【貴重】アップル(Apple)のカスタマー(テクニカル)サポートとジーニャスバー(GENIUS BAR)の違い



【Apple】Mac(Macintosh)OSXの系譜を知ってますか?


 

NEXTSTEP 93'

NEXTSTEP 93′

 

MacOSX Mountain Lion 2012

MacOSX Mountain Lion 2012

Eitokiです。

さてさて、長い勝手なコラム。

最近は、たまーーーに嫌なこともあるが、基本的に僕は毎日ご機嫌だ。
2年ほど前から、そんな僕に毎日の楽しみが増えた(笑)

あまりに美しいあの娘(MacBookPro)が新たに私のメインマシンになっていつもそばにいるかから(笑)
今ではもう2年以上になった。

最近、あちこち「病気」を発症するが、親身になって「治療」してしまう自分がいる。

気持ち悪い?

いやいや見ればわかるって!

あまりに美しい外観!!

すばらしいスタイル!!

あまりに美しいフォルム!!

使いやすい手足!!

その名は、『Mac(Macintosh)』

マクドナルド(McDonald)じゃないよ。
もちろん、マニアックなハイエンドオーディオのMcIntoshでもない(笑)
※ちなみに関係ないが私はMcIntoshも大好きだ。

不景気でも絶好調のアップル社のMac
アップルといえば、最近は、iPodiPhoneiPadが有名だが、アップルの元祖は何といってもMacMacOSX

この創始者のスティーブ・ジョブズは私が最も尊敬する起業家。
彼が作り出す作品は、ホット!シンプル!ディープ!なんだよな。

ほかの誰もできないものを作り上げる能力は昔から巧みで、最近はそれを継続的な世界的な流行にする術にも非常に長けている。

昔もう10年以上前になるけど、彼がアップルを追放されて作った会社NeXT社の作品NEXTSTEPを見たときの感動ったらあらしなかった。

かなりしょぼかったWindows3.xやMS的には画期的とされた(^^;Windows95と同時期にすでに遥かに超洗練された外見を持ち、完成されていた。
美しさだけでなくOS全体がオブジェクト(部品)の集まりで(元祖オブジェクト指向言語smalltalkに強い影響を受けたobjective-c言語で構成)、非常に優秀な内容をもった、ジョブズの居ないアップル本体含め、どこも目指して成し遂げられなかった唯一無比のオブジェクト指向OSと呼ばれる完成形を成すものだった。

ハイパーに優れた内部オブジェクト構造と先進のGUIツールにより、開発効率は10倍上がるとプロ達を唸らせた。
その後完成したオブジェクト指向言語Javaにも大きな影響を与えた。

専門家は、
この開発環境はその他の環境の5倍から10倍効率が高いと評した。

実は、最初のWWW(Browserで閲覧するWorld Wide Webの仕組み)のプログラムはこの環境で使われた。

実は今のiPhoneやiPadのアプリはこの当時とほぼそのまま同じ環境で開発されている。

僕もこのころ、フェアでNeXTの開発環境のデモを見たんだけど、その洗練されたデモには魅了された。
そんな先進の、唯一無比の、完成形が今のMacOSXの原型である。
原型といっても、当時の内部構造と開発環境は、あまりに完成度が高く今もほぼそのまま残されている。

でも当時、商業的には失敗した。

しかし、


その後、


今、商業的にも大成功した(今現在)。
この大成功は、ジョブズにはあまりに感慨深かったことだろう。

でもこんな先進のシステムがかなりしょぼかったWindows95や3.1(93年)の数年前(最初のリリースは89〜)に出来ていたのか!と思うとビックリする。

ちなみに今のMacOSXはこの時完成したNEXTSTEPの基盤アキーテクチャーをそのまま引き継いでいる。
基盤の部分はほぼ変わらないはずだ。
いかにこの時のアーキテクチャーが先進的で完成度が高かったのかを物語っている。

やっぱり人間は妥協したら駄目なんだよね!
こんなものを創りあげた、創らせたジョブズは天才でタダモンではない。
もちろん側近にとてつもなく優秀な技術者集団がいるんだろうけど。

これは一切妥協をしないジョブスの完璧主義の賜物なんだろうけど、人間は常に遥か遠くに思えるような極みを目指さないと真の能力は発揮できないんだよね!!

