『ちから』


 

以下は、色んな要素(積み重ね)が実は必要だけど、

例え、その時、どんな状況に落ちいっていようと、

自分には、

もうすでに、

目の前の夢を掴む

絶対的な力が備わっている。

と心底信じきれる時に

大きな何かが起きる。

その根底には、その人が持つ「絶対的なこだわり」が有ると思うなあ。

例え、無責任な周りや他人が(長年)何を言おうが、ぴくりとも動じないようなね。

貴方を一番信じる事が出来るのは貴方。

体裁や世間体より断然、夢でしょ。

年齢(若い/若く無い)も関係ないです。

若くても、継続的に発展的に成功できる手段や糧を見つける事も出来ますし、若く無くてもスピード豊かにより高いレベルの成功を目指せますしね。

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Test運用中:公式ブログ
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki
メールアドレス:
utah.eitoki@facebook.com

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

 


【問う】人生の対価を知らない方は、自ら自分に(「ビジネス」界からの)引退勧告を出しましょう。


 

自分も最近、身近でまさにこういう人を体験したんですが、

真剣にがんばっている人から見たら、ものすごいうらやましい環境でも、「根本から(自分のビジネスを興すってことに関して)駄目な人間」にとってはどうでもいいんですよねえ。

そんな人と付き合っても無駄ですから、さっさと「引退勧告」出してあげたほうが良いですね。(てか、自分自身で何が根本の問題なのか?気づいた方が良い)

でも、一方、身近に、真剣に取り組む人が一人でもいたら、その状況には感謝ですね。
そしてそれを見て自分もその何倍も頑張る。(成果を強く意識して)

それが良い連鎖を生みます。

実は、

以下
「こだまでしょうか?(パロディ)」
————————————————
「本気?」って聞くと

「本気です」と言う。

「やった?」

って聞くと

「やった」と言う。

でも信用できなくて、

「でも本当はやってない?」と聞くと

「本当はやってないw」と言う。

こだまでしょうか?

いえ、「成果が出ない人誰でも」。

原作はこんな感じ
http://www.ad-c.or.jp/campaign/self_area/03/index.html

————————————————

これには続きがあります。

人生の成功を目指す皆さんはどれだけ「対価」を支払っていますか?

ちなみに私も、2003年5月末をもって従業員(労働者)は引退し、以降どんな時も、9時-5時仕事には雇われない。という対価を支払ってきています。
ほぼ100%ツルミも変えました。

その自分の対価が、例え一時的に、自分への多大な負荷や、はたまた他人の罵声や迷惑に繋がったとしても、それを続けないと、本当の光は見えてこないと思います。

まあ、時間をかけても、期間をかけず、ささっと山を登ってしますのが一番幸せですよ。
皆さんはぜひそうしてください。
でも本当の山の頂は今見えている頂の遥か先かも知れませんが。

有名なこれにもこう書いてあるしね
【基本の基本】正しい目標設定~鉄鋼王カーネギー自伝目標設定の6か条
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1720498883&owner_id=20725495

これも合わせて(^^)
【心得】全ては意識改革から。社会の洗脳を解く所から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=986343041&owner_id=20725495

-以下引用-




まあ、「本人の人生」なのでいいんですけどね。

(これで「塾に入ったけど稼げませんでした」と
塾のせいにしなければwこの人は大丈夫だけど。)

話し変わって

「お金の奴隷」な人。
多い。

おそろしく多い。

例 これやってみない?
⇒「いくらもらえます?」。

。。。

w(゜ロ゜;w

○○でなかなか成果が出ない時、

その人の「本当の姿」が見えます。

例えば。。。

「こんなんだったらバイトしているほうがマシ」

⇒バイトしかしたことない?
もしくは「雇われた」ことしかない?

収入の高いお医者さんとか「1円にもならない受験勉強」するよ?

弁護士だって9科目受験している間は収入0だよ?

