【レビュー】自分の人生を持つ by ドン・フェイラ氏〜どんな時代になろうが、原理原則や本質を知らないものに、このビジネスの本当の価値は決して解らない。享受不可能。


※お知らせ(転記):販売再開!!:2017.2.3の午前3時から15時半頃まで、Amazonにて、在庫の充填が間に合わず、販売ができなくなっておりました。同日17時現在、再開しております。失礼いたしました。m(_ _)mご迷惑おかけした方、またのご贔屓、ご注目をお持ちしております⇒ http://amzn.to/2jaF0rW

-以上、販売者より-

私が尊敬する、アメリカ・San Diego在住の、伝説的ネットワーカー、ドン・フェイラ氏の、著書で世界的ベストセラー(累積700万部を超えている)である「Own your Life(過去にThe Basics -> 45 Second Presentationと題名変遷)」の最新の内容である、最新2016年版が2016年11月末に、新装完全新訳日本語版(省略なし、日本での勝手構成変更なし)として発売され、公式HPが整い(サンプル読めます。)、Amazonで購入可能となりました。

累計700万部「ネットワークマーケティングの基本書」の2016年最新版翻訳完了!大幅パワーアップしてAmazonで販売開始
◉自分の人生を持つ〜人生を変える45秒プレゼン〜超一流!体験談掲載 (フェイラ財団シリーズ)
http://amzn.to/2jaF0rW

自分の人生を持つ表紙

書籍:自分の人生を持つ(Own Your Life 2016日本語版)表紙

じっくり読ませて頂いた僕自身のレビューです。

-以下-

「もう古い」という言葉はこの本には全く当てはまりません。

この書籍の原著は、30数年間で全世界で累積700万部以上の販売実績があるそうです。

今は最新の方式や目新しいものに目を奪われている方々が多いですが、ネットワークマーケティングを極めるということがどういうことなのか?この本を読めば「選択基準」から変わってしまう可能性が大です。

(もっと具体的には、今はインターネットビジネスや仮想通貨ビジネス等、新しいものに目を奪われている若者が多いですが、ネットワークマーケティングを極めるということがどういうことなのか?この本を読めば「選択基準」から変わってしまう可能性が大です。)

どんな時代になろうが、原理原則や本質を知らないものに、学ぼうとしないものに、このビジネスの本当の価値は解らないものです。よって利益も享受不可能です。
ようやくオリジナルの最新の内容が紹介されて嬉しく感じます。

付録とはとても言えない、私自身も内7名の方を存じ上げておる、まさに日本のネットワークマーケティング界の8名の伝説やスーパーと言える方の体験談の中身は熱いですね^_-
※この付録章だけでも、本体価格の10倍くらいの価値があります。

聞いていた知っている話が幾つか紹介されており、僕には感涙モノでした。
あとは、現代のスーパースターと呼べる方が取り上げられているのにも価値を感じます。

そもそもこの本は、
僕が知る限り、一般人がそんな原理原則や本質を知れる、日本で稀に見る書籍かもしれません。

特定の会社関係なくこの世界自体「ネットワークマーケティングの価値と可能性」の全般論的なものを非常にわかりやすくまとめた基本書的な内容になっています。

本書の中でも、「(真の)ネットワークマーケティングに関して、参加してない人の100%、参加している人でも90%が正しく理解できていません。」
という記述があるように、
日本の今のネットワーカーでこの原理原則を理解している人は非常に少ないと感じています。

「他(種類や手段)」と何が違うのか?が最初の数章で明確に触れられているのも特色ですね。

そして1996年の原版での創刊以来変わらない「ナプキンプレゼンテーション1~10」が、最新刊らしく、より詳しく原著そのままに、ネットワークマーケティングの本質を語ってくれてます。
そこに付加的説明の4章と、近年次々と原著に追加されていった興味深い章と付録章が続きます。

この本は日本でも15~20年ほど前に「2×2=6」の題名で業界内で(特にA社やN社内で活用されたと言われる)大ヒットした書籍です。
僕自身、今から17,8年ほど前の業界初心者の頃、この本を読んで、様々な疑問点がすごく腑に落ちた経験を持っていて、基本書として最高のものなのでは?と感じてきました。

だからこそ、最新の原著の内容が長年気になっていました。
なぜなら日本で「2×2=6改訂版」が出てから、10年以上が経っており、また各章の日本語訳(「2×2=6」)の内容と、原文の内容がかなり違うぞこれは・・・と僕は気づいていたからです。