当時の僕の感動がどんなもんだったかというと!
使えもしないのに、当時、10万以上するOSと30万以上する開発環境を衝動買いすることになったくらい。
しかも三度も(笑)
当時これをIntel PCにインストールするだけでも一筋縄では行かなかったから、その後、なんとか使いこなせるようにかなり色んなことを勉強する羽目になった。 

今のMacOSXはそのNEXTSTEPが元になっているし、それどころか、基本アーキテクチャーはほぼそのままだと認識している。
当時そんなに高かった開発環境(今はその全体をXcodeと呼んでいる。)も今や無償でダウンロードできてしまう。

iPhoneが世界的にヒットしたこともあり、MacOSXでのアプリ開発が最近かなり流行っているそう。
ちなみにiPhoneやiPadのOS(今はiOSと呼ぶ)もMacOSXのサブセット。

開発環境も、むかし僕が買ったあれとほぼ同一(言語はマニアックながらもシンプルでパワフルなObjective-C、ツールは部品を線と線で結んで組み立てていくInterface-Builderとね。ProjectBuilderはXCodeとして発展した)だ。

Macのインテル化と、何と言ってもiPhoneのSDKがMac版のみ公開されたことで、今になってObjective-C、Interface-Builderを学ぶ人が急増しているのも感慨深いものがある。

本来Macを買うつもりはなかったんだけど、そういえばMacもあったなあーーと覗いたら、そのあまりの美しさに一目惚れ。

こんなに一目で惚れたのはNEXTSTEP以来。

まあ直系だからね。

操作性も抜群!アイコンやOSの美しいたら!
でも僕が出会った93年当時のNextstepも相当美しいよなあ!!

それに比べたら、猿真似のWindows VistaやWindows7はあまりにださい。
最近出たWindows8も自分にとってはダサダサだ。
大人の超いい女と、中学生のガキ(小娘)くらい違う。

二つを見比べて後者を選択する人はいないんじゃないかな?
そのくらい圧倒的な差があると思う。

価格もWindowsの同性能パソコンに比べたら安い!

ちなみに、
普通にインターネットやメールをするなら、今はやりのミニPC、ネットブックで十分なんだけど、2年前、当時自宅のPCも6年目で調子がずーと悪く、メインマシン代わりにもなれるレベルを求めていた。
・DVD編集もでき
・画像の編集もでき
・HP制作もできるレベルを保つ
必要がある。

そうすると、結構高性能のPCになってしまい、Windowsでまあ満足しかけたのが、ダントツで評判も人気も高いという、パナソニックのレッツノート

しかし、高い!
うちの地元で台数限定特別版でイーモバイル入りで、12万弱。ヨドバシでは普通に15万オーバー!(当時ね)

一方、MacBookはイーモバイル付きで何と6万代!(当時ね。今はMacBook Proのみになった)CPUやメモリーの性能も同等レベル、DVD書き込みも標準でできる!そしてあまりにデザインが美しい!OSのインターフェースもNEXTSTEP以来の伝統で圧倒的に美しい!!

そして!決定打は今はMacでWindowsも動きますよ!という店員さんの声。
そういえば、Macは今はIntel CPUで動くんだった。

購入時に白地のMacBookの横に、さらに美しいアルミボディーで画面も周りを黒で囲み、美しいガラスで覆われたモデルを発見!

これどう違うんですか?と聞いたら詳しく違いを教えてくれた。
何と基本性能はほとんどかわらないという。
ん~~~
と迷ったが、やはり、より良いものを見てしまったら後戻りできない。
13インチMacBookPro!しかも上位モデル!(メモリ4MB、ディスクは240GB=当時。今は750GB〜1TBが普通になった(笑))

ついでにオリジナル名刺や武器を作るのにかかせないCanonの最新のプリンタも購入し、合計するとレッツノートとかわらなくなってしまったが、得たものはあまりに大きい!

てことで、以来、毎日Macを使ってます。(笑)
もう二年半以上になるなあ。

ちなみにWindowsくんもMac上で同時に動かしています。
まるで画面上はWindowsマシンのようにも変身可能です。
ちなみに7ではなくサクサク動くXPで十分。
※その後仮想環境のVMwareの仮想マシンが崩壊してしまったが。。。。

◆参考◆:歴史を振り返り、知れ!!

