【秘伝】あなたの人生を大胆に変えるための六ヶ条。そして、心⇒行動⇒習慣・出会い⇒人格⇒運命⇒人生


 

Eitokiです。

何度か紹介したこれ、
独立して紹介してみたいと思います。

重要なので強調しておきますが、
ここで述べている「心」とはスピリチュアル的なもので満たされる心ではなく、社会情勢や自分の状況を、逃げずに冷静に解釈して(時には先人を素直に頼って)、どんなものに対しても具体的なもので対処してくことが出来るような「心構え」を形成するということです。

■あなたが大胆に変わるための六ヶ条

1.まるで違う服を着てみる。

2.自分らしく無いと思うことをする。

3.一週間ほど(普通の考え方をする)他人と口を利くのを止めてみる。

4.前から自分はやってみたかったが、他人からやめた方がいいと言われた事をする。

5.アフター5に同じ行動をとらない。
※何となく毎日同じ事をするのではなく、常に自分が何をしたいのかを考え行動する。

6.場違いだと思う場所に身をおく。

なぜこういうことを意識しなくては行けないのか?
詳しく知りたい方はこれを熟読してみてください(笑)
—————————————————————————————————-

Eitokiです。

これ昔、3ヶ月限定バイト中の日立の昼の三分間スピーチコーナーで喋ったら、辞める時色紙に13人から、あの話は面白かったです。もっとお話ししたかったです。
と言われたものです。

その場では反応無かったから、外したかな?まあ良いや。って思ったものなんですがね。

■有名な格言

心が変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣、出会いが変わる
習慣、出会いが変われば、人格が変わる
人格が変われば、運命が変わる
運命が変われば、人生が変わる

これを紐解いてみましょう。

昔ある方から聞いた「人生」を変えるためのちょっとしたコツをご紹介します。

何か自分の状況を大きく変えたいと思っている方は多いと思います。

私も六年前に強く大きく自分を変えたいと思いました。
下記を実践してみたらかなり大きく変わりました。

自分のビジネスを真剣にやることでこれらの大事さを自然に実感するはずです。

大きく自分の「人生」を変えるためには自分の「運命」を変えないといけないそうです。

「運命」は自分の日頃の生き様によって決まってしまいます。

ですから「運命」変えるためにはその前に「人格」が変わっていかないといけないそうです。

素晴らしい「人格」とは、口の利き方や、ちょっとしたことにすぐにムッとしないイライラしない。といった小さな事から礼儀や立ち振る舞い、品格なんかも関係します。
さらには人に良い影響を与える考え方なども含まれます。
「人格」を変える為にはその前に「習慣」や「行動」を変えていかないといけません。

「行動」が変わり広がると、自然と「習慣」が変わり、「出会い」も変わり、多種多様な考え方や価値観に出会いますから自分がどんどん磨かれます。

「行動」が変わるには、その前に「心」が変わらないといけません。

「心」が変わるには、心が踊っている状態になることが大事です。

一つの例ですが、「あなたはついてますか?」と聞かれ、「もちろん!」と答えられるあなたは合格です。

日々の出来事に「はー」とか「ふー」とか言っていても何も変わりませんよね。

そこで、このきっかけになるであろう六ヶ条を紹介します。

私も意識的に実践したら、大きく自分の状況がかわりましたよ!

—————————————————————————————————-

あとは、

人生が好転した後も、
寛容の心が大事。

他人を侮ったり、馬鹿にしたり、少しでも心の中に感じたあなたはその瞬間から堕落して行きます。

調子に乗り過ぎない事を常に心がけることですね。

気をつけましょう。

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
~全ての世代に届くネットワークを~
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Test運用中:公式ブログ
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki
メールアドレス:
utah.eitoki@facebook.com

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.