【流行】脳科学マーケティング(ニューロマーケティング)


 
日々の「仕事」でなく、自分の「ビジネス」を発展させるには、「テク」よりも「自分の情熱」や「生き様」が重要だと思うけど、時には「テク」を学び、様々な世界で受け継がれてきた(+モダン対応な)「原理原則」を学び直すことも重要だよな。
 
●脳科学マーケティング 100の心理技術
http://s.eitoki.com/info/book_Brainfluence
 
特に昨今のスモールメディア隆盛の時代こそね。
そんな「テク」や「原理原則」が身につく貴重な書籍体験しました。
「Brain Fluence」体験してみてください。
 
補足:
この本の原題は
Brainfluence: 100 Ways to Persuade and Convince Consumers with Neuromarketing by Roger Dooley (Nov 22, 2011)
「脳魔力:ニューロマーケティング(脳科学マーケティング)で顧客たちを促し、納得させる為の100の方法」
って感じの原題で、
今マーケティング界で結構話題の「ニューロマーケティング」分野の良書ですね。

以下引用ですが、
この目次の言葉だけ見ていても、意識高い人にはビンビンくるでしょうね(^_-)

〇〇「マーケティング」と命名されている世界にいるのに、まったく「マーケティング」をしていない方々があまりに多いのはなぜでしょうね?
  
-目次引用-

はじめに なぜ今脳科学マーケティングか …2
謝辞 …16
001 顧客の潜在意識に訴える …17

Chapter 1
価格が脳に与える影響
002 セットで販売する …22
003 定額料金を設定する …25
004 価格をハッキリ見せる …28
005 お値打ち感を出す …32
006 高級品は値下げしてはいけない …39
007 キリのいい数字は入れない …43
008 おとりの商品を用意する …46
009 二番手商品を売り込む …52
010 選択肢をむやみに増やさない …55

Chapter 2
五感を刺激して売り込む
011 五感を刺激するブランドをつくる …60
012 嗅覚を刺激して売る …63
013 特別感を演出する …70
014 心地よくなるBGMを流す …73
015 ブランドに合ったテーマ曲をつくる …75
016 においを記憶させる …79
017 香りつきの商品をつくる …81
018 使いやすい容器で提供する …84

Chapter 3
脳が喜ぶブランディング
019 ブランドメッセージを発信する …90
020 広告で露出を増やす …94
021 ファンを社員として雇用する …101
022 共通の敵をつくる …104

Chapter 4
紙媒体と脳の相性がいい理由
023 脳を活性化させる紙媒体を利用する …113
024 臨場感あふれる写真を使う …116
025 紙媒体は重く厚くする …119
026 シンプルな書体を使う …121
027 高級品は知的さをアピールする …124
028 ときには複雑な表現を用いる …127

Chapter 5
脳が喜ぶ写真の使い方
029 広告には赤ちゃんの写真を入れる …130
030 モデルの目線は商品に合わせる …132
031 美人モデルを起用する …134
032 セクシーな広告をつくる …137
033 写真入りダイレクトメールを送る …141

Chapter 6
顧客の脳の信頼を勝ち取る
034「 もしも買わなかったら」と問いかける …144
035 メンバーズカードで顧客を囲い込む …148
036 優良顧客には特典をつける …153
037 顧客の話をトコトン聞く …156
038 キラー・フレーズを持つ …160
039 商品を無料でお試ししてもらう …162

Chapter 7
脳が喜ぶ接客スキル
040 雑談のスキルを磨く …166
041 必ず2回握手する …169
042 顧客には右側から話しかける …173
043 いつも笑顔を絶やさない …175
044 自信満々で説得する …178
045 最初に小さな頼みごとをする …182
046 顧客の心をつかむスタッフを採用する …185
047「 あなたが一番」とほめそやす …187
048 コーヒーでおもてなしする …189
049 甘いお菓子で気分を高揚させる …191
050 マジシャンのスキルを応用する …194
051 柔らかいイスに座らせる …200

Chapter 8
脳が喜ぶセールステクニック
052 店内の至るところに鏡を置く …204
053 高層階にオフィスを設置する …207
054「 幸せそうな人」の写真を使う …210
055 役に立つ販促グッズをつくる …212
056 かわいそうな子どもの話をする …215
057 ブリーフケースを持ち歩かない …219
058 ダメモトでお願いする …222

Chapter 9
脳を刺激するコピーライティング
059 顧客の意表をつく言葉を使う …226
060 シンプルなキャッチフレーズを使う …229
061 シェイクスピアの文体をまねしてみる …232
062 イメージしやすいネーミングをする …234
063 パーセント表示は使わない …237
064 魔法の言葉「無料!」を多用する …240
065 魔法の言葉「新商品!」を連発する …244
066 形容詞で躍動感を出す …246
067 ストーリー仕立ての広告をつくる …250
068「 お客様の声」をドンドン掲載する …253
069 言いたいことは簡潔に伝える …256
070 悪い噂が広がらないようにする …259