■NeXT
http://ja.wikipedia.org/wiki/NeXT

■NEXTSTEP
http://ja.wikipedia.org/wiki/NEXTSTEP

■OPENSTEP
http://ja.wikipedia.org/wiki/OPENSTEP

■MacOSX
http://ja.wikipedia.org/wiki/Mac_OS_X

■MacOSX Server
http://ja.wikipedia.org/wiki/Mac_OS_X_Server

■Macintosh
http://ja.wikipedia.org/wiki/Macintosh

■Microsoft Windows 3.x
http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows3.1

■Windows 9x系
http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_9x系

■Windows NT系
http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_NT系

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


up【メモ】カンブリア宮殿:原田 泳幸(はらだ えいこう)氏〜日本マクドナルドCEO


 

カンブリア宮殿「原田泳幸」その1

昨夜のカンブリア宮殿はこの

8年で日本マクドナルドを劇的にアップされたCEO原田 泳幸(はらだ・えいこう)氏が特集されてました。
地に落ちたマックを劇的に復活させた男。

この方は、元アップルジャパンを再生させ、アップル本社の副社長を努めた人だそうで、8年前当時「マックからマックへ」と話題になったそうだ。
奥様はシンガーソングライターの谷村有美なんだって。

カンブリア宮殿HP:2012.3.22原田泳幸

ポイントは

・美味しくし

・100円マックを復活し(おいしくなったマックをまず体験してもらう)

・付加価値高い商品を投入し、メニューの平均価格をだんだん上げ(計6回)→期待値を上回れば高いとは感じない

・「業績」を高める(「業績」が無いとどんな素晴らしい事も正しいとは言えない)

「業績」が回復してから、

・新外部戦略(新規顧客を常に開拓すること:コーヒーを追加、24時間デリバリ、クーポン作戦、ドライブスルー改革:注文2カ所、会計$商品渡し別々、等々)

・新内部戦略(クルー教育:満足度Up:クルーコンテスト、OTタイム導入等で自己実現度を高める)

・店舗閉鎖(433店)、新型店舗(:5つのイメージ)、直営7割→FC7割へ導入、等

『発想は大胆、実行は超慎重』

うーーん、非常に参考になりました。

テレビも馬鹿にならないよねえ。

●参考
Wikipedia原田泳幸
イー・ウーマン 「佐々木かをり対談 win-win」

-以下追加-

カンブリア宮殿「原田泳幸」その2
Q&A

●なぜ?ぶれないのか?

やっていることが好きですか?
外的要因のせいにしない?

新規顧客を開拓する為に何かしてますか?
顧客満足度を上げるのに何かしてますか?
この2点さえ考えていればアイデアは浮かぶ筈

●職人集団の悩み

売上げがupしない。
どう新しい柱を立てるべきか?

一般的な顧客を対象とした部門を導入しても良いけど、どこでもできるお客をお招きして、底辺を広げ、差別化部門に興味を持ってもらうような経営をすべき。
だれでもできる一般的な部門をメインにしては決していけない。

●物作り現場の悩み

変革のスピードの速さに追いついて行くには?

できそうなことを考えていてもアイデアは浮かばない。
できなさそうなことを考えていれば新しいアイデアが浮かぶ。

人材育成に関して、
育つのを待っては行けない。
ポテンシャルがあれば、やった事無い事をやらせる。
それが唯一の人材育成のコツ。

その他

座右の銘はない。
スティーブ・ジョブズには絶対に座右の銘はないですよ。

「スティーブ・ジョブズ」が好きではない。
「スティーブ・ジョブズの○○」が好きなら言える。

原田は日本ではアウトサイダーだと言われるが、
グローバルな視点で見れば、ごくごくオーソドックスな考え方の持ち主。

社長は「職位」ではなく『職種』である。

「プロフェッショナルな経営者」ならば。
日本には少ないが。

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版)
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


【伝説】これは激ヤバい!!〜「The History of Jobs & Apple 1976~20XX」


 

ヤバいムック本が出た。

「The History of Jobs & Apple 1976~20XX」

ヤバい。

人生観が変わるかも。

Appleは最近ついに時価総額全米No1に押し上がったそうですが、ジョブズの人生、アップルの業績は何度もどん底を味わっています。

しかし、その度に、ジョブズは他の誰もなし得ないレベルの革新を成し遂げて来ました。

僕はジョブズがアップルを追われ作ったNeXT時代の仕事が大好きです。

今のMacOSX、IPhone OS、iPad OS(iOS)の原型です。
この事実を知ってましたか?

ジョブズはマルチタスクOSで頓挫していたアップルに急遽売り込みに入り、ほぼ95%決まりと言われていたBe社を抑えてNeXTの技術NEXTSTEP(その後Rhapsody->MacOSX)採用を大逆転で奪い取りました。

NEXTSTEP(NeXTマシンのOS)は1988年の時点で既に驚愕の技術的完成度(内部〜完全オブジェクト設計と開発環境〜 も外部〜先進的なユーザーインターフェース〜 も)を誇りました。商業的には大失敗でしたが。
それが今のアップルの想像を超える成功により陽の目を見ています。

自分的にも93年頃見たNEXTSTEPに感動を覚えた経験がありながら、商業的に大失敗した状況が悲しかっただけに、今のAppleの成功を支えるMacOSX、そのサブセットのIPad OS、iPhone OSが陽の目を見ている事に感慨深いものがあります。

