【参考】仏教に学ぶ生きる意味:No.884【「業界」と夫婦と反問】


 

Eitokiです。

ちょうどいい内容のメルマガが流れて来ました。
余計な事ですが。

今回、第三者という立場から、ビジネスのやりとりで、互いに「私は私は」という主張をしていて、互いに噛み合ってないなあ。。。。というケースを見受けました。

イライラが募るってケースの場合、
大抵人は自分が可愛いですから(特に自信家さんや勘違い君)、「自分に落ち度はない。相手が可笑しいんだ」と考えがちです。

でも、大抵自分側にも落ち度が有ります。
それどころか、自分側がちょっとした事に氣づいて上げられないばかりに一生もんの損をする事さえあります。

そういうケースも最近見受けました。

自分のポリシーも大事ですが、
『相手の立場に立って、思いやる気持ち、そして、それをきちんと表現する。
とっても大事なことです。』

一方向の考え方やポリシーからのみ、現象を見ていては、必ず見誤ります。

なかなか出来る人はいません。
特に「若い(その分野やそういったケースに経験薄い)」うちは。

「思いやりある資本主義」って言葉知ってますか?

一見ドライな関係で成り立っている「資本主義」社会。でも、そこに相反すると思われがち(ドライにいかないと付け込まれかねないと普通の人は考えがち)な「思いやりの気持ち」を持ち込む事で、実は万事上手くいく。って考え方です。

興味があれば、こんどご紹介しますよ(笑)

偉そうながら(^^;

ビジネスの関係でもこういうのは成り立つと思うのですよ。

-以下参考(引用)-

【今日の仏語】は『業界』です。

●参考
三業(さんごう)

身・口・意の三つで起こす「業」(ごう)のこと(仏教用語)

=============

■夫が会社で辛いことがあって、

ふさぎこんで家に帰ってきます。

「男は外に出たら七人の敵がいると思え」

とあるように

会社ではいつも戦っています。

ノルマもあれば、派閥もある。

会社の部署でも足を引っ張ろうと讒言する者もいれば、

露骨に無能扱いする上司もいる。

「あ~、いい加減辞めたい!」

投げ出したくもなりますが、

家族の顔を思うと勝手な真似は許されない、

とがんばっています。

家に帰っても

「どうせこんな苦しみ、妻に言ったところでわかってもらえるはずはない」

とわかっていますから、

「メシ、フロ、ネル」で布団にもぐりこむ。

■奥さんも奥さんで、

姑とのことで悩んでいる。

姑の心無い言葉に

「なんでこんなこと言われなきゃならないのか。」

頭の中にその言葉がグルグルして、

憤りで胸が詰まり、

どうにも収まりがつかない。

夫にしか言える人はありませんから、

話を聞いてもらいたいとずっと待っていたのに、

夫がすぐ寝てしまうのにやりきれない気持ちになる。

「私のことなんか、ちっともわかってくれない!」

心が叫ぶ。

■夫は夫で、

「妻なんかおれの気持ちを分かってくれない」

妻は妻で、

「夫は私の気持ちなんか分かってくれない」

お互いに悩んでいます。

お互いが「わかってくれない。わかってくれない。」

と恨んでいます。

■そんな場合、己自身にこう反問してみたらどうでしょう。

「わかってくれないと苛立っているその相手の苦しみを、

自分自身は果たしてどれだけわかってあげられているだろう?」

「いや、わかってあげようとどこまで努めているだろうか?」

そう自問すると

「自分も相手の苦しみをわかってあげられていないなぁ。」

と反省します。

「そもそもあの人に苦しみなんかあるんかい。」

程度に思っているのですから。

当然、「なんとかわかってあげたい。」

と悩んでもいない。

それでいて自分だけが、

「わかってくれない、冷たい人だ」

と罵ったり、責めているのは

あまりにムシがよすぎる話でないか・・

「わかってくれない」ことには過敏でも

「わかってあげる」ことには鈍感なのが人間の実態です。

「わかってくれない」

の不平の心をちょっとづつでも

「わかってあげよう」

と努める心に変えていったら

人生は大きく変わり始めます。

————————

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
~全ての世代に届くネットワークを~
by Eitoki
でした。
=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。

◆Test運用中:公式ブログ(同一URLで携帯対応済)
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

 


【感謝】そうか!これは「愛」だったんだね。


 

やっぱり、そうか!