とは言え、
2016年前後の現在日本の現場では、既に、この結構価値が高かった旧書籍(2×2=6)を知っている人は殆ど居ない感じでした。

非常に残念なことだと感じるとともに、この書籍の内容を知っていることは大きなアドバンテージでも有ったと言えるでしょう。

しかし、この新刊「自分の人生を持つ」によって、この種のアドバンテージは薄れていくのかもしれませんが、日本のネットワークマーケティングの現場が浄化されていくのなら、それも素晴らしいことだと感じます。

この「自分の人生を持つ」は原著名「Own Your Life」(書名は”The Basics”→”45 Second Presentation”と変遷したそう)の最新版・2016年版を原著のまま完全翻訳されている感じです。

この書籍が再び日本でも、会社を問わず、組織の方針を問わず、多くの新人さん、ベテランさんに読まれ、上から言われたままでなく、一人ひとりが意識レベルを上げ、自らより良いビジネスを追求していくようなフィールドになっていけば、ネットワークマーケティング(ネットワークビジネス、MLM)に対する一般のイメージもまた、どんどん変化をしていくことでしょう。^_-

そのくらいの「革命」とも言える状態を導けるほどの内容を持った書籍だと自分自身何度も熟読した結果、確信しています。

-以上-

◯注目(※サンプル等読めます)
自分の人生を持つ by ドン・フェイラ 2016日本語版・公式HP 〜 書籍「自分の人生を持つ」by ドン・フェイラ〜人生を変える45秒プレゼンテーション | ドン・フェイラによるネットワークマーケティング界の歴史的名著が10数年ぶりに大幅パワーアップして復活(MLM浄化プログラムPart1)
⇒ http://ownyourlife.faillafound.org/

自分の人生を持つ〜人生を変える45秒プレゼン〜超一流!体験談掲載 (フェイラ財団シリーズ)|Amazon
http://amzn.to/2jaF0rW

Don_and_Nancy_sakurai

自分の人生を持つ書籍実写


【戒め名言2】技能・基本、コミュニケーション・説得、そして、選択・変化・決意


 
Eitokiです。

ジムローンの名言集より忘れがちな最高に役立つものを紹介します。
以下3つの話含みます。

-以下一部引用-

【言葉】技能・基本

成功は魔法でも不思議でもない。成功は基本を終始一貫応用した時の自然の成り行きである。

人生のいかなる面においても、ほんのわずかな事がその面の80%に影響を与える。

もっと簡単だったらと嘆くより自身がもっと優れていたらと考えよ。
問題が多過ぎると不平を言うよりもっと自分に技能があったらと考えよ。
課題が多過ぎると嘆くよりもっと賢かったらと考えよ。

自分の欲求を表に出すよりも技能を表わすことを学べ。

成功とは毎日実行されるいくつか単純な規律の積み重ね以外の何ものでもない。
失敗とは毎日繰り返される小さな判断ミスの積み重ねである。
成功や失敗は我々の規律と判断が統合されて決定されるものである。

-引用終わり-

その2

これは「最重要級の基本」ですね。

-以下引用-

【言葉】コミュニケーション・説得

自分が知らないことは話せない。
自分が実感していないことを分かち合うことはできない。
持っていないものを伝えることはできない。
所有していなければ人に与えることはできない。

与え、共有し、有効に利用しるためにはまずそれらを身につける必要がある。
よいコミュニケーションは良き準備から始まる。
聞き手に「それで?」ではなく、「自分もそうだ!」と言わせることが効果的なコミュニケーションのゴールである。

効果的なコミュニケーションのためには簡潔であれ。
キリストは言った、「我に従え」と。
なんという簡潔さだろう!
彼はもはや言葉で説く必要のない存在であっためこれほど簡潔であり得たのだ。

