【ビジネス洋書超訳】最新ソーシャルメディア扱い戦略&戦術〜ソーシャルネットワーク論詳報


 

いいね!を集める技術 by デイヴ・カーペン

FacebookやTwitterに代表される
ソーシャルネットワーク、ソーシャルメディアの使いこなす術は

一般的なWebマーケティングの達人たちでも、いまいち解らず、自分の頭で試行錯誤する傾向が強いようです。

でも何事も、その道のプロから学ぶことが必要です。
そして、それが、宇田な遠回りをしない一番の近道なのです。

この本には、その為の効果的な一例が事きめ細かくわかりやすくまとめられてます。

よって、
各方面の有名人も絶賛しています。

いいね!を集める技術 デイブ・カーペン(著)

いいね!を集める技術
デイブ・カーペン(著)
Likeable Social Media: How to Delight Your Customers, Create an Irresistible Brand, and Be Generally Amazing on Facebook (And Other Social Networks) by Dave Kerpen (Jun 7, 2011)
Likeable Social Media, Revised and Expanded: How to Delight Your Customers, Create an Irresistible Brand, and Be Amazing on Facebook, Twitter, LinkedIn, Instagram, Pinterest, and More by Dave Kerpen and Carrie Kerpen (Feb 20, 2015)

この書籍、原版の題名は
「Likeable Social Media: How to Delight Your Customers, Create an Irresistible Brand, and Be Generally Amazing on Facebook (And Other Social Networks) by Dave Kerpen (Jun 7, 2011)」
です。

本場では、
2015年2月に改定新版も出ています。

「Likeable Social Media, Revised and Expanded: How to Delight Your Customers, Create an Irresistible Brand, and Be Amazing on Facebook, Twitter, LinkedIn, Instagram, Pinterest, and More by Dave Kerpen and Carrie Kerpen (Feb 20, 2015)」

Likeable Social Media 2012 and 2015

Likeable Social Media: How to Delight Your Customers, Create an Irresistible Brand, and Be Generally Amazing on Facebook (And Other Social Networks) by Dave Kerpen (Jun 7, 2011)
and,
Likeable Social Media, Revised and Expanded: How to Delight Your Customers, Create an Irresistible Brand, and Be Amazing on Facebook, Twitter, LinkedIn, Instagram, Pinterest, and More by Dave Kerpen and Carrie Kerpen (Feb 20, 2015)

 
日進月歩な世界ですから、
できれば、最新の2015年版をチェックすることもオススメですね。

ただまずは
この日本語版で要点を抑えておくことは大いに意味がありますよ^_-


いいね!を集める技術

ソーシャルメディアのクチコミについて本質的な部分までを解明

人はなぜ、あんなにもフェイスブックに
夢中になってしまうのでしょうか?

友人の記事を見つけると、
手当たり次第にいいね!を押したり
コメントを書き残す人もいれば

中には朝から晩までフェイスブックを
チェックしている人さえいます。

また、最新の調査によると
日本のフェイスブック利用者数も
まだまだ右肩上がりで伸びています。

ところが、そんな事実とは裏腹に
フェイスブックを初めとする
ソーシャルメディアをビジネスに
活かせている人はごくごく一部です。

実際、多くの人は場当たり的に
その場限りの投稿を繰り返しているだけで
集客には繋がっていないのが実態です。

なぜこうも、ソーシャルメディアでの
集客に悪戦苦闘するのでしょうか?

それは、1つにはマーケティングする側が
ソーシャルメディアの本質を
理解できていないことが挙げられます。

フェイスブックに代表される
ソーシャルメディアというのは全て
人間同士が互いに共通の話題で
盛り上がるクチコミの場です。

お互いに興味のあるネタについて
友人同士でああだこうだと
話を繰り広げるネット上の場所なのです。

ですので、自分達に興味のない投稿や
話題に関係のないウザい広告などは
無視されてしまう傾向があります。

逆に、共通の話題で盛り上がれる
共感を呼ぶような投稿であれば、
いいね!を押したり、シェアしたりして
クチコミとなって拡散していきます。

この心理を上手に利用できる人だけが
ソーシャルメディアをビジネスに
活かしているというわけです。

では、フェイスブックなどの
ソーシャルメディアを使って
クチコミを起こすにはどうすばいいのか?

それを解き明かしたのがこの本
いいね!を集める技術
クチコミ心理を紐解く「新」ソーシャルマーケティング
です。

amazon.comのレビューは4.7。

ソーシャルメディアのクチコミについて
本質的な部分まで解説されているので
大変オススメの一冊です。


いいね!を集める技術

 
◯概要

  • いいね!を集める技術
    著者:デイヴ・カーペン
    世界屈指のエキスパートが成果が実証済みの「科学」を徹底解説! クチコミ心理を紐解く「新」ソーシャル・マーケティングなぜ、ファンの数がなかなか増えないのか? なぜ、頻繁に情報を発信しているのに集客、売上につながらないのか? なぜ、小さな会社はFacebookをビジネスに活用した方がいいのか? 成功と失敗を決める大きな要因とは? 巻末の有名SNSを網羅した「ソーシャルメディア入門―改めて学ぶソーシャルネットワーク」はオマケながらも超秀逸

◯目次

はじめに ソーシャルメディア革命 新時代の潮流に乗り遅れるな

Part1 ターゲティング
Chapter1 顧客の声を聞く
Chapter2 ターゲット
Chapter3 消費者の視点

Part2 エンゲージメント
Chapter4 「 いいね!」の獲得
Chapter5 エンゲージメントの追求
Chapter6 苦情への対応
Chapter7 良い評判
Chapter8 信頼
Chapter9 正直さと透明性
Chapter10 質問の力
Chapter11 価値の提供

