【体験談】エージェントって?:ヒトが見えるプロコンサルタント or 目先の数字しか見えない歯車サラリーマン


Eitokiです。

先日の体験談です。

IT業界において、
いわゆるエージェントと呼ばれる人間によくお会いすることがあります。

エージェント業って
いわゆる「マッチングビジネス」の種類の世界にいる人達です。

採用側と就業希望側
の要望や条件をマッチングさせ、
互いにWin:Winになるように紹介して成約し、
手数料をいただく
※毎月かなりの額を搾取している業者も多い^^; 利用する側は注視した方がいいです。

というビジネスモデルですね。

不動産仲介業なんかも同様ですね。
※ここも注視してないと、手数料を最初だけでなく、毎月何かと搾取していることも多い

便利屋さんなんかもそうですね。
※ここは手数料は基本的に一件一件の案件からのみ

世界的に有名だとされるようなエージェント会社も存在します。
そんな会社の中で働く方々はプライドの固まりかもしれません。
そんなプライドの高さが鼻につく方も結構居ます^^;

しかしながら、
そんな会社の中でも、プロとアマは区別できます。

通常企業に属するエージェントさんは
そんな「ビジネスモデル」の一歯車になっているに過ぎない方が大半ですが、
でも違いの出せるエージェントさんもいらっしゃいます。

その違いは何なんだろう?
とふと考えてみました。

以下が僕なりの結論と思い。

彼らは
特に若いうちは?、
数をこなすことが第一に要求されていると聞きます。

なぜでしょう?

おそらくそれは、
ビジネスモデル提供側(経営側、運営側)的には、成約率、利益率云々の前に、
まず件数をこなさせないと、一人ひとりからの利益拡大にも、確率向上に向かわないので、歯車にはまずは数をこなすことを要求するんでしょうね。

でも、
まあ、最初の数ヶ月はいいとして、
その要求に従い続けるだけなのはアマ^^;
そんなビジネスモデルの背景を知り(例えば、何が成約率を上げるのか?)、自身の違いを追求するのがプロ^_-
だと思います。

この種のエージェントって、本来は「コンサルタント」でなければならないと思います。
つまり、

『相手のニーズを的確に聞き取って、相手のニーズに合う提案ができ、相手に自分の価値を認識して貰える人』

のことです。

しかしながら、
今のエージェントってコンサルタントと言うより、サラリーマン根性しか見えないヒトが実に多い。

◯:ヒトが見えるコンサルタント
ではなく
✕:目先の数字しか見えないサラリーマン
※経営者的目線の数字ではなく、要求される目先の数字にのみね^^;

に成り下がっている。

それでいいのかな?
と感じました。

エージェント業

この世界はそういうもの、素人に何が解る!
という反論が速攻来そうですが^^;

少なくとも志高い僕は
そんなエージェントとは付き合いたくはない。

が結論です。

先日あった彼は、

今のエージェントは
数をこなすことで評価につながるんですよ。

と言っており
とにかく一番大事なのは数をこなすことなんだそうだ。

先日、友人から推奨もあり、こちらから電話してアポを取ってお会いした彼は
30代前半だろうか?

私は、彼にとってはミスマッチ人材だったような事情もあり、

自分は単発の腕の売り込み
あっちは社員になりたい方担当

だったんだが・・・
それはないだろ?という顔が最初からありありで・・・^^;
最初から失礼極まりない。。。

明らかに興味の無さそうな態度と顔つきが最初から丸見えなエージェンさんだった。
私にとっては。

最初から早く終わらせよう感じが満々だった。、、、ヾ(゚Д゚ )ォィォィ
私にはそう感じられた。

彼はそのつもりは無かったかもしれないが、
そこは若さゆえか(30数歳のようだが)甘いと思う。
丸見えだった。

私はここ10数年、
実に多くの人に、実に多彩な種類の人間と対面でお会いする機会を持たせて戴いてきたので、余計そう感じるのかもしれない。

凄く敏感なのだ。
過敏か?(笑)