-引用終わり-

その3

-以下引用-

【言葉】選択・変化・決意

「私にできることであればやるかもしれない」ではなく「私にできることならやります」と言おう。

人生の航路を決定するのは我々の哲学である。
航路を変更するにはまわりの環境を変えるのではなく、哲学を変える必要がある。

かつて私は「状況が変わってくれたらなあ」と言っていた。
しかし、やがて私は状況が変わるのは自分が変わったときだけであることに気づいた。

嫌悪と決意は変革をもたらす2つの大きな感情である。

自分自身を変革をもたらすのはインスピレーションか、さもなければ絶望からである。

今いるところが嫌なら動けばいい。
木ではないのだから動けるはずだ。

-引用終わり-

■ジム・ローン経歴

ジム・ローンは、1930年9月17日にアイダホの農場で生まれました。
1年目で大学を中退し、25歳くらいのときJohn Earl Shoaff氏のダイレクトセールスに携わったことが成功哲学を広めるきっかけになりました。
ジム・ローンは40年以上もセミナーを開催し、31歳のときにミリオネアになりました。
全世界で200万人以上に講演してきました。
1985年に「National Speakers Association CPAE Award」を受賞しています。
詳しくはこちら↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Jim_Rohn
算命学、バースデイサイエンス、素質論で言うと、888(チーター=Aタイプ)-555(トラ=Eタイプ)-888(チーター)
だそうです。

短期決戦型の行動が素早い人で、いろいろなことに興味がある人だったのではないか、そして、人と公平に接する人だったようですね。

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki


【戒め名言1】怠惰は流感、不平は浪費、謙遜は美徳、臆病は病、白己保身は貧困に


 
Eitokiです。

さて、私も肝に銘じるべき良い言葉を見つけました。
私もマイペースと言いながら、以下のような事はきちんと肝に免じています。

でも最近は油断も少々してるので、
以下の「怠慢は流感のように始まりやがて病に至る。」
を今この瞬間から重く受け止め、即より良い状態に改善し、継続していきたいと思います。
 
ジムローンの名言集より

-以下引用-

多くの人々が自分のほしいものを手に入れられない理由の1つは怠慢にある。
怠慢は流感のように始まりやがて病に至る。

我々は常に下へ引きずり降ろそうとする力との厳しい戦いを生涯に渡って続けなければならない。
ちょっと気を緩めると悲観という害虫と雑草が庭に忍び込み、価値あるものを根こそぎ持ち去っていってしまう。

不平を言って5分費やしたらそれはとめもなおさず5分間の浪費。
更に不平を言い続けるなら一門無しに至るのもさほど先のことではないだろう。
そして悔恨の砂塵に埋もれて明け暮れるのだ。

謙遜は美徳、臆病は病、、

白己保身は貧困につながる傾向がある。

-引用終わり-

■ジム・ローン経歴

ジム・ローンは、1930年9月17日にアイダホの農場で生まれました。
1年目で大学を中退し、25歳くらいのときJohn Earl Shoaff氏のダイレクトセールスに携わったことが成功哲学を広めるきっかけになりました。
ジム・ローンは40年以上もセミナーを開催し、31歳のときにミリオネアになりました。
全世界で200万人以上に講演してきました。
1985年に「National Speakers Association CPAE Award」を受賞しています。
詳しくはこちら↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Jim_Rohn
算命学、バースデイサイエンス、素質論で言うと、888(チーター=Aタイプ)-555(トラ=Eタイプ)-888(チーター)
だそうです。

短期決戦型の行動が素早い人で、いろいろなことに興味がある人だったのではないか、そして、人と公平に接する人だったようですね。

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki


【騒然】リチャード・ブランソン公開講座「起業家の羅針盤」【遺産】


 

もう聞き飽きてる方もいらっしゃるでしょうが、私からは、他では絶対に聞けない『オンリーワン』な付加情報を提供します。

リチャード・ブランソンに少しでも興味ある方は3/1金曜日いっぱいが「視聴権」ゲットの期限ですので、お急ぎ下さい!!
↓ ↓
http://s.eitoki.com/info/RBpre_nac

●概要

あと数日(3/4〜)で、非常に魅力的な公開講座『リチャード・ブランソンの「起業家の羅針盤」』本編の配信がスタートします。これを見るためには3/1までにここで最低限の個人情報を無料で登録済ませておいてくださいね。
もう二度とチャンスは有りませんので!!

起業家の羅針盤_preview
リチャードブランソン紹介1
リチャードブランソン紹介2

日本においても、ついに、
既存社会の概念が、非常識になりつつある時代において、新たしいメソッドを自分の中に入れておくことは非常に大事だと思います。

この公開講座、
オープンになってから、

3時間で『1200件』突破、
18時間で『3700件』を突破、
27時間で『5000件』突破、
2日を経たずして『6000件』突破

と多くの人が講座視聴に登録しているようですね。

登録率の下降がそんなに見られないようです。

まだって人はお忘れなく!!
意識高いのに、???って人は、以下熟読を!!
↓ ↓
http://s.eitoki.com/info/RBpre_nac

あと数日、今週金曜日一杯で「締め切」られちゃう可能性もありますよ〜〜!!
2月は短いからボーとに注意!!