Part3 語るべき物語
Chapter12 物語を始めよう
Chapter13 物語の共有を促す
Chapter14 顧客体験

Part4 広告と物語
Chapter15 ソーシャルネットワーク広告
Chapter16 失敗を認める
Chapter17 興奮、驚き、喜び
Chapter18 売り込むな!
Chapter10 自分を責める

Part3 対策 正しく向き合う
Chapter11 幸福な選択

おわりに 好かれる存在になるために
付録編 ソーシャルメディア入門
 
◯著者紹介

デイブ・カーペン

ライカブル・メディア社の共同設立者兼CEO。
ライカブル・メディア社は、ソーシャルメディアとクチコミマーケティングの専門企業として輝かしい受賞歴を誇る。
さまざまなブランド、組織、行政機関、中小企業と共同で透明性、反応性、エンゲージ性、好ましさを高めるためのソーシャルメディアの活用に取り組んでいる。ビジネス誌『Inc.』による「最も急成長した米国民間企業500社」に名を連ねる。
ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコにオフィスを構える。
 
◯関連
●update!!【要注目】希少!書店では手に入らない本格ビジネス洋書一覧 by ダイレクト出版(2015.04.05現在(含マニアックス))~ダイレクトレスポンスマーケティング戦術の最高の道具箱~
http://blog.eitoki.com/201407/books/2738.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki


【ビジネス洋書超訳】最新・最強のWebマーケティングフォーミュラ(公式):PLF4.0を100万円や20万円でなく3700円で「熟知」する方法〜プロダクトローンチフォーミュラ


 

ザ・ローンチ〜世界一効率的に億万長者になる方法 著者:ジェフ・ウォーカー

今、ジェフ・ウォーカーのマーケティングフォーミュラを学ぼうとすると、安くても20数万円、普通、100万円ほどかかります。

なぜならば、ジェフ・ウォーカーは、ここ数年来、ウェブマーケティングの世界で、世界一の人気者と言っても過言ではないからです。

そんな最新のマーケティング・フォーミュラ(メソッド)をたった¥3770で学べるとしたらどうでしょう?
手にしないほうがおかしいとも言えますよね^_-

だから、貴方もぜひ!この本を手に入れて下さい
でもこれ和訳版は日本の本屋やAmazonでは買えませんσ(^_^;)
ダイレクト出版直販でのみ購入可能なのです。
現在、ダイレクト出版の数あるオンリーワンの優れたビジネス洋書の中でも売り上げナンバーワンのようです。

中味も読みやすいですし、
彼も最新のメソッドが略すこと無くすべて紹介されています。

この書籍、原版の題名は「Launch: An Internet Millionaire’s Secret Formula To Sell Almost Anything Online, Build A Business You Love, And Live The Life Of Your Dreams by Jeff Walker」で、出版日は「June 24, 2014」です。

ザ・ローンチ by ジェフ・ウォーカー:Launch by JeffWalker

Launch: An Internet Millionaire’s Secret Formula To Sell Almost Anything Online, Build A Business You Love, And Live The Life Of Your Dreams by Jeff Walker

 

ちょっと勉強している方なら、この本だけでも、100万円の講座と同等の効果を得られることでしょうね^_-

これ本当です。

「億のビジネスを生み出す技術」

あなたは「プロダクトローンチ」
という言葉を耳にしたことはありますか?

知ってる人もいれば
「なんのこっちゃ?」という人も
いるかも知れませんね。

プロダクトローンチというのは
インターネットを使って短期間で
爆発的に売上をあげるための販売手法です。

こう言うと「なんだか怪しい売り方かも」
と思ってしまうかもしれませんが、
実はそんなことはなく、

実は既存のインターネットの売り方に
ひと工夫、ふた工夫を凝らして、
「ある要素」を加えた方法に過ぎません。

アメリカではこの手法を使うことで
1日で1億円を売り上げることも
あまり珍しいことではなくなりました。

もちろん、日本でも1日に1億を
売り上げた会社はたくさんあります。

さて、今回の新刊はそんな
プロダクトローンチについて解説した本
「ザ・ローンチ」です。

この本はプロダクトローンチの開発者
ジェフ・ウォーカー氏がローンチのやり方
進め方について余すことなく記した一冊。

今まで、プロダクトローンチを学ぶには
ジェフの高額プログラムに参加するか
実践経験で学ぶしかなかったのですが、

今回はジェフが直々に本を書き下ろして
非常に安価にプロダクトローンチについて
学ぶことができるようになりました。

ですので、内容のほうも非常に実践的で
インターネット販売を考えているなら
まさに必携の書と言えます。

アメリカのAmazonでは発売早々ベストセラー。

400件以上のレビューが入り
平均点も4.5という大変評価の高い本です。

是非、チェックしてみて下さい。


http://s.eitoki.com/info/book_Launch_by_JW

興味深い話を
もう一つ紹介します。

「youtuberの悲劇」

あなたは次の二つの出来事について
どのような問題意識をもちますか?

2012年。

株式会社サイバーエージェントが
自社の展開するサービス、
『Ameba (アメーバ)』ブログの
商用利用を禁止にしました。

商用利用が禁止されたことで
当時アメブロを使ってビジネスを
していた多くのアフィリエイターが
強制退去を余儀なくされたのです。

そしてつい先日、2015年2月12日。

流行りのyoutuberの一人、
シバターさんという方のアカウントが
Googleによって突然停止されました。

もちろんその瞬間、
収入の柱にしていた
youtubeの広告収入はそこで
完全に絶たれてしまったのです。

この二つの出来事から
導き出せる一つの真理は

「プラットフォームを握られている
ビジネスは地盤が弱い」

という事です。

ブログや動画投稿サイトのように
プラットフォームが握られている環境に
頼ってビジネスを展開していると、

商用利用を突然禁止にされたり、
突然アカウントが停止されたり、
何か予期せぬトラブルが起きた時に
どう対処することもできません。

それは何もオンラインに限ったことではなく
会社におんぶにだっこになっている状態も
全く同じ状況だと言えます。

会社という一つのプラットフォームに
依存している限り、状況的には
ご紹介した二つの事例と
何ら変わらないのです。

では今の時代は、
プラットフォームに頼らずに
生きていくことは不可能なのでしょうか?

