【社会】実際と報道の嘘、違い〜気分はとっても悪いが、知っておくべきことかもしれませんね^^;


 

●広島・長崎原爆で奇形児が少なかった理由のカラクリ

気分はとっても悪いが、知っておくべきことかもしれませんね^^;

これが本当かどうか私にはだんだんする知識も頭もありませんが、まあ、世の中には、一部の人間の都合のいいように、かなりたくさんの事実が隠されているもんだと思います。

だから、我々は、その人間に罪はありませんが、普段、自分の周りで見にする、耳にする情報だけを頼りに(影響を受け)生きていてはいけないのです。
馬鹿になります。
それだけは確か。

そこ(普段の一日の活動時間の頭に入る情報ソース)の10割が普通のソースになってたら危険、1割でも2割でも別のソースを自ら積極的に持ち、そこに時間を割き、よく自分の頭目耳で吟味すべきです。

長崎・広島原爆報道の嘘

 
 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


実は今の貴方が「失礼な・・・^^;」と感じるくらいなものの中に真理は隠れている


 

実は、

今の貴方の頭のなかで、

「こいつは一体何を言ってるんだ〜(失礼な奴・・・)」

くらいに感じることの中にこそ、

将来を大きく切り開くためのキーとなるものの本当の真理は隠れている

ものだ。

◯関連
●【コツ】「緊急」より「重要」を選択。『貴方が知らない自分』を開拓せよ。
【コツ】「緊急」より「重要」を選択。『貴方が知らない自分』を開拓せよ。

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


■自分の信じる道だけを進んでいてはダメ・・・手遅れになる^^;


 

■自分の信じる道だけを進んでいてはダメ・・・手遅れになる^^;

【注意報】
自分の信じる道を進もう!
ってよく聞くフレーズですが、
世の中の様々なことをよく深く経験してないと限り、
確かに非常に危険ですね。
 
・誤判断しているかもしれない
・違う道を自ら断っているのかもしれない
・貴重な成長の機会を逃しているかもしれない
 
個人的には、
今の自分の常識や当たり前を変えてくれる可能性がある「自分が知らないで他人が知っている自分」「自分も他人も全く知らない自分」を教えてくれる可能性がある機会や人間を遠ざけていては、貴方の人生はどんどん良い方向には進まない、選択肢の少ないツマラナイ人生になってしまうと思ってます。
 
◯参考
【コツ】「緊急」より「重要」を選択。『貴方が知らない自分』を開拓せよ。
http://wp.me/p2LBNO-2o
 
真逆に、こういうヒト(他人依存が過大なヒト)も困りものですが、
 
●【底力】ある人,『考え』を【他人依存】する人々,おまけ:「IT業界の対価」
http://wp.me/p2LBNO-pM
 
自分も常に新しい常識、体験して、謙虚になって取り入れてます。(^^)
 
確かに
人に頼らない、自分の納得していることが一番正しい、だけでは、
私の判断が一番正しいという 自惚れにつながりやすいですね。
自分もやや耳が痛かったです(笑)

参考元
⇒ http://on.fb.me/1tK5She

 
 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【教訓】「素直さ」とは?


 
「素直」とは一体何なのか?
ここにはこう書いてあります。

-以下引用-

素直とは自然でいられる事だと思うのです。
自然です。
人は物心がつくと自我が目覚めます。
自然とはこの自我を手放せた状態だと思います。

-以上-

う〜ん、難しい(笑)

自分的には、
「素直」になるためには、色んな要素が必要だと感じますが、
その中で重要なのは「寛容」の心だと思うのです。

すぐに共感できるもの以外、
自分の考えや信条、基準、等々(これらが自我だと思いますが)と「違うものを『受け容れる』ことができる器量」だと思うのです。

それが本当に出来ると、自分の目の前の世界が大きく広がります。
・自分が知らない自分
・自分も他人も知らない自分
が開発されますよ(^_-)

「素直」だとね。

 


【人生訓】親の心と子の心、若気の至り、そして大事な、素直さ、可愛げ、気配り(氣配り)


 
10代、20代だけでなく、30代、40代になっても、親と子のこういう「攻防」が継続することは多い。
子は「何にも解ってない。あんたの時代とは違うんだよ。こっちの気持わかるはずがない」
と思ってる。

親は、一生懸命愛情を込めて、自分の人生訓を子のためにと説いているが(だって愛情がなかったら、いちいちこんな手紙書かないから(^^;)、近い人間にはなかなか素直に耳に入らないし、説得力もイマイチかもしれない。愛情もまったく通じてないケースも有る。

確かに親世代は、今の現状をわかっていない部分も色々あるとは思う。
でも、原理原則はそうは変わらない。

年輩者が「長い人生の中で身につけてきた当たり前の人生訓」は侮れないものも多い。

どんな時代でも共通するマインドは沢山ある。

だから、親世代含め、年輩世代と完全クローズドな関係を創ってしまうと確実に子世代(若い世代)は損をすると思う。
子世代は、特に若い時代は尖ってるから、大したことねえなと思う人間の言葉をナメ、自分が凄いと思う人間の言葉しか入れないから、大半の親は虚しい思いをする。

でも、現実は、若い時代に自分がそう思う人間が本当に凄いことは珍しいし(世の中はパフォーマーで溢れているので)、はたまた、本物だったとしても、その言葉が自分に合ってることは珍しい。

そもそも、正しい人生訓を正しく理解できるためには、それ相応の人生修行と、あとはやっぱりかなり長い人生経験が必要。
こうしてると、結局、自分で考えて一歩一歩色んな事を体験して、理解していくしか無いから、あとから振り返ると、すごく遠回りすることになる事が多い。

全ての自分の周り(会社や過程やその他)の(実は非常に貴重な)助言を一旦受け入れ(意味わかんなくても)、深く理解する努力を繰り返しながら、その上で新生代のオリジナリティを積んでいける人が、大きく成長して、自分の人生を飛躍させ、時には時代を変えていくんだと思う。

何より若い時代ほど、「素直さ(受け入れる姿勢)」と「可愛げ(年輩者を敬う姿勢)」は、特に一般社会を乗り切るためには凄く重要でもある。
演技はすぐに見破られるから無駄だけどね。

自分も世代間ギャップはどうしようもないし、上世代は下世代を理解できない(特に目指すフィールドが違う場合)と長く思っていたけど、意外に解ってることも多いんだなあ、、、と考え直しました。

正月に親戚連中の中で、様々な世代の人間の見解を聞いていて、ちょっとそう感じました。

歴史は時代を超越して、全てを証明しているものだ。
だって歴史はその中に色んな局面を含んでいるのだから。

今よりもっともっと激動な時代も含め。
もちろん今はじめて起きている事象も色々有るから、新しい常識も生まれていくが。

どうあれ、
年配者の歴史も決して軽くは見ないことだ。

例え平凡に見える存在でも、1歳差でもね。
自分も今だに常にそう感じて接しています。

何よりも貴重なものだと思います。

ある意味生意気に反論されるリスクを犯し、その人用にカスタマイズされて、かけられる言葉はと特にね。

そういう思いやりの氣持ちが理解できない人間に飛躍は無いと思います。
飛躍とは、仕事力やビジネス力だけでなく、人間的魅力含めね。

さり気なく、普通に
ほんとうの意味の、目配り、氣配り、心配りを出来る人間はかっこいいです。
そういう人間が本当の大人です。

若気の至らなさは、沢山の大人力で包まれ守られてます。

色々な気持ちを汲み取れる能力も重要で、これもまた、目配り、氣配り、心配り力次第だと思います。

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.