成するまでの経緯
CHAPTER2 高収入の道 プロダクトローンチ・フォーミュラとは何か

PART2
プロダクトローンチ・フォーミュラの背景 オンラインで何でも売るための公式

CHAPTER3 リストがすべて 「お金を生む印刷機」Eメールリストの活用法
CHAPTER4 進化したセールスレター 「ごり押し」せずに売りまくるには
CHAPTER5 メンタルトリガー 絶大な影響力で私たちの行動を左右するもの

PART3
プロダクトローンチ・フォーミュラの構造 大好きなビジネスで起業して成功する

CHAPTER6 プリ・プリローンチ 下準備とプランニングによる威嚇射撃
CHAPTER7 魔法のプリローンチ 客の望みに的確に応えるには
CHAPTER8 いざ出発! プロダクトローンチ・フォーミュラの核心へ
CHAPTER9 ゼロからの出発 シードローンチTMでビジネスを立ち上げる方法
CHAPTER10 JVローンチ 1時間で100万ドルを可能にする秘密兵器
CHAPTER11 持続的に成長する 勝利の方程式「ビジネスローンチ・フォーミュラ」

PART4
進化するプロダクトローンチ・フォーミュラ 夢に生きる人生を切り開く

CHAPTER12 ビジネスの裏側 起業するなら、自分が楽しめるビジネスを
CHAPTER13 起業の心得 理想の暮らしを手に入れる分かれ目
CHAPTER14 本当のスタート 次はあなたの番だ

◯著者紹介

ジェフ・ウォーカー (Jeff Walker)
ジェフ・ウォーカーは、オンラインセールスをまさに一変させた人物だ。
その後は、起業家育成ならびにマーケティング指導を手がけ、世界トップの仲間入りを果たしている。

彼が「プロダクトローンチ・フォーミュラ」を世に広めるまでは、インターネット起業の世界で「プロダクトローンチ」を話題にする人間はなきに等しく、「1日で100万ドルを売り上げる」ことなど不可能だとされてきた。
しかし、現在は「プロダクトローンチ・フォーミュラ」後の世界であり、100万ドル(どころか数百万ドル)規模のローンチも日常茶飯事と化して、驚く人はもはやいないと言える。

ジェフが編み出した手法は、決して大物マーケターだけのものではない。
彼はこれまでに、数百種類ものニッチ業界におよぶ何千もの人々に指導を行ってきた。
そういった教え子らは、合計5億ドルを超える売り上げを叩き出している(その数字は日に日に大きくなる一方だ)。

ジェフは、コロラド州デュランゴの自宅で妻のメアリー、飼い犬ジェニーとともに、アウトドアスポーツ三昧の日々を送っている。
今でも、すでに独立した2人の子どもたちと一緒に激しいスポーツに興じているという(熱中しているのはスキーとマウンテンバイク)。

 

◯関連
●update!!【要注目】希少!書店では手に入らない本格ビジネス洋書一覧 by ダイレクト出版(2015.04.05現在(含マニアックス))~ダイレクトレスポンスマーケティング戦術の最高の道具箱~
http://blog.eitoki.com/201407/books/2738.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【ビジネス洋書超訳】ヒトがモノを欲しくなる理由〜1999円の魔力、セブンカフェは儲からない?


 

行動科学マーケティング〜欲望の心理原則:著者:ジェイムス・A・アレイ

この本、本当にいいですよ^_-
個人的にも、この本は本当に超オススメです。「不思議な消費者」のありとあらゆる行動パターンと対抗策がこれでもかっ!ていうくらい詳細に記載されてます。

この書籍、原版の題名は「Urge: Why You Really Want What You Want (And How To Make Everyone Want What You’ve Got) by James A. Mourey」で、出版日は「Aug 20, 2013」です。

行動科学マーケティング:Urge

Urge: Why You Really Want What You Want (And How To Make Everyone Want What You’ve Got) by James A. Mourey

 

「2000円より1999円が妙に安く感じる理由」

不思議なことに何かの商品に

【2,000円】という値札が付いているときと
【1,999円】という値札が付いているときでは

なぜだか1,999円のほうが
やたらと安く感じてしまいます。

実はコレ、先頭数字効果というのですが
人は複数の価格を比較するとき
先頭の数字を過大評価する傾向があるのです。

ということは、1,500円と1,499円では
消費者の価値認識はそこまで変わらない
ということが分かります。

他にも、1000円のTシャツを3枚買うとき
「2枚買えば3枚目から半額」と言われると

「3000円を2500円に値引き」あるいは
「総額から500円値引き」と言われるより
大幅に安く感じてしまいます。

この本「行動科学マーケティング」は
こうした人間の行動科学について
徹底的にリサーチした一冊。

もしあなたが、こうした行動科学を
マーケティングに応用したいのなら、、

新刊本「行動科学マーケティング」を
是非、チェックしてみてください。

http://s.eitoki.com/info/book_Urge_by_Mourey

人がモノを欲しくなる本当の理由を
様々な実験や文献から調査・分析して
350ページ以上にまとめた
まさに欲望大全と言える一冊です。

ですので、もしあなたが、、

・向こうから商品を欲しいと言わせたい
・どんな商品を開発すればいいのか知りたい
・顧客の行動の理由を知って販売に活かしたい
・消費者の欲求を喚起してもっと商品を売りたい