いいえ、決して不可能ではありません。

「見込み客や顧客の
Eメールリストを持つ」

たったそれだけで、多くの人は
システム的にも、社会的にも、
プラットフォームに頼らずに
生きることができます。

ではプラットフォームに
頼らない生き方とは
一体どのような生き方かというと、

たとえば、新居に引っ越す場合。

前の自宅を売却するまで
数か月かかるのに、その前に
新しい家を購入しなければならない。
頭金は700万円も必要。

こんな状況になったとしても
何一つ焦る必要がない、
そんな生き方なのです。

ちなみにこの話は、
実際に顧客のEメールリストを使って
個人で莫大な売り上げを上げる手法

「プロダクトローンチ」を生み出した
ジェフ・ウォーカー自身の話です。

実際ジェフはこのあと、
「プロダクトローンチ」を実践し、
1週間で10万6000ドルの収益をあげ
頭金をあっさりと用意してしまいました。

今回ご紹介する新刊本「ザ・ローンチ」は
その「プロダクトローンチ」について
ジェフ本人が書き下ろした、渾身の一冊です。

これからインターネットマーケティングに
取り組む方には間違いなく役立つ一冊ですので
この機会に是非、ご覧になってみてください。


http://s.eitoki.com/info/book_Launch_by_JW

 

◯概要


  • ザ・ローンチ〜世界一効率的に億万長者になる方法
    著者:ジェフ・ウォーカー
    本書の目的は、ビジネスを構築することである。しかも、あっという間にだ。すでにビジネスを手がけている人にとっても、起業したくてうずうずしている人にとっても、本書は飛躍するためのレシピとなる。
    アップル社やハリウッドの大手映画会社並みにローンチを放つ自分を思い浮かべることはできるだろうか。
    あるいは、自分の会社の商品発売を指折り数えて待つ見込み客を思い描いてみてもいい。
    競合他社をことごとく排し、市場で確固たる地位を築く自分の姿は?
    ビジネスや予算がごく小規模であっても、今挙げたことすべてを実現することは、あなたにも可能だ。
    なぜなら、そのためのプロセス、フォーミュラ(公式)というものが存在するからだ。

◯目次

CHAPTER0 飛躍のレシピ 企業を目指す人のための道しるべbr>
PART1
プロダクトローンチ・フォーミュラの基礎 インターネットでミリオネアになる秘密

CHAPTER1 運命のクリック 専業主夫がわずか7日で6ケタの売り上げを達成するまでの経緯
CHAPTER2 高収入の道 プロダクトローンチ・フォーミュラとは何か

PART2
プロダクトローンチ・フォーミュラの背景 オンラインで何でも売るための公式

CHAPTER3 リストがすべて 「お金を生む印刷機」Eメールリストの活用法
CHAPTER4 進化したセールスレター 「ごり押し」せずに売りまくるには
CHAPTER5 メンタルトリガー 絶大な影響力で私たちの行動を左右するもの

PART3
プロダクトローンチ・フォーミュラの構造 大好きなビジネスで起業して成功する

CHAPTER6 プリ・プリローンチ 下準備とプランニングによる威嚇射撃
CHAPTER7 魔法のプリローンチ 客の望みに的確に応えるには
CHAPTER8 いざ出発! プロダクトローンチ・フォーミュラの核心へ
CHAPTER9 ゼロからの出発 シードローンチTMでビジネスを立ち上げる方法
CHAPTER10 JVローンチ 1時間で100万ドルを可能にする秘密兵器
CHAPTER11 持続的に成長する 勝利の方程式「ビジネスローンチ・フォーミュラ」

PART4
進化するプロダクトローンチ・フォーミュラ 夢に生きる人生を切り開く

CHAPTER12 ビジネスの裏側 起業するなら、自分が楽しめるビジネスを
CHAPTER13 起業の心得 理想の暮らしを手に入れる分かれ目
CHAPTER14 本当のスタート 次はあなたの番だ

◯著者紹介

ジェフ・ウォーカー (Jeff Walker)
ジェフ・ウォーカーは、オンラインセールスをまさに一変させた人物だ。
その後は、起業家育成ならびにマーケティング指導を手がけ、世界トップの仲間入りを果たしている。

彼が「プロダクトローンチ・フォーミュラ」を世に広めるまでは、インターネット起業の世界で「プロダクトローンチ」を話題にする人間はなきに等しく、「1日で100万ドルを売り上げる」ことなど不可能だとされてきた。
しかし、現在は「プロダクトローンチ・フォーミュラ」後の世界であり、100万ドル(どころか数百万ドル)規模のローンチも日常茶飯事と化して、驚く人はもはやいないと言える。

ジェフが編み出した手法は、決して大物マーケターだけのものではない。
彼はこれまでに、数百種類ものニッチ業界におよぶ何千もの人々に指導を行ってきた。
そういった教え子らは、合計5億ドルを超える売り上げを叩き出している(その数字は日に日に大きくなる一方だ)。

ジェフは、コロラド州デュランゴの自宅で妻のメアリー、飼い犬ジェニーとともに、アウトドアスポーツ三昧の日々を送っている。
今でも、すでに独立した2人の子どもたちと一緒に激しいスポーツに興じているという(熱中しているのはスキーとマウンテンバイク)。

 

◯関連
●update!!【要注目】希少!書店では手に入らない本格ビジネス洋書一覧 by ダイレクト出版(2015.04.05現在(含マニアックス))~ダイレクトレスポンスマーケティング戦術の最高の道具箱~
http://blog.eitoki.com/201407/books/2738.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【書籍】一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術


 


改めて読んでみると、
自身のスモールビジネス(またはスモールビジネス化しての)起業家しての戦略を見直すのに最適の書でした(^_-)

◆「Book Yourself Solid 一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術〜独立開業で絶対に失敗しないための頭のいい仕組みの作り方」
↓ ↓ ↓
(詳細内容)⇒ http://s.eitoki.com/info/book_MichaelPort

●好きな仕事で成功し、 仕事もプライベートもまるごと楽しむ方法!