野球選手だって、甲子園に出てからプロになるまで
(つまりプロになるまで野球に費やした時間&お金)

は「0円」だよ?(収入)

でも○○って、「成長過程でも収入が発生する」。

でも「雇われているわけじゃない」。

ここがポイント。

確かにサラリーマンも「成長過程」でお金もらえます。

でもそれは「仕事の対価としたらおそろしく低い額」です。

つまり、「すべては雇われ先次第」だから。

あなたが「100%真面目に仕事」したところで、

経営者が経営判断を誤り、会社がつぶれれば、

あなたに「非」がなくても収入は止まります。

昭和後半。

結局は「未来への投資」として「勉強」していた人が、

収入が高かったわけです。

高学歴⇒出世レース⇒高収入。

これが「ひとつの成功レール」だったわけです。

それが「崩れている」「今の世の中」でも、

当時「出世レースからはずれた人達」は

「幻想」をいだく。

収入が高い人達は、収入が低い人達より、

「何か」の「対価を払ってきた」という事実を

「忘れているのか?見てみぬふりなのか?そもそも見えてない」のか?

公務員が安定しているって時代。

公務員になるためには「試験」を受けていた。
(公務員の人達はね)

人生で対価を払ったことがないから今の自分がいる。

それを棚に上げて、対価を払って手に入れた人達を

うらやみ、ねたみ、いちゃもんをつけるって、そもそもおかしな話。

アリとキリギリスの話じゃないけどね。

別に「汗水たらして働くことが美徳」って言ってるのではなく、

「何か?」の「対価」がいることを「認めよう」って話。

センスがいい人っているけど、それは「幼少期に別のジャンルで

「何か?」の対価を払ってきた可能性がある。

思い起こせば私は自営業の親父の子だったので、

「ビジネスの現場」を見る機会があった。

でも「対価」として「親父に遊んでもらった記憶」がほとんどない。

サラリーマンの親父の子がキャッチボールをしてもらっている時、

私の相手は「壁」だった。

そう、そこには「一般の子供が当たり前のようにしてもらうことがない」

という「対価」として「ビジネスを幼少期から現場で見る」ことができた。

何かに秀でている人達同士は「わかりあえる」けど、

それはたぶん「対価を払ってきたんだろうな」ということが

わかるから。

野球のプロは青春を野球に捧げ、
(まわりの同級生が毎週デートしている時に)

サッカーのプロは青春をサッカーに捧げ、
(同級生がカラオケで騒ぎ、バイト先の女子大生のおねーさんと
遊んでいる時に)

同級生がサークルで飲み会とかしている中で

「先輩の買出し」をさせられ。。。

何かを選択する時、できないものが絶対出てくる。

同時にできるものもあるけど。

例えば「今からブログ作成」とした場合、

同時に「髪を洗う」はできない。
(歯は磨けるけどw)

今回何が言いたかったか?

結局「稼いだ後の自分への強力な渇望」がないと

サボるっていうこと。

野球のプロになる!と思っている子供はさぼらない。

「野球いかなあかんな~」な子はサボる。

欲望の段階。

まずは自分。

次に他人。

最後にすべて。

初期の「自分」のことでさえも中途半端。

「とことん」じゃない。

いうならば「エンジンちっちぇ」な状態。

生きる屍のような人が増えたような。。。

あなたは、

本当に生きていますか?

それとも。。。

生きる屍ですか?

長文読んでいただき、感謝します。

-引用終わり-

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
~全ての世代に届くネットワークを~
by Eitoki
でした。

 


【社会】サービス残業は仕方ない事でしょうか?


 

Eitokiです。

2011年4月のニュース、大和ハウスグループ(本社と関連15社)がサービス残業させていた未払い賃金32億円を支払ったとのニュースが出てました。

-以下引用-

<大和ハウス>サービス残業32億円 本社と関連会社15社(毎日新聞 – 04月23日 00:43)

大和ハウス工業は22日、本社とグループ会社15社で、09年と10年の2年間に総額約32億円の時間外賃金の未払いがあったと発表した。今年1月に大阪府の天満労働基準監督署の是正勧告を受け、本社を含む32社を調査したところ、従業員約2万5000人の約4割に当たる9387人のサービス残業が分かった。

2年間で1人当たり月平均6.7時間分で、同約1万4000円の未払いをしていたと認定し、4月分の給与で一括支給した。また経営責任を明確にするため、大和ハウスの大野直竹社長を含む役員154人の役員報酬を4月から3カ月間、最大8%削減する。

昨年7月に労働基準監督署が本社を立ち入り調査したところ、従業員がパソコンで事前に申告する残業予定時間と、実際の残業時間が食い違っていたことが判明した。従業員の聞き取り調査で「上司から残業時間の目標が示されており、超過した部分を正直に申告しづらかった」「営業成績が悪いので申告しづらかった」などの意見が出た。