NEXTSTEPの画面その1

NEXTSTEPの画面その2

今のAppleの成功は、ジョブズのカリスマ性やマーケティング戦略、革新性だと言われていますが、他社とは一線を画する考え方や拘りと共に、実はこの相当に進んでいる技術的背景が有る事に氣付けている人はほとんどいません。

現在MacOSXはさらにどんどん進化を続けてますね。
http://www.apple.com/jp/macosx/

MacOSX Tiger

 

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡2)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡3)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡4)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡5)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡6)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡7)

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Test運用中:公式ブログ
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki
メールアドレス:
utah.eitoki@facebook.com

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

 


Up2【超教訓】Appleの「肝」:「connecting the dots(点をつなぐ)」〜真の『創造』とは?


 

 

Eitokiです。

先日、私が目を見張った凄いムック本が発売されました。「The History of Jobs:Apple 1976~20XX〜スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡」
早速、手に入れて読んでいます。

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡2)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡目次1)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡目次2)

ここの最初に以下のような記述が有りました。

世界を変えた波瀾万丈の物語
時代を生み続ける、ジョブズとアップル10の奇蹟

  1. “パーソナルコンピュータ”を誕生させた〜「AppleⅡ」
  2. 直感的で解りやすい“GUI”を標準にした〜「Macintosh」
  3. WWWとフル3DCGアニメを世に送り出した〜「NeXT(NEXTSTEP)」&「Pixar(ピクサー)」
  4. “デザイン”がいかに重要かを証明した〜「iMac」※Apple復活の第一歩
  5. “UNIX+GUI”の強力な組み合わせを実現した〜「Mac OS X (NEXTSTEP継承)」
  6. “音楽”の楽しみ方を根本から変えてしまった〜「iPod」&「iTunes Store」
  7. スマートフォンの標準を確立した〜「iPhone」
  8. 誰もが使える魔法のタブレットを発明した〜「iPad」
  9. クリエーターが個人で活躍できる時代を切り開いた〜「AppStore」
  10. アップルの変革はさらに続く〜「Lion(->MountainLion)」&「iOS(6)」&「iCloud」

どれも興味深い記事ですが、自分が注目したのが5.です。

ここにはこんな事が書いてあります。

先日私がこう書いた答えの一つがここにあります。
今のAppleの成功は、(中略)実はこの相当に進んでいる『技術的背景が有る』事に氣付けている人はほとんどいません。」

皆さんも。きちんと『確固たる「技術」』を身につけましょう。
まともな「テク」もなく自分を大きく見せる行為を繰り返しても、何を夢見ても、「本当に中身のあること」は何も成し遂げられないし、誰も幸せには出来ないですから。

-以下引用-

ジョブズは、スタンフォード大学の卒業祝賀講演の冒頭で「connecting the dots(点をつなぐ)」という話をした。
今、自分がやっていることが、将来どう繋がっていくか分らなくても、将来、点が繋がることを信じて進むことが大切だという話である。

ジョブズがアップルを解雇された後、あきらめずに開発を続けたNEXTSTEP(→OPENSTEP:Intel版含む、そしてアプリケーションサーバーのWebObjects)。

それは、
UNIXというオープンで堅牢なOS(元はMachカーネルとBSD系UNIXに、実は当時、IBMやMicrosoft、ジョブズの居ないApple等々様々なオブジェクト指向プロジェクトが頓挫する中、唯一完成した完全オブジェクト指向のアプリケーション層を組み上げた)
と、
ジョブズがアップルで培ったGUI(研究者対象を一般ユーザー向けに徹底追求した→Macintosh)

最強の組み合わせ(見えないところも+見えるところも)だった。(その、先進で、完全に唯一無比で、美しく、開発効率が高い、土台はデベロッパー向けのRhapsodyを経て、現在のMacOSXやiOSに継承)

こうして、直感的でわかりやすい上に、堅牢で、スケーラブルなOSが完成した。

このスケーラブルというのは、スケールの大小に関わらず、きちんと動作するという意味で、今最も重要なキーワードの一つである。
※IT界では、理想ばかり追求してまともに動作しないものが多数 開発されてきている。

アップルがiPhone、iPadからMac、そして、Apple Store、iTunes Store、App StoreにiBookstoreといったサーバーアプリケーションまで、全部自社で開発できるのは、NeXT時代に、そうした理想的なOSおよび開発環境を追求し続けていたからである。

まさに点と点が繋がったのである。

-引用終わり-

 
 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com
http://mlmblog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.