この本の中には、あなたのようなサービスのプロにとって「好きな仕事で起業し成功するための方法」がステップ・バイ・ステップで記されています。
それだけではなく、各章にワークシートがあるので「今、自分は何をすればいいのか?」という迷いがなくなり、一歩一歩確実に成功への階段を登っていけます。

内容を詳しく見てみると・・・


目次・章立て

FOREWORD 成功する人の技術と精神が学べる1冊 ティム・サンダース …001
AUTHOR’S NOTE あなたの選択は正しい …005
PREFACE 「予約でいっぱい」になる簡単ステップ …011

PART1 あなたの基盤

CHAPTER1 入場制限ポリシー

価値のない顧客は捨て去るべし …026
入場制限は、顧客がいなくてもやるべきか …028
顧客を切るのは、顧客にとってもいいこと …029
老人と少年とロバの教訓 …031
何を持っているかより、どんな人間か …032
永遠に続くプロセス―顧客リストの整理 …038

CHAPTER2 なぜ、あなたから買うのか

ステップ1:ターゲット市場を特定する …040
ステップ2:市場には差し迫ったニーズと、切実な望みが存在する …050
ステップ3:顧客が得られる最大の結果を決定する …052
ステップ4:投資対象としてふさわしいことを証明する …052
子供のように遊び、笑えばいい …057
クライアントはあなたの手助けを求めている …057

CHAPTER3 パーソナル・ブランドの構築

ブランディング―どんな存在として知られたいか …059
障害物を取り除かなければならない …062
“あなた”はただ1人の存在である …068
パーソナル・ブランドの3つの構成要素 071
“誰に何をするか”の主張 …071
“なぜそれをするか”の主張 …072
“キャッチフレーズ” …072
ローマは1日にしてならず …076

CHAPTER4 対話─仕事内容の伝え方

「対話」を構成する5つのパート …084
自然な「対話」をできるようにするには …090

PART2 信用と信頼の構築

CHAPTER5 自分を何者と位置付けるか

いかにして信頼を構築していくか …097
プロなら厳守しなければならないサービスの基準 …099
第一人者になること、地位を確立すること …101
「そう、あなたはやらなければならない!」 …102
どこから手をつけるべきか …103
自分をエキスパートと見なす …105
好かれやすさには、勝利に近づくパワーがある …107

CHAPTER6 営業サイクル

さりげない会話を信頼関係に替えていく …110
他人を友人に、友人を顧客に替える …111
人とのつながりを作る6つの重要なカギ …112
営業サイクルのプロセス …118
「招待される」のはみんな大好き …130
営業サイクルを活用し、顧客に無条件に尽くす …134

CHAPTER7 情報としての製品の力

あなたのサービスをパッケージ化する …136
製品を作るための5つのステップ …142
簡潔な3ステップで製品を発売する …148
トラフィックを集めるための事業協力 …153
ビジネスの発展に不可欠なステップ …155

PART3 簡潔な営業・完璧な価格設定

CHAPTER8 完璧な価格設定

貧困思考を受け入れない …161
完璧な価格設定モデル …162
いつ価格を下げるべきか …167
では、いつ価格を上げたらいいか …172
価格設定についての規制に注意せよ …175

CHAPTER9 簡潔なる営業

窮屈な考え方を解き放つ …177
解決策と利益の観点から営業プロセスを見る …178
営業会話が”うまくいかない”理由 …179
予約でいっぱいにするための中核システム …180
超シンプルな営業会話とは …181
営業のための4つの定型表現 …182
フォローアップする達人になる …183
典型的な営業と反対のことをやればいい …184

PART4 セルフ・プロモーション戦略

CHAPTER10 ネットワーキング戦略

あのうんざりする「ネットワーキング」とは大違い …193
豊かさと愛のネットワーキングにシフトする …194
ネットワーキング戦略のルール …196
ハートはあるか? …196
あなたが共有すべき”形のない資産” …197
ネットワーキングの機会 …208
ネットワーキング・イベントですべきこと …210
ネットワーキング・イベントでしてはいけないこと …214
ソーシャル・メディアの将来性 … 215
ネットワーキングし続けることが重要だ …217
大切なのは、個々のテクニックよりも原則である …217

CHAPTER11 ダイレクト・アウトリーチ戦略

ダイレクト・アウトリーチで心掛けるべきこと …222
つながりたいなら、相手のことを知らなければならない …233
運命の鎖の輪は一度に1つずつ扱われねばならない …237
“社会的知性”が成功を確実なものにする …238
関係を築くべき20人のリスト …240
新たな段階:主張する… 242
ダイレクト・アウトリーチ計画 …245
終始一貫してやり続ける …245

CHAPTER12 系統的な紹介戦略

過去の紹介を分析する …247
紹介の機会を見出す …248
紹介プロセスを始める …248

CHAPTER13 連絡を取り続ける戦略

そのコンテンツは潜在顧客にとって有益か …261
製品およびサービスのオファー …263
連絡を取り続けるためのツール …26…5
連絡を取り続ける戦略を自動化する 270

CHAPTER14 スピーチ戦略

スピーチ戦略におけるセルフ・プロモーション …275
他者によるプロモーション …279
あなたが接触する団体や組織の階層は …280
聴衆の見つけ方 …284
スピーチの機会を得る …285
プレゼンテーションの計画を立てる …291
メッセージを伝える …294
人前でスピーチをするのが得意でなかったら …296