Chapter 10
脳が喜ぶマーケティング
071 顧客の「考える」手間を省く …264
072 最新情報を提供する …268
073 顧客の欲望を肯定する …271
074 ケチな人にお得感をアピールする …274
075 浪費家に満足感を提供する …279
076 懸賞やコンテストをやってみる …284
077 好みにカスタマイズした商品を売る …289
078 高級品をよりゴージャスに見せる …293
079 商品をアップグレードさせる …299

Chapter 11
男性脳、女性脳それぞれの攻略法
080 ロマンチックなアプローチをする …304
081 男性にはシンプルに説明する… 307
082 女性にセールスしてもらう… 310
083 ときには色仕かけをする …315

Chapter 12
顧客の脳を買う気にさせる
084 買いたくなるディスプレーにする …320
085 クレームには真摯に対応する …323
086 ミスをきちんと謝罪する …325
087 商品はドンドン手に取らせる …328
088 購買のハードルを高くする …331

Chapter 13
脳を刺激する映像メディア活用法
089 CEOをテレビに出してはいけない …336
090 正しいプロセスで売る …340
091 感情的な広告をつくる …344

Chapter 14
脳を刺激するインターネット活用法
092 ウェブサイトの第一印象をよくする …348
093 黄金比に則ったウェブサイトをつくる …351
094 画像や動画をドンドン搭載する …353
095 ユーザーにお返しする …356
096 日替わり商品を用意する …359
097 年配者にわかりやすい表示をする …362
098 顧客の想像力を刺激する …364
099 メッセージは中央に載せる …367
100 親しみやすいキャラクターをつくる …369

おわりに 次は何が来るのか? …373
著者について …375


【先端】ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のデジタルマーケティング2012まとめ、そしてInstagramのWeb対応についての話題


 

【ルイ・ヴィトン・デジタルマーケティング12まとめ+more】

Eitokiです。
非常〜〜に興味深かったんで、さらにまとめ。

Louis Vuitton Presents 2012 Digital at a Glance

映像中、水玉の女王草間さんとのプロジェクト

ルイ・ヴィトンインターナショナルのサイトの中では、9つの興味深い記事が紹介されてます。

●ルイ・ヴィトンのサイト
http://www.louisvuitton.eu/front/#/eng_E1/search/Yayoi%20Kusama

http://www.louisvuitton.eu/front/#/eng_E1/New-Now/articles/Behind-the-Collaboration-with-Kusama
http://www.louisvuitton.eu/front/#/eng_E1/New-Now/articles/Through-the-eyes-of-Kusama

●プロジェクトの紹介サイト
http://www.fashionsnap.com/news/2012-08-30/yayoikusama-louisvuitton-vol2/
http://japanese.engadget.com/2012/06/12/ios/

はNHKも取り上げてた
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0928/

元記事はこれ
ルイ・ヴィトンのデジタルマーケティングまとめ
http://www.fashion-journal.net/archives/51963752.html

その他関連話題

●なぜ日本のデジタルマーケティングは米国に追いつけないのか
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36550

●ルイヴィトンのエクスペリエンスデザイン戦略
http://web-tan.forum.impressrd.jp/u/2011/07/28/10791

ここには胸部回一節がある。

-以下引用(2011/7/28時点)-

ルイヴィトンのエクスペリエンスデザイン戦略

150年の歴史をもつルイヴィトンは、ラグジュアリーファッションブランドの最先端を走ってきました。
そして、現在は、ソーシャルメディアとモバイルデバイスの積極的活用により、デジタル戦略においてもグッチやシャネル等とともに最先端を走りつつあります。

ルイヴィトンのFacebook page は233万人(2011年4月25日現在)のファンを有し、コーポレートブランドのファン数のランキングでは、グッチ(38位)、シャネル(46位)、ラルフローレン(58位)に続く67位となっています。
Twitter(U.S. feed)は、19万人(2011年4月25日現在)のフォロワーを擁し、コーポレートブランドのファン数のランキングでは、142位になっています。

ルイヴィトンのデジタルメディアマネジャーは、“デジタルは、ルイヴィトンの戦略のコアコンポーネント”と明言しています。
この言葉に、ルイヴィトンのデジタル戦略に対する取り組み姿勢がうかがえます。