同社は再発防止策として、残業時間を正確に記録する労働管理システムを強化するほか、管理職に対しては、従業員が残業時間を事前に申告するよう指示の徹底で改善を図るとしている。【新宮達】

-引用終わり-

最近の日本の悪い傾向は「諦めムード」です。
これが社会全体に充満しています。
しかも臭い空気を伴って(^^;

最近の会社員の人達と話していてびっくりするのが、「サービス残業は当たり前。仕方なし」と諦めている(納得してしまっている)人が非常に多い事。

「可笑しいよ」と指摘すると、
「アンタの時代とは違うんだよ」と逆切れしたりする人も居ます。
そういう人は、日々イライラしながら仕事をしているのでしょうが、哀れなパーソナリティーを持ってるなあ・・・と気の毒に感じます。

これらって、「おかしな傾向」なんですよ。

まさに社会の洗脳』に知らぬ間に嵌っているのですよ。
本来「時間」は最大の宝なんですから。

例えば、個人ビジネス取り組んでいたら、1日2〜3時間活動に充てられれば、膨大な富(自分だけでなく仲間も)を生み出す可能性だってあります。

自身の意識をもっと上げ、主張すべきは主張すべきです。
主張できない空気ならば、そういう職場は割り切っても良い筈です。

労働者として時間を捧げ、自由なく拘束された中、きちんと仕事をしているなら、本来「サービス労働」などあり得ない筈。
時間のみを捧げて、雇われている労働者なんですからね。
自分自身で価値や富を幾らでも生み出せる可能性がある自営業者やビジネスオーナーならいざ知らずね。

経営側が、残業代をきちんと支払わないのは罪なのです。
労働基準法等々の違反になります。

払いたく無いなら、時間外はさっさと帰らせられるように社内を整えるべきでしょう。
払う気まったくないのに、または慣習だと主張して、強制的に時間外労働をさせるのは犯罪なのですよ。

どんな業界であろうが、、、

休みだって同じですよ。
きちんと休息を取らせない企業は罪です。

堂々とサービス残業、休日出勤(本来休むべき日に)をやらせる会社に居るなら、割り切って、それなりの忠誠心で済ませ、さっさと切り上げ、自分の時間に使いましょう。(こういうの仮面家畜って言うらしいですね(笑))

自分自身で価値を生み出すビジネスの世界へこそ時間を振り向けましょう。

1週間のうちの5日を無理矢理(嫌々ながら)出勤して例え6日働いたって、絶対に業務がより前に進む事なんてありません。
効率が圧倒的に悪くなりますから。

経営者側の払いたく無い気持もまあ何となく解りますが、それならば細部まで皆が納得する形できちんとルールを作るべき。
なーなーのまま、それが当たり前になる事が最大の悪だし、自由のない従業員(労働者)にとっては不幸ですね。

周りの皆が納得している、従っているからといってそれが正とは限らず、実は「騙されている」のですよ。
こういう認識を持てる人こそ、「事業家ワーカー(ビジネスを完全に事業と捉える方)」に向いています。

ちなみに私もかつて11年間サラリーマン生活をきちんとやってましたので、サラリーマン世界の常識はよく認識しています。

あんたの時代は恵まれてたんだろ!と思うかもしれませんが、時代が違ったら価値観が違うってことは、今の時代のサラリーマンの価値観って作り上げられたもんだってことが解ると思います。
昔は違ったんだから。
その経験から見ても、今の方々(従業員/労働者)はやっぱり騙されていますね。

良い、誠実な会社もあるとは思いますが、契約等で誤魔化されている場合も多々あります。細部までよくチェックする事です。

管理職でもないのに、例えば年間契約だから残業代は一切貰えなくて当たり前。
そんな事も無いんじゃないでしょうか?

一度、きちんと、専門家に自分の会社の労働状態をチェックしてもらう事をお奨めします。

そして、自分自身でいくらでも価値を生み出せる、増長できる個人ビジネスの世界にもっともっと時間を費やしましょう。

●資本主義の4階層
階層: 差し出すもの:得るもの
———:—————:————
投資家:お金のみ:運用益
経営者(ビジネスオーナー) :少々の時間と多くのお金(大抵は):組織給
事業家:多くの時間とそれなりのお金:成果給(上限無し)
従業員(労働者):時間だけ:時給ベースのお給料(雇われ給のみ)

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
~全ての世代に届くネットワークを~
by Eitoki
でした。

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.