CHAPTER15 ライティング戦略

書かないで済ませる方法もある …300
5つのライティング戦略 …301
編集者に力を貸す …319

CHAPTER16 ウェブ戦略

Section1 ウェブサイトをデザインする…324

ウェブサイトを持つ目的とメリット …324
オンライン上で犯す最大の間違いとは …326
コンテンツと組み立て―情報を分類する …327
ウェブサイトで戦略を活かすための基本 …329
サービスのプロにも有効な10のフォーマット … 332
ウェブ・デザイナーに期待できること …338

Section2 ウェブサイトに訪問者を呼ぶ…340

9つのウェブ・トラフィック戦略 …340
潜在顧客をリピーターにする2つの原則 …354

Section3 ソーシャル・メディア・ プラットフォームの構築…358

ソーシャル・メディア・サイトの活用法 …359
Facebook―最大・最強のプラットフォーム …360
LinkedIn―ビジネス上のつながりを強化する …371
Twitter―「いま」と「つながり」を生かせる場 …376
オンライン・ビデオ―知名度を高める強力な機会 …384
本気のソーシャル・メディア導入 …396

APPENDIX 最終的な考察…399

参考資料…403

などなど、もっとお客さんを集める方法、売上をアップさせる秘訣が盛りだくさんです。
刺激的でしょ!!??

この本を読み終わるころには、あなたは自分の商品を売る秘訣だけではなく、好きなお客さんだけに囲まれて、毎日職場に行くことがワクワクする、、将来の不安がなくなり、プライベートも最高に充実している、、という、起業当初に思い描いた理想の人生を手に入れる自信を持っていることでしょう。

もしあなたが、、、

どうすれば、お客さんをもっと集めることができるのか?
どうすれば、もっと値段を高く提示しても喜んで受け入れられるのか?
どうすれば、紹介客を増やすことができるのか?
どうすれば、キャリアがない駆け出しの状態でも、周りから尊敬される先生になれるのか?(そしてどうやって、高い報酬を楽に稼ぐことが可能になるのか?)

そのように考えているのなら、、まさにその答えがこの本にあります。

そしてこの方法を試した多くの起業家が、仕事やプライベートを自分の好きなようにコントロールする力を手に入れ、今では自分の好きな仕事で毎日充実感の溢れた人生をおくっています(^_-)

◆「Book Yourself Solid 一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術」
↓ ↓ ↓
(詳細内容)⇒ http://s.eitoki.com/info/book_MichaelPort

●著者
マイケル・ポート

マーケティングおよび営業をテーマに世界中の企業や業界団体に向けて講演を行い、最高の評価を受けているほか、小規模ビジネスを成功に導くため、示唆に富んだ協調的な、成果を重視したメンタリング・プログラムを提供している。

本書をはじめ、「Beyond Booked Solid」「The Contrarian Effect」「The Think Big Manifesto」といったベストセラーを持つ作家であり、「ボストン・グローブ」紙で「並はずれて正直な作家」、「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙からは「マーケティングの教祖」と称される。

また、テレビのパーソナリティーとしてケーブルテレビやキー局にレギュラー出演している。

 

2014-02-25 09:36 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=597599390308883&set=pcb.597602323641923&type=1&relevant_count=2

2014-02-25 09:47

「ITエンジニアリング起業」という考え方が新鮮で画期的(^_-)

http://apps.facebook.com/kabeuchi
kabeuchi(wall2note)が2014-03-02 13:26:37に作成


【必読】いいね!を集める技術〜超最新ソーシャルマーケティング情報〜


 
この本は最新の「ソーシャルマーケティング」における超秀逸本です。

●『いいね!を集める技術』〜クチコミ心理を紐解く「新」ソーシャルマーケティング〜 by ダン・S・ケネディ
http://s.eitoki.com/info/book_iine

2ヶ月ほど前に、会員の僕の手元には届き、今まさに熟読中です。
ようやく一般売り開始されました。
※とはいえ普通の本屋では売ってません

どうやってソーシャルを使って好感度をアップできるのか?その具体例が満載されてます。
もちろんそれにとどまらず、様々な戦略やルーチンを示してくれます。

詳しい内容は上記のリンクを確認して下さい。詳細な目次含め、詳細適確に内容が紹介されています。
※ここでは当たり前ですが、クリックだけで何も起きませんので(笑)

ソーシャルマーケや戦略に興味が無い・・・???だ・・・という人も、巻末の各有名ソーシャルメディアの「違い」を適確に解説した「入門」は必見!!

これはこの本のメインコンテンツでは決してありませんが、こういう確かな解説ってアリそうで世の中には皆無です。

また、
こういう方が非常に多いのですが、
貴方は、「自身の体験」だけ、「古い情報」だけで、以下のソーシャルメディアを「勝手に評価して」しまって諦めてませんか?

大きなソーシャルメディアの発案者たちが考えていることは、きっと貴方の頭を遥かに超えています。

ソーシャルメディアの進化は「今までの常識」ではまったく計れません。

一般的に認知されていること(皆が勝手に思っているだけで実情は結構違うってことも多々含まれますが)だけでも、昨日までは出来なかったはずの事、問題だと思われていたこと(報道されていたこと)が、今この瞬間にそうでなくなっている。って事が沢山です。

年、月、週、という今までの括りを超えて「日々」「その時その時」「その瞬間その瞬間」、どんどん日常茶飯時に変化が起きる世界です。

付録編:ソーシャルメディア入門〜改めて学ぶソーシャルネットワーク〜

Facebook:10億人の確かなネットワーク
Twitter:リアルタイムのエンゲージメント
YouTube:物語を伝えよう
Google+:Facebookとの大きな違い
Pinterest:コンテンツ集めに打ってつけ
Instagram:スマホがあれば凄腕の写真家になれる