個人的には「オンリーワン」の情報提供するのが毎回の信条です(^^)

●【講座詳細】My関連投稿
http://s.eitoki.com/info/fb_RBranson_compass2

この講座、まだまだこれから実際の講座が公開されていきます。
紹介側に回りたいって言う方は、こちらかから登録下さい。
上のページで見れるより約4倍の素晴らしいプレビュービデオが見れます。
いい「お小遣い稼ぎ」ができますよ。
↓ ↓
http://s.eitoki.com/info/RichardBranson_program

※最終日周辺はチャンス!ですね

RB_Affiliate

なお、
自分は普通にアフィリリンクも紹介しますが、
それは、ごくごく当たり前の近代的な社会活動と捉えているのと、
それは、それで稼ぐというより、貴重な「指針データになる」からです。

しかも、
全て「本当に価値あるもの(そう判断したもの)」しか紹介しませんので。

違和感ある方はスルーで(笑)

下記に、
色々貴重なkの講座の自分が調べた他にはない付加情報や
アフィリに否定的な味方に対して含め、注意書きなどを書いているので、最後まで一読願いたいのですが、

プレビュービデオ(下記参照)を見て、思ったことは、

この方は、色んな『愛』にあふれた方だなあ〜〜と感じました。
しかも虚像でない「ホンモノ」の

内容がいいのは当たり前ですが、かなり「深そう」ですよ〜
起業家講座を超えた人生論的な
※添付の写真も参照ね

以下のやり取り、痺れました〜

ジョー・ホリッシュ
「何かを作り出し、成功を収められる起業家とは?
何をもって言えるのでしょうか?」

リチャード・ブランソン
「まず、起業家になろうと試みるのではなく
人の生活に変化を与えよう
と試みるのが大切なんだ」

ジョー・ホリッシュ
「ヴァージン・グループに関して、
一番効果的に感じた もしくは常に活用している
ビジネスの原則のようなものはありますでしょうか?」

リチャード・ブランソン

「・
実は「原則」としては
あまり考えていないんだ

絵を描いているようなものなんだ
誰かの生活に変化をもたらそうとしているから
空白のキャンパスに―
どんなこまかなディテールも正確に描き
しっかりと隙間も埋めていく


他人の生活に影響を与えようと試みるのであれば、
どんな細かなことも正確に取り組まないといけない
そして、ともに取り組む人々が100%
その試みに賛同し、信じることも大切だ。


そして最終的には自分が影響を与えた人々の人生に
良い変化と利益をもたらすことが大切なんだ

・」

ヤニク・シルバー
「あなた自身がビジネスをスタートアップした際に
ぜひ知っておきたかった具体的な
アドバイスは何かありますか?」

リチャード・ブランソン
「定番の古いレコード盤のような
絶対的な鍵を教えよう

絶対的な鍵1

「いかに良い人付き合いをするか」だよ

心から人をケアできるかどうか
自分がやっていることに心から期待してくれてる人間を
自分の周りに置けるかどうか
人の良さを引き出すことができるかどうか
人を褒め称えることができるかどうか
批判せずに、
人々にやる気を起こすことができるかどうか
それらはすべてスタート初日からやるべきことなんだ

絶対に「私は」と個人名詞でいってはいけない
チームなんだから、「私たちは」と言うべきだ
自分中心にするのではなく 自分自身は
皆にとっての良いリーダーであるべきなんだ

・」

※インタビュアー情報は下記参照

こんな濃いやり取りや講座が次々見れるんでしょうね!!

===========================================
遂に公開!売上2兆円、従業員5万員の巨大帝国を率いる
英ヴァージングループ会長サー・リチャード・ブランソン
が教える、人の最高の能力を引き出し、偉大な結果を残す
本物のリーダーシップとは?