多分。
でも先日僕がこう感じた感覚など、
ベテランでなくても、普通に感じる感覚なんじゃないかな?とも感じる。

相手にそう感じさせているようでは
本人は一人前のつもりでも、まだまだアマだ。

まあ、
時間を惜しむというのは、ある意味優秀なヒトなんだろう。

でも
私にはこの上なく失礼な若者にしか映らなかった。

本来
エージェントは「コンサルタント」であるべきだ。

コンサルタントとは、
相手の顔をきちんと見れる人の事を言うんだと思う。
もちろんそうでない自称コンサルタントさんの方が断然多い事は間違いないが^^;

本来、一人ひとりに親身になってコミュニケーションをすべきものだと認識している。

例え、
自分の(その時の)頭で、自分の範囲外だと判断しても
丁寧に親身になって対応すべきだし、

自分が本当にどうしても対応外(自分では対応不能)だと思うんだったら、
自分から見て一番役に立ちそうな人間を紹介するくらいするのが本当のプロだと思う。
※そういう協力し合える仲間がいるのもプロの腕の一つですね。

ましてや、自分の顧客からの紹介でやってくるヒトへの
対応はより丁寧にやるべきだろう。

少なくとも、
終わった後、時間がある時でいいから、
短いメールの一つもあってもいいと感じるのだが、
彼からは何もなかったねえ^^;

紹介や人のつながり、そこから生まれる信頼というものをどう捉えているんだろう????

そういう人間は、今の社内の評価がどうあれ、
実は「仕事が出来ない人間」だと僕には感じます。
いつも。

その一回では、自分に関係ないと思っても
人の関係って、どこでどう繋がるかわからないのだから。

興味のない人間はさっさと切り捨てて、次!次!の方が
もしかしたら一時的には目の前の実績数字は上がるかもしれないけど、

貴方の頭では想像もつかないような
劇的な展開や、信じられないつながりが
世の中には意外に多く潜んでいるものだからだ。

実は、
その時は自分に益は無くとも、
対面する一人ひとりには親身になるべきだ。
中途半端でなく「心底」ね。

「中途半端」は態度や顔に出ます。
ベテランには即バレます。

ましてや
自分に直接コンタクトをくれるような人には尚更親身になって時間を使うべきだ。

例え、その時は無駄な時間に思えても
実はそんな時間は無駄どころか、思わぬ価値を生むものだ。

結局はそういうやり方のほうが、
最終的に数字も上がるのだ。

間違いない。

少なくとも対人の仕事をしているなら、尚更だ。

何やっても周りからなかなか評価を得れない人間を一般人は未熟者と呼ぶが、
実は、

本当の未熟者とは、『自分を未熟者だと認識できない種類の人間たちのこと』を言うのだ。
●参考
【一億総コンサルタント時代の生き抜き法】
成功する「コンサルタント」とは何か?
⇒ http://blog.eitoki.com/201504/books/3310.html

ConsultantSuccess

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki


【ビジネス洋書超訳】コンサルタントをコンサルタントする著者によるコンサルタント起業成功の為の決定版


 

コンサルタント起業成功法則大全〜頭のいい顧客とお金の増やし方 著者:テッド・ニコラス

今、ほんと「コンサルタント」だらけですよね。

この本のこの一節、実に興味深かったです。(^^)

【一億総コンサルタント時代の生き抜き法】

ほんの少し前まで、コンサルタントといえば、一部のエリートの職業だった。しかし、いまやネット上にはたくさんの「自称コンサルタント」が存在する。

起業コンサルタント、話し方コンサルタント、自分を輝いてみせるコンサルタント、カラーコンサルタント、ダイエットコンサルタント……。「コーチ」「カウンセラー」などを名乗る人も含め、犬も歩けばコンサルタントにあたる時代だ。

それはなぜなのか?
その理由はいくつかあるが、最も大きいのはインターネットであろう。ブログやソーシャルメディアなどを活用することで、自分の専門や得意な分野についての考えを誰もが簡単に発表できるようになった。そこでほんの少し自分の考えを発表し、プロフィール欄に「◯◯コンサルタント」とか「◯◯コーチ」と書けば… (続)

この書籍、原版の題名は「Complete Guide to Consulting Success by Howard Shenson and Ted Nicholas」で、出版日は「Jan 1997」です。

ConsultantSuccess

テッド・ニコルスのコンサルタント起業成功法則大全:Complete Guide to Consulting Success by Howard Shenson and Ted Nicholas

 

■ある冴えないサラリーマンの決断

あなたは今の生活や将来に、
こんな不安を感じていませんか?