ブログ:ブロガーは今や「メディア」そのもの

●『いいね!を集める技術』〜クチコミ心理を紐解く「新」ソーシャルマーケティング〜
http://s.eitoki.com/info/book_iine

 

いいね!を集める技術・表紙

いいね!を集める技術・表紙

いいね!を集める技術・裏表紙

いいね!を集める技術・裏表紙

いいね!を集める技術・著者紹介

いいね!を集める技術・著者紹介

いいね!を集める技術・中表紙

いいね!を集める技術・中表紙

付録編:ソーシャルメディア入門

付録編:ソーシャルメディア入門

付録編:ソーシャルメディア入門〜Facebook〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Facebook〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Facebookタイムライン〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Facebookタイムライン〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Twitter〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Twitter〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜YouTube〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜YouTube〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Google+〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Google+〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Pinterest〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Pinterest〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Instagram〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜Instagram〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜ブログ〜

付録編:ソーシャルメディア入門〜ブログ〜

なぜ、フェイスブックなどのSNSで
集客に悪戦苦闘するのでしょうか?

それはマーケティングする側がSNSの
本質をあまり理解していないからです。

実はソーシャルメディアというのは
全て友人同士が互いに共通の話題で
盛り上がるクチコミの場です。

ですので、自分達に興味のない投稿や
話題に関係のないウザい広告などは
無視されてしまう傾向があります。

逆に、共感を呼ぶような投稿は
いいね!を押したり、シェアしたりして
クチコミとなって拡散するのです。

そして、このソーシャルの特徴を
上手に利用できる人だけがSNSを
ビジネスに活かすことができるわけです。

では、ソーシャルメディアを使って
クチコミを起こすにはどうすばいいのか?

それを解き明かしたのがこの本
「いいね!を集める技術」です。

amazon.comのレビューは4.7で
ソーシャルの本質を分かりやすく
理解できるので非常にオススメの一冊です。

●『いいね!を集める技術』〜クチコミ心理を紐解く「新」ソーシャルマーケティング〜
http://s.eitoki.com/info/book_iine

それでは、この本の、詳細な目次をみて見ましょう!
ぞくぞくすることと思います^_-

-以下本書目次-

はじめに
ソーシャルメディア革命…001
―― 新時代の潮流に乗り遅れるな

アダムとイヴによるソーシャルメディアの始まり…003
ソーシャルメディア革命がもたらしたもの…005
カクテルパーティの世界で人気者になるには…008
声が大きい者が勝つという時代は終わった…009
ソーシャルメディアの可能性と限界…011
古いメディアもソーシャルになれる…012
魅力溢れるブランド形成のための18の戦略…013

PART1
ターゲティング

CHAPTER1 顧客の声を聞く
そして、聞くのを決してやめないこと

誰もが話を聞いてもらいたがっている…025
耳を傾けることで、あなたは何を得られるか…026
耳を傾けなかった場合の代償…030
聞くのを、最後までやめてはいけない…032

CHAPTER2 ターゲット
何億人の中から意中の相手を絞り込む

Facebookなら、お好みのままに絞り込める…042
LinkedInで最大効果を狙うなら、専門家に絞るといい…043
Twitterなら実際の発言でターゲティングできる…044
ターゲットについてどこまで理解できているか…047
B2Bターゲティングでは、ファンの数より中身が重要だ…050

CHAPTER3 消費者の視点
どの立脚点で、考え行動するか

顧客が本当に欲しいと思うものは何か…055
消費者が好きなものを知る…061
ブランドではなく、顧客にまつわることを重視する…062

PART2
エンゲージメント

CHAPTER4 「いいね!」の獲得
顧客をファンにすることから始まる

今や、「いいね!」はリンクより重要だ…072
では、どうやったら「いいね!」を獲得できるのか…073
長期的視点で大きなリターンを得る仕掛け…077
既存顧客をファンにすることから始めよう…080

CHAPTER5 エンゲージメントの追求
顧客と対話できる関係を作り出す

赤ん坊との一方的な会話には終止符を打とう…084
顧客とのリレーションシップを育てる…085
言うは易し、行うは難し…090
エンゲージメントが重要なのは、企業だけではない…091

CHAPTER6 苦情への対応
否定的なコメントにどう対応するか

否定的なコメントの受け止め方…097
顧客をクレーマーにしないための表と裏のレスポンス…100
クレーマーもサポーターへ替えられる…103
レスポンスには、嬉しい驚きを届けたい…105

CHAPTER7 良い評判
好意的なコメントには感謝で返す

「ありがとう」を伝えよう!…109
賛辞を広める絶好のチャンス…112
それで終わりではない。会話は永遠に続く…113
ブランドアンバサダーに活躍の場を与える…115

CHAPTER8 信頼
真正性を打ち出す

目指すは、ミュージカルではなく即興劇である…124
真正なインタラクションを図る…125
真正性が信頼を生み、ニセモノ臭さは不信を生む…128
ソーシャルネットワーク内で好かれる著名人の条件…131

CHAPTER9 正直さと透明性
情報開示は時代の要請である

求められるのは、可能な限りの正直さと透明性…137
どこまでオープンであればいいのか…142
行政こそ情報開示が求められる…143

CHAPTER10 質問の力
顧客との絆を深めるやりとりの仕方

あなたからたくさん質問する…148
高いエンゲージメントを生む投稿とは…152
クラウドソーシングがもたらす3つの力…153
質問がコミュニティを機能させる…155

CHAPTER11 価値の提供
無償で与えることに意味はあるか

無料で価値を提供することの意味…162
そのクーポンや割引は、価値ある申し出か…166

PART3
語るべき物語

CHAPTER12 物語を始めよう
人の心をつかむベストな形とは

大きなバズを巻き起こした結婚式のプロモーション…176
物語があなたの企業に命を吹き込む…178
写真、動画の共有が、みんな大好き…182
ぴんとこなければ新しい物語を作ろう…183
語るべき物語は、どんな企業にもある…185