無料で学べる映像であなたもリチャードのビジネス哲学を
学んでいきませんか?

http://s.eitoki.com/info/RBpre_nac

わずか【12日間だけ】の公開です。

===========================================

上はプレビュー対談ビデオの内容ですが、
⇒ http://youtu.be/C_b0VJvMSOE

何度か紹介したヤニク・シルバーが絡んでいるみたい
緑色のシャツの男性がヤニクです。

なるほどね〜
こりゃ、面白そうだ

ヤニクは『世界ナンバーワンインターネットマーケッター』とも言われてる男だから。

●ヤニク・シルバーの紹介
http://s.eitoki.com/info/fb_yanik_1

●リチャード・ブランソン経歴

イギリスの起業家、実業家、資産家。
300社以上からなる英国の巨大企業ヴァージングループ創設者であり、ヴァージン・レコードを皮切りに数多くの会社を立ち上げる。
音楽事業、航空事業、携帯電話事業、飲料水事業、鉄道事業、映画関連事業、金融事業など幅広い事業分野に参入し、どの業界においても成功を収めている。
近年は飛行機による無着陸世界一周飛行や熱気球での太平洋や大西洋横断や世界一周飛行、民間宇宙旅行など、空の冒険へ積極的に参画し、特に1991年に行われた気球での太平洋横断チャレンジの際は、自らが搭乗者として乗り込むなど、他の大企業の経営者には決して見られないアグレッシブさを持つ。
2000年には、事業の成功による雇用創出と外貨獲得によるイギリス経済への貢献により、エリザベス2世女王より「ナイト」の称号を賜わる。また、ダイアナ妃など、イギリス王室との親交も多い。
過激な発想・発言と自由な生き方に共感し、世界中に数多くのファンを持つ。

●From WikiPedia
http://bit.ly/YcKUEt

●上記プレビュービデオ補足

リチャード・ブランソン氏と、
マーベリック・ビジネスア・ドベンチャー社の世界一のインターネットマーケッターといわれるヤニク・シルバー氏( ⇒ http://s.eitoki.com/info/fb_yanik_1 http://yaniksilver.com/)、
ピラニア・マーケティング社のジョー・ポリッシュ氏(参: http://www.joepolish.com/)、
リッチ・ハッピー&ホット社のマリー・フォルリオ氏(参: http://www.marieforleo.com/ )、
の4者による興味深い対談

※本編でもこの対談が継続される模様ですね。

アフィリエイトが怪しい〜?? 関わりたくねえ〜??
とか思っちゃっている方には、この現実のチェックオススメです。

●日本のAffiliateの歴史と統計(物販系)
http://s.eitoki.com/info/fb_jp_affili_timeline

↑ ↑ ↑
ただし、上のサイトで紹介されているアフィリエイト提供者の情報は主に物販系です。

1)A8.net
2)楽天アフィリエイト
3)バリューコマース
4)AMAZONアソシエイト
5)電脳卸
e.t.c.

でもアフィリエーターに人気なのは「情報系」のASPですよね

1)インフォトップ
がダントツですね


infotop

独自ASPではやっぱり
与沢さん絡みは注目ですね。

1)AFFIMA
2)FASアフィリエイトセンター

さて、戻りまして、

●この講座がオープンにされた背景

この講座、なんか怪しくねえ〜という人向けに
この講座の背景が説明されてましたので、紹介します。

-以下引用-

今回、サクセス・リソーシス社より依頼を受けまして、

「リチャード・ブランソン公開講座 ~起業家の羅針盤~」

及び、

「ナショナル・アチーバーズ・コングレス2013」の
ナビゲーターを務めさせていただくことになりました
鈴木章広(すずきあきひろ)と申します。

無料で提供される今回の公開講座は、
シンガポールに拠点を置くセミナー会社
サクセス・リソーシス社が主催する

「ナショナル・アチーバーズ・コングレス2013」

の一環として公開された講座です。

「ナショナル・アチーバーズ・コングレス2013」
(通称NAC)への参加は有料のセミナーとなりますが、
公開講座は【完全無料】でご参加いただけます。

ですから、どうか安心して、
講座を最後までお楽しみください。

ところで、

「NAC」とは、一体どのようなセミナーなのでしょうか?