・来年には10%になるとも言われている消費税。
収入は増えないのに、税金ばかり増える一方で、
正直、この先食っていけるのか不安だ。

・子どもの教育費にはお金を惜しみたくない。
でも、本当に払っていけるのか、見当もつかない。

・年金は減りそうな感じがするし、
老後に必要な資金は数千万とも聞いているし、、、
そんな金額、貯蓄できる気がしない。

・仕事に追われ、自分の時間がとれないフラストレーション、
家族との時間がとれない罪悪感を日々感じている。

もし、あなたもこんな風に
思ったことがあるのなら、、、

この冴えないサラリーマンの話を
聞いてみてください。



その男は、マジメだけがとりえの
普通のサラリーマン。

年収は平均かそれ以下だし、
出世もしたことがない。

年々、手取り収入は減り続け、
子供の学費とか家族の生活費、
親の介護とかを考えると
お金の心配も尽きなかった。

与えられた仕事はそつなくこなし、
マジメな仕事ぶりだけで会社に
いられるようなもので、

いつ窓際に追いやられるかと
常に不安な日々を過ごしていた。

その一方で、
仕事で家族との時間が全然取れない、
子どもに対して父親らしいことを
満足にしてあげられていないことに対して、
罪悪感も感じていた、、、

そんな彼が、起業した。

彼が選んだ方法は、
事務所を借りる必要がなく、
設備投資をする必要もない。

それに従業員を雇う必要もないから、
起業にかかる経費もほとんど必要ない。

だから、サラリーマンを続けながら、
副業としてリスク無く、
準備を進めることができました。

そして、彼は、
子どもの成長を見守る時間を
自分の意思で作り出せるようになり、

収入を会社任せじゃなく、
自分の手で増やすことが
できるようになりました。

彼は言う。
「今、ホントに幸せだなって思います。」

彼が選んだその起業方法とは?

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3

■コンサルタント起業に興味がある人へ

「コンサルタント」という言葉を聞いて、
あなたはどんなことを連想しますか?

高収入、スマート、カッコいい、、、
そんなイメージを連想するかもしれません。

その半面、高い知識が必要、難しい、
優秀な人でないとできない、、、
そんな風にも思うかもしれません。

もし、あなたが、漠然と「コンサルタント」
という職業に興味・感心があるのなら、、、

この「コンサルタント起業成功法則大全」は、
コンサルタントについて基本的なことを
すべて教えてくれます。

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3_2

また、もしその後、コンサルタントして
起業を考えるようになった時、そして、
実際に起業準備に入った時には、

コンサルタントとして起業して成功するための、
具体的な方法・手順を教えてくれる本でもあります。

例えば、コンサルタントとして起業しよう
とするほとんどの人が頭を悩ませている
”価格設定”について、正しい設定方法を
教えてくれています。

つまり、この本は、コンサルタント起業
について、必要な知識を”体系的に学べる本”
でありながら、成功するための具体的な方法
を学べる”実践的な使える本”、でもあるわけです。

詳細はこちら

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3_2

■コンサルタントとして起業する方法

コンサルタントとして起業をする、
というのは、実は固定費が少なく、
利益率が高い起業方法です。

また、リスクも少ないので、
起業をする人の中には、
コンサルタントとして
起業する方もいるそうです。

実際に、セミナーにいくと、
「いまは会社員ですが、コンサルタントとして
起業しようと思っているんです」
という人もいるそうです。

でも、実際に起業をしようと思ったら、、、

  • 自分はどんなコンサルティング分野を選べばいいのだろう?
  • どうやってクライアントを見つければいいのだろう?
  • 料金はいくらにすればいいのだろう?

という疑問が出てきませんか?