CHAPTER13 物語の共有を促す
顧客をその気にさせるとっておきの方法

拡散速度と範囲が飛躍的にアップ…191
製品やサービスにクチコミの力を組み入れる…192
ソーシャルネットワーク自体の力で語らせる方法…193
熱狂的なファンを作る方法…194
認めることが物語のきっかけとなる…195

CHAPTER14 顧客体験
好かれる会社になろう

組織として「ソーシャルメディア」を使いこなすには…203
ウェブサイトとソーシャルメディアを可能な限り統合する…207
コンテンツ、製品、サービスが簡単に手に入る移動販売車となる…208
顧客サービスでは、好かれることが重要だ…209

PART4
広告と販売

CHAPTER15 ソーシャルネットワーク広告
ターゲットへの強固なインパクト

ズバリ狙いを定めるFacebook広告…215
その他のソーシャルネットワーク広告…222
ソーシャルネットワーク広告の生涯価値… 224

CHAPTER16 失敗を認める
ブランド価値を守る確かな方法

過ちを犯したらやらなければならないこと… 231
企業が謝罪の気持ちを表すための最善の方法…232
避けられない過ちにどう備えるか…232
ごめんで終わらせない…234

CHAPTER17 興奮、驚き、喜び
あなたが届け続けるべきもの

あなたは既にライバルに差をつけている…242
商品シェア―誰もが何かを得て、あなたはすべてを得る…247
機械に人間味を加える…248

CHAPTER18 売り込むな!
買いやすい仕組み、買ってしまう流れを作る

目指すはシンプルで簡単な仕組み…254
Facebookのセールスファネルにも販売は存在する…258
ソーシャルネットワークで在庫セールス…259
共同購入は、魅力的なインセンティブになる…261
Facebookの流れに購入機会を結びつけるには…262
1-800-Flowers.comを常勝に導いた先見性…263

おわりに
好かれる存在になるために…265

ソーシャルネットワーク活用のためのキー・ コンセプト…266
本書はこれで終わるが、あなたはここからが スタートだ…268

付録編

ソーシャルメディア入門
―改めて学ぶソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワークを最大限に活用したいなら…272
Facebook:10億人の確かなネットワーク…273
Twitter:リアルタイムのエンゲージメント…282
YouTube:物語を伝えよう…287
Google+:Facebookとの大きな違い…289
Pinterest:コンテンツ集めに打ってつけ…289
Instagram:スマホがあれば凄腕の写真家になれる…296
foursquare:顧客が今いる場所に到達する…297
LinkedIn:スペシャリストのネットワーク…300
Tumblr:凄まじいまでのシェアリング…302
ブログ:ブロガーは今や「メディア」そのもの…304
Flickr、MySpace、Yelp…ニッチにつながろう…308

-以上-

などなど、もっとソーシャルメディアで顧客に好かれて、反応をアップさせる秘訣が盛りだくさんです。この本を読み終わるころには、あなたは顧客から高い反応を生む投稿を書く秘訣だけではなく、ソーシャルメディアを活用して顧客と継続的につながる方法も知る事ができるでしょう。

●『いいね!を集める技術』〜クチコミ心理を紐解く「新」ソーシャルマーケティング〜
http://s.eitoki.com/info/book_iine

-書評-

なんと、常識はもはや常識ではない。
デイヴが手ほどきしてくれるのは(悲しくもありがたい)デジタルの世界で人間らしくある術だ

セス・ゴーディン(『「紫の牛」を売れ!』著者)

数あるソーシャルメディアでいかにして顧客とエンゲージメントを結び、ブランドの人気を確立していくか。
デイヴ・カーペインのインサイトと明白なハウツーは実にすばらしい

ジム・マッキャン(1-800-Flowers.com 創業者)

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー募集中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆YouTube Channel
●Now! featured!!
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/featured
●再生リスト
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/videos?view=1&flow=grid
●フィード
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/feed?filter=2&activity_view=1

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【希少】The Goal 2014 by 菅野一勢、中村司、石田健、高浜憲一 〜 数少ない『本物の』キャンペーン〜wall2note:2014-02-11


http://apps.facebook.com/kabeuchi
kabeuchi(wall2note)が2014-02-12 21:27:36に作成

2014-02-11 17:42 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=591248124277343&set=pcb.591254454276710&type=1&relevant_count=2

今日、一生モンの役立つ事実を知りました。
「authentic」という言葉
オーセンティックバーって言葉がすぐに思い浮かんだけど、

この言葉って、何かが偽物や複製されたものでないことを意味する言葉だそう。
つまり、それまで誰も考え付かなかったようなものがoriginalで、その後似たような製品が競って作られる中で、本物の製品として君臨しているものを「authentic」て語で表現するそう。

しょうもない方法や情報が蠢く今の日本の世の中で、多くの人が一瞬の「自分事」だけで動き、今後の継続や発展、確かな柱を作る事を考えてない。

でも「会社事」や「業界事」を超えて「世の中事」で考えないと、その産業は本物にならないし、発展もしない・・・絶対に。

そういう意味でこれはまさに『本物=authentic』のキャンペーン情報です。
しかもその中身は・・・・(@@)

●数少ない『本物の』キャンペーン
http://s.eitoki.com/info/veryfew_authentic_campaign2

自分は既に去年、まったくの負担無し大満足情報から始まり、「本編」を体験しました(^_-)
※たいていの無料は糞です^^;

貴方がどう感じようと、
どんな世界にも、怪しそうでも、珍しくても、「その他大勢の偽物」とまれに出会える『本物』があります。
逆によく知られた世界にも沢山の偽物や偽情報があります。

この方の独特の表現ー

“二兎を追うものは3億を得る”^^

ただし『本物』限定(^_-)
  
●数少ない『本物の』キャンペーン(別バージョン詳細紹介版)
※開いたらページ下部最後まで一度は必読!!
http://s.eitoki.com/info/veryfew_authentic_campaign
  