NACは、今年2013年で19回目を迎える世界最大の
セミナーです。

NACでは、毎回8000人の参加者が世界中から集まり、
世界に名だたる講演者たちが講演を行います。

これまでの主な出演者は、

・不動産王 ドナルド・トランプ
・元イギリス首相 トニー・ブレア
・世界No.1コーチ アンソニー・ロビンズ
・「金持ち父さん貧乏父さん」 ロバート・キヨサキ
・元アメリカ大統領 ビル・クリントン

など、世界を代表するメンバーが名を連ねています。

そして、

今年の目玉はなんといっても、英ヴァージングループを
率いるサー・リチャード・ブランソンでしょう。

彼はグループ300社を持つヴァージングループ会長で、
売上高2兆円、従業員5万人の頂点に立つ人物です。

また、冒険家としても有名で、これまでの人生で何度も
生死の境をくぐり抜ける冒険を乗り越えてきました。

そんな彼に憧れる人は多く、イギリスを中心に世界中に
ファンがいて、ヴァージンで働きたいと考えている人も
本当にたくさんいます。

冒険家としても起業家としても人としても最高レベルの、
私たちが目標とするべき人物だと言えるでしょう。

そこで、

今回はサクセス・リソーシス社より許可を受けまして、
リチャードのストーリーを辿りながら成功法則が学べる

「リチャード・ブランソン公開講座 ~起業家の羅針盤~」

という講座を無料公開する運びとなりました。

この講座があなたにとって、成功への揺るぎない羅針盤に
なることは間違いないでしょう。

この公開講座は、NACの一環として公開されていきますが、
先ほども申しました通り、完全無料でご参加いただけます。

初参加するリチャードのことを少しでも知ってもらいたい、
リチャードから学びを得てほしいという純粋な気持ちから、
この講座を無料で公開する形を取りました。

『私の成功に秘密などひとつもない』

今後配信する映像でリチャードはこう語っていますが、

リチャードが言う通り、この講座は無料ではあっても、
彼の成功法則が余すところなく全て公開されています。

この講座はあなたにとって最高の体験になることでしょう。

ぜひ最後までご視聴いただければ幸いです。

では、

「リチャード・ブランソン公開講座 ~起業家の羅針盤~」

は3月4日(月)朝11時から開始いたします。

それまでもうしばらくお待ちください。

●Eitokiだけの+特別情報

リチャード・ブランソンって誰?って方はこれをどうぞ!(外部サイト)

●ヴァージン・グループ会長:サー・リチャード・ブランソン氏 インタビュー | 地球の歩き方ガイドブック
⇒ http://bit.ly/ZqtkBO

●リチャード・ブランソンの名言
⇒ http://bit.ly/YFfHsL

●リチャード・ブランソン [ヴァージングループ創業者]|世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編|
⇒ http://bit.ly/YFswTR

リチャード・ブランソンの書籍「ヴァージン流-世界を変える非常識な仕事術」
⇒ http://amzn.to/152LkBD
の最後に印象的な詩が掲載されてますので、シェアします。

もしも_
ラドヤード・キップリング

もしも、周りの人たちが一人残らず我を忘れ
非難を浴びせてきてもなお、自分を忘れていないでいられるなら
もしも、すべての人から疑いの目を向けられてもなお、自分を信じていられるなら
そしてその疑いの目にも我慢していられるなら

もしも、待てるなら、しかも待つことに耐えられるなら
あるいはウソをつかれてもなおウソというものにかかわらなければ
あるいは嫌われてもなお、相手を嫌いにならなければ
そして見栄を張らず、偉そうな口を利かなければ

もしも、夢を思い描き続け、しかもその夢にとらわれなければ
もしも、自分の頭で考え、しかも考えるために考えるようなまねをしなければ
もしも、輝かしい勝利と惨めな悲運の両方を経験し
しかも、どちらの虚構にも同じ姿勢で臨めるなら

もしも、自ら語った真実が、卑劣な者によって
愚か者を欺くために歪められて語られてもなお、耳をふさがずにいられるなら
はたまた、自分の自分の人生をかけたものが壊されるのを見てもなお
どこまでも耐えに耐え、自分の貫いてきた流儀でもとに戻せるなら

もしも、自分の勝ちという勝ちを
たった一度の”イチかバチか”の勝負に賭けられるなら
さらに、賭けに負けてもなお、最初からやり直せるなら
しかも、その負けに一切繰り言を吐かなければ

もしも、自分の気力、精神力、体力がすべて
とっくに枯渇していてもなお、いざというときに振り絞れるなら
はたまた、たったひとつ自分の中に残っている
鉄の意志からの「耐えろ」という声によって耐え続けられるなら