これは「愛」だったんだねえ。て解った出来事が最近有りました。

愛情は別に男女に限らないですが、非常に解りにくい物ですね(笑)

無償で何かを一生懸命親身になってやってくれる人がもし貴方の周りにいたら、それは貴方が気付いていない「愛」が存在しているのかもしれません。

そこに存在しても、貴方が疑ったら、真の愛は得られません。

僕の場合はフッター最後にも書いてあるように、ひとつ意識しているのは、携わっている「業界愛」です。

まだ参入していない人が勘違いしてたら、真実を一生懸命諭したくなりますし、どこの組織のだれであろうが、この世界に失望して去って行く人、距離を置く人を見る事が一番残念な事です。

例え、自分が口を出す立場に無くても、口に出したくなります。だってそのままほおっておいたら、彼や彼女の認識はそのままですから。

100%勘違いに過ぎないのに。

認識不足に過ぎないのに。

勉強不足に過ぎないのに。

選択ミスであるに過ぎないのに。

視野が狭い判断しか出来ていないだけなのに。

本当に貴方が変りたいと思って「本当に有効な手段」を探していないだけなのに。

貴方は幸せになれる手段は数多あれど、同等以上に仲間も豊かに幸せにしてあげられる方法って発想が無いだけなのに。

残念です。

「真の本物の世界的な(仕掛人評価でなくって(^^; 第三者評価が必須)」は絶対にそうはなる(勘違い認識によって形成されているあらゆるネガ)筈がない世界ですからね。

例えどんなに成功しても、ずーと関わって行きたくなる世界の筈です。

私は、一社洗脳系ではなく、事業の一つの大きな柱だと認識してますが、
このビジネスは普通の人が参加でき、唯一「事業家」が「事業家」を次々生み出せる世界(しかも選択する会社や組織によっては世界中に)であるって点が気に入っています。

僕の場合は単なる手段だと言う認識はありません。
確かに手段なんですが、そこに「ドライさ」が共存していてはダメだと思いますね。

私は、
自信満々の厚かましい人間よりも、不安を素直に表に出すけど、コツコツと努力する人が好きです。

もちろん、一見、
差別無く対応可能です。
でも+αが違って来ます。

簡単に経験豊かな人を甘く見ない事です。
自分がこの人はこうだ。と思っても、その方は貴方が想像もできない方向や広さから、その状況が見えているかもしれません。
きっとその通りになって行くでしょう。

ただし、これ(think different.)が実際ですから、
自分の思った通りに進み、新しい世界を創造して行けば良いと思います。
【座銘】think different.
http://blog.eitoki.com/?p=24

でも、
このジョブズも後に、愛を知り命の大事さを知りました。

変態性は持ちながらも(笑)、誰からも好かれる人間性を身につけておいた方が得ですよね。
特にこのビジネス。

どうあれ、その時点で貴方の本性を見えない人で固めれば良い訳ですが、
見える人は沢山います。
いずれバレます。

ビジネスポリシーと人間性は別だと思います。

ビジネスポリシーに拘るあまり、勘違いして、人間性が変な方向に変わって行く人が時にいます。
おかしな事です。

例えば、
個人事より組織事として動く事が大事だと私が絶大に信頼するこの世界の成功者(業界のリーダーたちの師事する存在)は教えてますが、

僕は、比べる物でなく共存すべきものだと思いますが、組織事より、繋がる個一人一人を大事にする、気配り心配りの方がより大事だと思ってます。もっと言えば「思いやり」。

自分は、例え組織事であろうが、自分と繋がる大事な個を犠牲にする事はしません。

それは、組織と言えど、一般社会の従業員の組織と独立事業主の組織の本来は少々違うと思うから。

このビジネスの原点はひとりひとりへの分けへつらい無い「思いやり」だから。

「思いやり」って何でしょう?