  

2014-02-11 20:53 http://nkbp.jp/1iJQBW2
東京は近い将来どう変わるのか?
興味深い。

●悲願の「マッカーサー道路」が起爆剤に:日経ビジネスオンライン
⇒ http://nkbp.jp/1iJQBW2

◯関連
●駅から変わる街(1)品川 車両基地跡を国際拠点に|日経BP社 ケンプラッツ
⇒ http://nkbp.jp/1cs2tHg

●東京五輪で変わる街(2)神宮外苑 「新国立」は再開発の序章|日経BP社 ケンプラッツ
⇒ http://nkbp.jp/1cs3Ky5

●Amazon.co.jp: 東京大改造マップ2020 (日経BPムック)
⇒ http://amzn.to/1cs42ot

2014-02-11 20:46
隣町の朝霞にあるこのログハウス風の完璧な電源カフェは、とっても居心地が良く、周りの目を気にすること無く集中できる。(^_-)
都心にあるカフェ・ミヤマとは同系列のルノアール系ですがコンセプトが違います。
最近ようやく2号店(大宮)、3号店(草加)ができたらしい。

●ミヤマ珈琲HP
⇒ http://bit.ly/13DbP1r

2014-02-11 20:02 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=594296220651279&set=a.106214496126123.14091.100002127200264&type=1
ふむふむ。
特にここいいねえ〜^^

-以下引用-

健康の知識、
品質の高い製品の情報、
世界中に広がる人脈(今後はSNSを通じてもっと世界が狭く早くつながると思います)、
を活用したら、ビジネスの可能性や将来性ははかり知れません。

ITやデジタルにできるだけ精通して、使いこなせるようになって、同じようにITスキルやデジタルスキルの高い人が、今後は一般的な所得の数倍、数十倍、数百倍を短時間で稼ぐようになると思います。

−以上−

-以下引用-

INFLUENCE
TRANSFORM
影響(力)
変化(変換)

SHIFT
シフト(転換)

そして、
具体的な代表的な技術の内容が下記のようなものです。

できるだけシンプルに最小限に専門用語を使わないで説明しました。
これらの記述がすぐ今の世の中の販売や経済活動に使われるわけではありませんが、数年後にはどの企業も個人もごく普通に使っていると思います。

中には既にもう日常化していて、多くの人が毎日使っているものもあります。

誰もまだ使っていない段階で個人で事業に応用すると凄いことになるとイメージできる人はまだまだ少数です。

今後は、これらの技術やこれから出てくる技術によって、仕事に革命的なことが起きる可能性が高いですが、技術が進歩すればするほど、『その技術の恩恵を受ける人』と、『全くついていけない人』との二極化が更に進んで、大きな『「格差」』ができることが予測されます。

-以上-

だから、こういう情報にも敏感に、即効に反応できないといけない時代です(^_-)

●数少ない『本物の』キャンペーン
⇒ http://s.eitoki.com/info/veryfew_authentic_campaign

完全にノーリスクですもんねえ^^;
だけど、大半の人は「危なくねえ?」と考える。

もっと捻(ヒネ)くれている人は「こいつからは情報受けねえ!」と自分の頭のなかだけで形成した基準で取捨選択します。
でも貴方が大したことねえ!と感じる人間や情報が、実は想像をはるかに超えて実は凄かった・・・(後悔)なんてことは日常茶飯時に起こってます。

ここに出てくるキーワードいくつ知ってますか?
理解してますか?
実行してるでしょうか?

これらがあなたに何をもたらす可能性が有るでしょうか?
考えたことが有るでしょうか?

▼WEARABLES TECHNOLOGY
▼CONNECTED HOMES
▼BITCOIN WALLET
▼RFID:Radio Frequency IDentification
▼COSTOMIZATION
▼SOCIAL INTEGRATION
▼FACIAL RECOGNITION
▼VIRTUAL REALITY
▼AUGMENTED REALITY
▼(IRT)INTERRACTIVE
▼SHOPKICK
▼iBEACON
▼KINETICS
▼VIRTUAL DRESSING ROOM
▼TRACKING
▼MATCHING

マスコミや、周りのその他大勢からもたらされる情報だけを頼りにしているようでは遅いし、正確に本質をつかめない可能性が大きいのです。

実はリスク無いものを「リスク有るんじゃねえ?」と真っ先に感じてしまう貴方は、「その他大勢」として埋もれてしまう人です。

変えましょう。今すぐ^^

偉そうですいませんm(__)m

でも自分が、出会って、独立して、連るみを変えて以来、3年や5年じゃない、もう17年間も検証してきた確かな事実なんですよ。

以下補足

-以下引用-

今はまだ一部だったり、限定的だったり、ごく一部の地域や会社しか使っていないことでも、使いこなす人が集団となり、そこに素晴らしい製品や行動と「情報に見合った報酬」が用意されていると、想像を絶することが起きる可能性があります。

健康の知識、
品質の高い製品の情報、
世界中に広がる人脈(今後はSNSを通じてもっと世界が狭く早くつながると思います)、
を活用したら、ビジネスの可能性や将来性ははかり知れません。

語学も映画の世界のようにスマートフォンで自動翻訳される日も近いと思います。
ITやデジタルにできるだけ精通して、使いこなせるようになって、同じようにITスキルやデジタルスキルの高い人が、今後は一般的な所得の数倍、数十倍、数百倍を短時間で稼ぐようになると思います。

-以上-

2014-02-11 09:07 https://www.facebook.com/sharethis
このツール、
こういうシェア系の小道具ツールが山ほどある中、動作の仕方が非常に優秀だと思った。

技術者としての「感」には自信あります。
テクニックとしての腕はそんなに敏腕ではないですが(^^;

●SahreThis公式サイト
⇒ http://www.sharethis.com/


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.