それに答えているのが、
「コンサルタント起業成功法則大全」です。

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3_2

たとえば、、、

  • 自分に最適なコンサルティング分野を見つける方法
  • 開業するまでにやっておくべきこと
  • クライアントを見つけるための低コスト、もしくはコストのかからない11の手法
  • 料金の決め方、そしてその料金をきっちり徴収する方法
  • ・・

などなど

さらに、会社を解雇された人事部長が
どうやってコンサルタントとして独立し、利益を上げたのか?

コンピューターのハードウェアを専門とする平凡なコンサルタントが、
どのように大成功を収めたのか?

などなど18種類の事例も紹介されているそうです。

http://s.eitoki.com/info/book_TedNicholas3_2

 

◯概要

  • テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大全
    著者:テッド・ニコラス、北岡秀紀(監訳)
    これからまた消費税が上がるかもしれないし、年金も減るかもしれない。そして僕らも親の面倒をみる時が近づいている。子どもの教育にはお金を惜しみたくない。そしてお金だけでなく、これらに取り組む時間も必要になる。 だからもし、自分の得意なことや専門知識、それらを武器にして外部アドバイザーのように仕事をしたいと思ったなら、この本を読んでみて。次に何をすればいいか、わかるから。 コンサルタントの為のコンサルタントが唸る本がこれ。 コンサルタントとして成功するためには、何をすればいいのか?コンサルタントとして『成功する人』と『成功しない人』の違いとは?それを解説しているのが本書「コンサルタント起業成功法則大全」です。この本の著者はテッド・ニコラス。 彼のクライアントには、ダイレクトレスポンス広告界の巨人たちがクライアントとして名を連ねています。 たとえば、アメリカ及びイギリスで最大規模の自己啓発プログラム販売会社のナイチンゲールコナント社。 アゴラパブリッシングにマークジョイナー。他にも、世界的なホテルチェーンのマリオットコーポレション。 数々の企業が彼のクライアントになっています。一流は一流を選ぶ。 その彼がコンサルタントとして起業し、成功するための方法について語っています。

 

◯目次

第1部 コンサルタントを始める

01 コンサルティングというビジネス

コンサルタントへの需要が高まっている・・15
ユニークなコンサルタントという仕事・・16
成功するコンサルタント、生き残れないコンサルタント・・17
コンサルタントを成功へと駆り立てるもの・・18
誤解から生まれた3つの神話・・19
こうしてコンサルティング業への転身に成功した・・22
チャンスを運ぶのは、タスク指向かプロセス指向か・・23
競争を勝ち抜けるプレイヤーとは・・25
自分の縄張りを守るには・・26

02 コンサルタントを開業する

ビジネス・スキルなしには成功なし・・30
ビジネス・スキルの一覧表作りのすすめ・・31
開業時に検討すべき実務的な問題・・36
どの事業形態を選択するのか・・36
事業形態を再検討したくなったら・・42
必要な手助けをしてくれる専門家選び・・42
繁盛する会社にする社名の決め方・・47
優れたパンフレットを作成するには・・50
パンフレットにぜひ入れておきたい情報・・51
効果的なホームページを作るコツ・・59

03 どんな才能、スキルがあるか

スキルをリストアップする・・65
スキルを探す・・73
才能を探す・・76

第2部 コンサルティングの機会

04 コンサルティングの機会を見出す

コンサルティングが必要になる11の状況・・90
公的機関が必要とする場合・・110
助成金を探せ・・112
ニュースから機会を掘りおこす・・116
コンソーシアムー資金を持たないクライアントのための市場・・116
業界団体を設立する・・118

05 チャンスを利益に変える方法

プロセス指向で機会を狙う・・121
クライアントは何に対して金を払うのか?・・123
自分を売り込める人の2つの力・・124
クライアントがあなたを必要とする理由・・125
ニーズがなければ、クライアントを教育したらいい・・126
新たに教育された市場で機会を見つけ出す・・130
危険な兆候・・134
クライアントにノーと言う方法・・141
利害が対立するとき・・145
リソース不足の場合・・146
追加契約の機会を生かす・・147