のなら、

是非、この新刊本「行動科学マーケティング」を
チェックしてみてください。

http://s.eitoki.com/info/book_Urge_by_Mourey

もうひとつ、
興味深い話を紹介します。

「セブンのコーヒーは儲からない」

2013年1月から始まった
セブンイレブンのオリジナルコーヒー、
「セブンカフェ」。

ハイグレードなアラビカ豆100%を
使用していたり、1杯ごとに
ペーパードリップでコーヒーが出てきたり、

凝っている上に「100円」という
お手頃価格で飲めるのが
消費者に受けているのですが、、、

原価46.8円もかかって
100円で販売してるのでは
全然儲からないのではないか?
そう思われてもおかしくはありません。

しかし、
「セブンカフェ」の目的は
コーヒーで儲けを
出すことではありません。

「セブンカフェ」の目的は
あくまでも目的は「集客」です。

たとえ利益が少ないとしても、
まずは明らかなメリットを提供することで
客足を競合から自社店舗へと誘導し、
お弁当や飲み物など
他の商品で利益をとる。

無料サンプルを配布する事で
有名な化粧品、
ドモホルンリンクルも同じですね。

まずは消費者に他の選択肢を
全て捨ててもらい、
自社のサンプルを無料で使ってもらう。

「あら、これいいじゃない♪」なんて、

配布したうちの数%の消費者が
継続利用してくれることで
集客費用を回収し、あとあと
利益を得ることができているのです。

このように、消費者は
実は自分でも気づかないうちに
他の商品(お店)という選択肢を捨てて
なかば無意識に特定の商品を選び、
結果的にお金を払っています。

こちらの新刊本、
『行動科学マーケティング』には
そういった事例が山ほど載っているんです。

http://s.eitoki.com/info/book_Urge_by_Mourey

 

◯概要


  • 行動科学マーケティング〜欲望の心理原則
    著者:ジェイムス・A・アレイ
    合法的にドーピングする方法暴露!!顧客が欲しがる本当の理由とは?貴方の商品やサービスを他人に欲しがらせる方法とは?『合法的にドーピングして、貴方のビジネスを一瞬で変える方法』もしあなたが、あなたの商品の売り上げをもっと増やしたいなら(しかもお金をかけずに増やしたいなら)、この本はあなたが今まで読んだ中で最も役立つものになるでしょう。自分の思うどおりに消費者を動かして、あなたの商品やサービスを買ってもらうことができるとしたら、あなたはその方法を知りたいですか?(もしそうなら、このページを一字一句もらさず最後までお読みください)個人的にも、この本は本当に超オススメです。「不思議な消費者」のありとあらゆる行動パターンと対抗策がこれでもかっ!ていうくらい詳細に記載されてます。

◯目次

Part0 マーケティングの基礎 消費者心理・消費者行動が1からわかる
Preface1 マーケティングとは何か?
Preface2 カスタマイズの進化
Preface3 マーケティングを読み解くツール

PART1 内的要因 「自己」は社会の解釈にどう影響するか
Chapter1 消費行動を学ぶ それは人生を知ることと同義である
Chapter2 行動の原動力 ニーズ、ウォンツ、モチベーションの本質
Chapter3 知覚と注目 重要なのは、 “現実” ではない
Chapter4 学習と記憶 画期的な百貨店再建戦略が失敗に終わった理由
Chapter5 感情、気分、情動 人間は感情に支配されている
Chapter6 性格、態度、説得 いかにして行動のモチベーションとなり得るか

Part2 外的環境 考え方や行動を劇的に変化させる「外敵要件」の理解
Chapter7 社会的影響 他者の存在が意思決定や行動を左右する仕組み
Chapter8 文化の影響 日常生活を送るための「指針」
Chapter9 サブカルチャー 家族は選べないが、所属するグループは選べる
Chapter10 背景、環境、状況 消費者の選択や行動への無意識な影響

Part3 対応策 消費者の欲望への戦略的対処
Chapter11 価値と価値評価 価値の高い低いは、どのようにして計算されるのか
Chapter12 意思決定 人はさまざまなバイアスから逃れられない

PartX エンドロールはまだ早い 消費者行動は循環する

◯著者紹介

ジェイムス・A・ムレイ(James A.Mourey, Ph.D.)
ミシガン大学ロス・ビジネス・スクールPh. D. 。弱冠30歳でありながら、マーケティングの科学と実務の融合をライフワークにしている。

マーケティングに目覚めたのは幼児の頃。お気に入りのバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』を真似て、自宅リビングの両親の前でオリジナルコメディを演じていた。そのときすでに重要なポイントに気づいていた。観客の存在、観客のニーズの把握、常に顧客ニーズに合わせて作品をリニューアルできるようになること。

ワシントン大学セントルイス校をトップクラスの成績で卒業後、マーケティング会社でアカウントマネジャーとして働き始める。その後、西海岸のロサンゼルスに移る。マネジメントならびにマーケティングのコンサルティング会社に転職し、調査研究所のディレクターとなる。そこで見事にニヤけして筋肉質になり、中西部に戻ってミシガン大学ロス・スクール・オブ・ビジネスでPh. D. を取得。やはり抜群の成績で、論文は大学ならびに学会から表彰を受け、両親を喜ばせた。

現在はシカゴ在住。デュポール大学のドリーハウス・カレッジ・オブ・ビジネスで教鞭をとりながら、モダン・マーケティング・ラボで未来のマーケティングに関する研究を行っている。時間があれば、経営者やマーケティング担当者へのコンサルティングや講演のため、全国を飛びまわる。その場所はハーバード大学、ヒューストン大学からロサンゼルス近郊のマリブ、フロリダのウエスト・パーム・ビーチまで幅広く、学者は役に立つだけでなく、愉快で、魅力にあふれ、社交的なのだと実証しようとしている。

 

◯関連
●update!!【要注目】希少!書店では手に入らない本格ビジネス洋書一覧 by ダイレクト出版(2015.04.05現在(含マニアックス))~ダイレクトレスポンスマーケティング戦術の最高の道具箱~
http://blog.eitoki.com/201407/books/2738.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.