今これがある人は本当に少なくなっていると思います。
自分自身(つまらんエゴやプライド)や自分の組織の結果にしか興味が無い人が世の中増えています。

ちなみに僕は、自分の組織だろうが、サイドラインであろうが、知ってる他ネット組織であろうが、普通のサラリーマン、普通の起業家、スーパースターであろうが、接するスタイルは変わりません。

まあ、時にバカをみますが、
それもご愛敬。

ただし、
上記成功者さんからは、たまに「脇が甘いんですよ〜」と指摘されますが。(^^;

組織のトップとしてそういう視点を持たないといけないのは理解してます。
ただし、それと思いやりは共存できると思ってます。

これは自分のポリシーです。

我々の周り(和僑、その他)にもそういう方は沢山いると思います。

でも改めて考えてみると良いと思いますが、皆さん、何かに拘る、縛られるあまり、大事な一人を失っていませんか?

私も完璧ではありません。

皆さんからも、常にMLMの組織のトップとしてのあり方を学ばせてもらってます。

感謝。

●参考
【現場】「思いやり」がある「資本主義」
http://blog.eitoki.com/201105/capitalism/20.html

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版)
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【現場】思いやりのある「資本主義」


 

これまた
最近、現場で体験した事なんだけど、

ある人間に失望した。
「口ほどにも(器が)無いんだなあ」と。

一般的な話なんだけど、

自分の哲学に反する事があると、その人がどうなろうと、一切手を貸さないという人間がいる。

そんな人が経営者なら、それは立派な心意気なのかもしれないけど、僕は大いに違うと思う。

自信満々の若者に多い傾向だなあ。

でも、そういう行動に出る人間って言うのは、表ではどんなカッコいいこと言っていても。実は余裕が無いんだろうね。

どんなビジネス理論や戦略よりも、大事なことがあると思う。

それは「思いやり」や「情(愛情含む)」。
これらをサッラッとできる人間はカッコいい。
そう言う人間は見せないけどね。

そんな甘ちゃんなことやってたら殺ラれる。
と多くの起業家や経営者が思っているのだろう。
特に若者ね。

最近、資本主義の崩壊とか言われているけど、自信満々の人間ほど、そんな状況は関係ない!俺は登って行くぜ!って思っている。

でもそんな人々の99%(100%と言って良い)がそのうち、大いなる失望に出会うことになる。
本当に心繋がる同士がそれじゃあ出来ないでしょ。

現在の資本主義は可笑しくなってしまったのか、思いやりや情のない人間がとり増えたような気がするなあ。

自分と自分の周りしか見えていない。
自分の結果や哲学にしか興味が無い。
それに反するなら、相手がどうなろうと、相手の状況など関係なく、思いやりや情をしまい込む。

それじゃ、ダメでしょ。

それでは、本当に人と人と双方向では繋がれないよ。

勝たせたり、守ったりすれば人は取りあえずついて来るかもしれないけど、それだけでは薄いと思うね。

「思いやりある資本主義」的な発想が出来る人間こそが本当に登って行くんだと思う。

それ相応の思いやりに満ちた「人生経験」も絶対に必要だよなあ。

これを最初に提唱したのが、MLM業界最王手企業アムウェイ・コーポレーションの創業者「リッチ・デヴォス」氏だが、氏はまさにこれに値する「Compassionate Capitalism」という題の本を書いてるね。

ちなみに私はアムウェイ関係者や回し者ではありません(笑)
素晴らしいものは素晴らしい。

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版)
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.