ルイヴィトンのデジタル戦略の中心には、常にLouis Vuittonのブランドサイトがありますが、現時点でのルイヴィトンのデジタル戦略の特徴は、「旅」をテーマとした“The Art of Travel by Louis Vuitton”のコンセプトのもとにリアル、デジタルを融合した物語性のあるエクスペリエンスポートフォリオを展開していることです。

以下がその概要です。

ルイヴィトンは、Facebook pageをリブランディングした上で、Facebook pageを起点とする“The Art of Travel by Louis Vuitton”キャンペーンを展開しています。

旅をテーマとした展開は、Webサイトlouisvuittonjourneys.comとiTunes appでも行われています。

iTunes appは、Louis Vuitton Core Valuesが表題のPodcastで、その解説によると、このappは旅のコンセプトをエモーショナルな感覚で捉えるCore Values campaignの一環として、自己発見のプロセスとしてのパーソナルジャーニーを提供しています。
さらに、The Journey of a Wardrobeのサイトでは、世界各地への旅をルイヴィトンが作りあげた独特の世界観の中で疑似体験することができます。

YouTube channel は、92万ビュー(2011年4月25日現在)を超えていますが、ここでもthe Journeysのテーマでのビデオが投稿されています。

以上の“The Art of Travel by Louis Vuitton” のコンセプトのもとでのルイヴィトンのエクスペリエンス・ポートフォリオ・デザイン戦略は、顧客との絆の強化につながる以下の特徴をもっています。

  1. ルイヴィトンブランドの潜在顧客である若い世代(ジェネレーションY)をターゲットとしている。
  2. 「旅」をテーマに大きな物語を語っている。
  3. ルイヴィトンブランドにまつわる夢を語っている。
  4. ルイヴィトンブランドに係わるライフスタイルを提示している。
  5. 上記を通じて、徹底してエモーショナルな感覚に訴えかけている。

一方、ルイヴィトンは、Facebook pageとiPad and iPhone appsのfashionshow.louisvuitton.comでファッションショーをオンラインでストリーミング配信しています。

-引用終わり-

では、
ルイヴィトンの公式サイトを見てみましょう。

◆公式サイト(新しいものにも超積極的)

■Louis Vuitton Official HP
http://www.louisvuitton.com/
http://www.louisvuittonamble.com/

■フェイスブック [facebook]
http://www.facebook.com/louisvuitton

■ツイッター[twitter]
https://twitter.com/louisvuitton

■インスタグラム [webstagram]
http://web.stagram.com/n/louisvuitton/
http://instagram.com/louisvuitton/

■ピンタレスト[pinterest]
http://pinterest.com/louisvuitton/

●YouTube
http://www.youtube.com/LouisVuitton

●LinkdIn
http://www.linkedin.com/company/louis-vuitton/

●Foursquare
http://foursquare.com/LouisVuitton

上記に関して、
位置情報に基づいたソーシャル・ネットワーキング・サービスFoursquareを公式に立ち上げてるとは渋い!

画像共有SNSであるPinterestやInstagramはルイ・ヴィトンみたいな企業にはピッタリだよね。さすが!!

特にInstagramWebを早速迅速に取り入れているのは凄いと思った。

ワールドワイドではこの動きが注目されているFacebook傘下に入ったInstagramのWeb(PC版)の位置づけか?WebStagramが正式リリースされてるんだなあ。。。(自分は知らなかったので)

今後、Webstagramの「Followボタン」も要チェックだなあ。
http://web.stagram.com/
http://web.stagram.com/tools/#follow_button

この「WebStagram」サイト
●ルイヴィトン:http://web.stagram.com/n/louisvuitton/
●ナイキ:http://web.stagram.com/n/nike/
に対して、

「InstagramのWeb版」というものが存在する。
両者の関係はどうなってんだ??こっちのほうがクールだと思うんだが。。。
●ルイヴィトン:http://instagram.com/louisvuitton/
●ナイキ:http://instagram.com/nike

下記を見ると、どうも、Webstgramのほうが古い仕組みなんだなあ。。

◆参考
●Webstagram-ブラウザからコメントも検索もサクサクできる多機能Webクライアント
http://igfan.jp/2011/06/webstagram/

●Instagramがついにウェブにやって来た―Facebookのタイムライン風のウェブ・プロフィール・ページをリリース
http://jp.techcrunch.com/archives/20121105mobile-first-web-second-instagram-finally-lets-users-have-functional-web-profiles/

●Announcing Instagram Profiles on the Web! by Instagram official blog
http://blog.instagram.com/post/35068144047/announcing-instagram-profiles-on-the-web

まあ、こんな感じのまとめでした。

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆YouTube Channel
●Now! featured!!
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/featured
●再生リスト
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/videos?view=1&flow=grid
●フィード
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/feed?filter=2&activity_view=1

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.