第3部 マーケティング

06 費用をかけないマーケティング戦略

マーケティング・アプローチを計画する・・152
低コスト/ノーコストでやれる11の方法・・153

07 効果的なダイレクトマーケティングのテクニック

クライアントはどんな不安と懸念を抱いているか・・187
「無料お試し」というアプローチ・・190
無料お試しのプラン作り・・194
無料お試し終了後のフォロー・・204
無料お試しを生かす広告コピーとは・・205
レスポンスを得るための広告デザイン・・207
教科書には書かれていない「広告のルール」・・211

08 売り込むー顧客に合わせたアプローチ

プレゼンテーションを成功させる鍵・・216
未熟な顧客への対応・・218
売り込む技術・・220
正確に見立てる力・・225
提案書ー売り込みの重要ステップ・・239

第4部 コンサルタント契約

09 料金を設定する

最先端のサービスを求められている・・251
あなたの料金を提示する・・251
適切な請求額はどう決めればいいか・・252
あなたの1日の料金を計算する・・253
あなたの日給はいくらか・・254
コンサルタントが支払うべき2種類の経費・・255
利益の重要性が見過ごされている・・262
料金をきっちり徴収するには・・263

10 契約書ークライアントとの関係

適切な契約書の書式とは・・268
クライアント組織と良好な関係を結ぶ・・279
“無料奉仕”を回避する・・281
他のコンサルタントと仕事をするとき・・285

 

◯著者紹介

テッド・ニコラス

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター・コピーライター。
コンサルタントでもある。

世界的なホテルチェーンのマリオットコーポレーション、アメリカ及びイギリスで最大規模の自己啓発プログラム販売会社のナイチンゲールコナント社のほか、アゴラパブリッシング、マークジョイナーなどダイレクト・レスポンス広告界の巨人たちがクライアントとして名を連ねる。

その他にも、ラインハルド・ヒッチ博士によって創設されヨーロッパ前途で栄養製品の開発・販売を行っているグリーンパワー社、アマゾンハーブカンパニー、 ジョージタウン・パブリッシング・カンパニー、アメリカ国内最大手のスポーツサプリメント販売会社EAS(エクスペリメンタルアンドアプライドサイエンス)などなど数々の企業がクライアント。

また、17才からビジネスを始め、21才で始めた小さなキャンディー店を30店舗のフランチャイズ事業に発展させた後、出版ビジネスに参入。 書籍「50ドル未満、弁護士無しで会社を作る方法」をダイレクト・レスポンス広告の直販でミリオンセラーにするなどして、自分が作った広告で7,000億円以上を売上げた。

◯監訳者の紹介

北岡 秀紀

コンサルタントのコンサルタント
株式会社Trimtab Marketing 代表取締役、
ひみつきちJ株式会社 代表取締役

大学卒業後、レジャー施設を運営するベンチャー企業に入社。店舗スタッフから開始し、6ヶ月あまりでフランチャイズ店舗を経営指導する立場に。
時代はネットだ、ということで大手インターネット広告代理店に転職。テレアポして営業という泥臭い営業スタイルに耐えられず、たった1年でドロップアウト。
前々職の店舗ビジネスと前職のネットビジネスのノウハウを融合し、当時としては珍しいリアルもネットもわかるコンサルタントとして活躍するようになり、株式会社Trimtab Marketingを設立。

これまで約300以上のクライアントと接し、数々の店・中小企業・オンラインショップの売上改善を果たす。現在はもっと成果にこだわったビジネスに携わるため、LPO・レスポンス効率の向上を専門にしたコンサルティングサービスを提供している。

ストリート漫才で鍛えたベタベタの大阪弁で繰り出される説明は、1段ずつ階段を登るようで誰にでも納得できて面白いと評判で、セミナーは口コミだけで満席が続く。

現在、自身のノウハウを受け継ぐコンサルタントを育てるプログラムを主催しており、一人あたりの参加費は350万円(超高額にも関わらず、申込が殺到。参加希望者の77%以上を断っている)。

 

◯関連
●update!!【要注目】希少!書店では手に入らない本格ビジネス洋書一覧 by ダイレクト出版(2015.04.05現在(含マニアックス))~ダイレクトレスポンスマーケティング戦術の最高の道具箱~
http://blog.eitoki.com/201407/books/2738.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆My tsū(スー)※完全紹介制
https://www.tsu.co/eitoki2014

◆My Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆My Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆My google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.