もしも、あまたの大衆と対話しながらもなお、自分の進むべき道を維持できるなら
あるいは、王侯貴族と会話しながらもなお、大衆的な感覚を持ち続けられるなら
もしも、敵からも愛する友人からも、傷つけられないなら
もしも、自分にとって誰もが大切と思いながらもなお、その思いに溺れないなら

もしも、長距離走の最後に待ち構える最後の地獄の一分を
全身全霊をかけた60秒間にできるなら

お前のものになるのはこの地球、そして地上にあるものすべて
そして何よりも、
わが息子よ、
それでこそお前は一人前の人間だ

IF…
Rudyard Kipling

IF you can keep your head when all about you
Are losing theirs and blaming it on you,
If you can trust yourself when all men doubt you,
But make allowance for their doubting too;
If you can wait and not be tired by waiting,
Or being lied about, don’t deal in lies,
Or being hated, don’t give way to hating,
And yet don’t look too good, nor talk too wise:

If you can dream – and not make dreams your master;
If you can think – and not make thoughts your aim;
If you can meet with Triumph and Disaster
And treat those two impostors just the same;
If you can bear to hear the truth you’ve spoken
Twisted by knaves to make a trap for fools,
Or watch the things you gave your life to, broken,
And stoop and build ‘em up with worn-out tools:

If you can make one heap of all your winnings
And risk it on one turn of pitch-and-toss,
And lose, and start again at your beginnings
And never breathe a word about your loss;
If you can force your heart and nerve and sinew
To serve your turn long after they are gone,
And so hold on when there is nothing in you
Except the Will which says to them: ‘Hold on!’

If you can talk with crowds and keep your virtue,
‘ Or walk with Kings – nor lose the common touch,
if neither foes nor loving friends can hurt you,
If all men count with you, but none too much;
If you can fill the unforgiving minute
With sixty seconds’ worth of distance run,
Yours is the Earth and everything that’s in it,
And – which is more – you’ll be a Man, my son!

●原文画像
http://bit.ly/152KVPC

講座トピック1

講座トピック6

講座トピック3

講座トピック4

講座トピック5

講座トピック2

起業家の羅針盤_preview3

起業家の羅針盤_preview2

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆YouTube Channel
●Now! featured!!
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/featured
●再生リスト
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/videos?view=1&flow=grid
●フィード
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/feed?filter=2&activity_view=1

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【極意】「私はできる!!」+「私はやるぞ!!」〜原全三郎「絶妙哲学―全てを可能にする絶妙人生の実現」より


 

原全三郎「絶妙哲学―全てを可能にする絶妙人生の実現」

 
Eitokiです。

前に読んだ原全三郎氏の「絶妙哲学―全てを可能にする絶妙人生の実現」という書籍(http://amzn.to/Xgbwb7)には、単純ながも、『成功の真理について』が書かれていました。

-以下引用-

成功するものと、失敗するものとの具体的な違いは、一方は私はできると考える事に対して、もう一方は、私はできないと考えるところにあります。

確かに成功するためには、自分は成功することができるということを知らなければなりません。これは大切なことです。
これは絶対に必要なことです。

ただ、ひと言注意しておくならば、あなたがなにかをすることができるということを考えることは、必ずしもあなたがそれを「やるぞ」と決意したことではないのです。

私はあなたがどんなことでもすることができると思っています。

だが、重大なことがあります。
できることに対して、あなたは「私はやるぞ!!」と決意しているだろうか?これが決定的な質問なのです。

わかりやすく説明すれば「私はできる!!」という自覚をもつことは。動機付ける力であって、いわば鉄砲に弾丸をこめることなのです。

「私はやるぞ!!」と決意することは、つまり引き金をひいて鉄砲の中の弾丸を発射する事なのです。

大事なことは、重大性とは、両方の力が必要なのであります。
そのどちらかがひとつでも欠けると、鉄砲は役に立たなくなってしまいます。

どんな人であろうとも「私はできる」「私はやるぞ!!」という決意をもちさえすれば、自分がたてた目標を達成するために必要なあらゆる答がでてくるものであります。


特に「やるぞ!!」という要因の方が重要なのです。
あなたの隠れた頭脳、心を動かすのが、ほかならないこの「やるぞ!!」という意志だからです。

-引用終わり-

原全三郎「絶妙哲学」第1章「夢を実現させる着想の極意」より

 
 
皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.