【希少】The Goal 2014 by 菅野一勢、中村司、石田健、高浜憲一 〜 数少ない『本物の』キャンペーン〜wall2note:2014-02-11


http://apps.facebook.com/kabeuchi
kabeuchi(wall2note)が2014-02-12 21:27:36に作成

2014-02-11 17:42 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=591248124277343&set=pcb.591254454276710&type=1&relevant_count=2

今日、一生モンの役立つ事実を知りました。
「authentic」という言葉
オーセンティックバーって言葉がすぐに思い浮かんだけど、

この言葉って、何かが偽物や複製されたものでないことを意味する言葉だそう。
つまり、それまで誰も考え付かなかったようなものがoriginalで、その後似たような製品が競って作られる中で、本物の製品として君臨しているものを「authentic」て語で表現するそう。

しょうもない方法や情報が蠢く今の日本の世の中で、多くの人が一瞬の「自分事」だけで動き、今後の継続や発展、確かな柱を作る事を考えてない。

でも「会社事」や「業界事」を超えて「世の中事」で考えないと、その産業は本物にならないし、発展もしない・・・絶対に。

そういう意味でこれはまさに『本物=authentic』のキャンペーン情報です。
しかもその中身は・・・・(@@)

●数少ない『本物の』キャンペーン
http://s.eitoki.com/info/veryfew_authentic_campaign2

自分は既に去年、まったくの負担無し大満足情報から始まり、「本編」を体験しました(^_-)
※たいていの無料は糞です^^;

貴方がどう感じようと、
どんな世界にも、怪しそうでも、珍しくても、「その他大勢の偽物」とまれに出会える『本物』があります。
逆によく知られた世界にも沢山の偽物や偽情報があります。

この方の独特の表現ー

“二兎を追うものは3億を得る”^^

ただし『本物』限定(^_-)
  
●数少ない『本物の』キャンペーン(別バージョン詳細紹介版)
※開いたらページ下部最後まで一度は必読!!
http://s.eitoki.com/info/veryfew_authentic_campaign
  

  

2014-02-11 20:53 http://nkbp.jp/1iJQBW2
東京は近い将来どう変わるのか?
興味深い。

●悲願の「マッカーサー道路」が起爆剤に:日経ビジネスオンライン
⇒ http://nkbp.jp/1iJQBW2

◯関連
●駅から変わる街(1)品川 車両基地跡を国際拠点に|日経BP社 ケンプラッツ
⇒ http://nkbp.jp/1cs2tHg

●東京五輪で変わる街(2)神宮外苑 「新国立」は再開発の序章|日経BP社 ケンプラッツ
⇒ http://nkbp.jp/1cs3Ky5

●Amazon.co.jp: 東京大改造マップ2020 (日経BPムック)
⇒ http://amzn.to/1cs42ot

2014-02-11 20:46
隣町の朝霞にあるこのログハウス風の完璧な電源カフェは、とっても居心地が良く、周りの目を気にすること無く集中できる。(^_-)
都心にあるカフェ・ミヤマとは同系列のルノアール系ですがコンセプトが違います。
最近ようやく2号店(大宮)、3号店(草加)ができたらしい。

●ミヤマ珈琲HP
⇒ http://bit.ly/13DbP1r

2014-02-11 20:02 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=594296220651279&set=a.106214496126123.14091.100002127200264&type=1
ふむふむ。
特にここいいねえ〜^^

-以下引用-

健康の知識、
品質の高い製品の情報、
世界中に広がる人脈(今後はSNSを通じてもっと世界が狭く早くつながると思います)、
を活用したら、ビジネスの可能性や将来性ははかり知れません。

ITやデジタルにできるだけ精通して、使いこなせるようになって、同じようにITスキルやデジタルスキルの高い人が、今後は一般的な所得の数倍、数十倍、数百倍を短時間で稼ぐようになると思います。

−以上−

-以下引用-

INFLUENCE
TRANSFORM
影響(力)
変化(変換)

SHIFT
シフト(転換)

そして、
具体的な代表的な技術の内容が下記のようなものです。

できるだけシンプルに最小限に専門用語を使わないで説明しました。
これらの記述がすぐ今の世の中の販売や経済活動に使われるわけではありませんが、数年後にはどの企業も個人もごく普通に使っていると思います。

中には既にもう日常化していて、多くの人が毎日使っているものもあります。

誰もまだ使っていない段階で個人で事業に応用すると凄いことになるとイメージできる人はまだまだ少数です。

今後は、これらの技術やこれから出てくる技術によって、仕事に革命的なことが起きる可能性が高いですが、技術が進歩すればするほど、『その技術の恩恵を受ける人』と、『全くついていけない人』との二極化が更に進んで、大きな『「格差」』ができることが予測されます。

-以上-

だから、こういう情報にも敏感に、即効に反応できないといけない時代です(^_-)

●数少ない『本物の』キャンペーン
⇒ http://s.eitoki.com/info/veryfew_authentic_campaign

完全にノーリスクですもんねえ^^;
だけど、大半の人は「危なくねえ?」と考える。

もっと捻(ヒネ)くれている人は「こいつからは情報受けねえ!」と自分の頭のなかだけで形成した基準で取捨選択します。
でも貴方が大したことねえ!と感じる人間や情報が、実は想像をはるかに超えて実は凄かった・・・(後悔)なんてことは日常茶飯時に起こってます。

ここに出てくるキーワードいくつ知ってますか?
理解してますか?
実行してるでしょうか?

これらがあなたに何をもたらす可能性が有るでしょうか?
考えたことが有るでしょうか?

▼WEARABLES TECHNOLOGY
▼CONNECTED HOMES
▼BITCOIN WALLET
▼RFID:Radio Frequency IDentification
▼COSTOMIZATION
▼SOCIAL INTEGRATION
▼FACIAL RECOGNITION
▼VIRTUAL REALITY
▼AUGMENTED REALITY
▼(IRT)INTERRACTIVE
▼SHOPKICK
▼iBEACON
▼KINETICS
▼VIRTUAL DRESSING ROOM
▼TRACKING
▼MATCHING

マスコミや、周りのその他大勢からもたらされる情報だけを頼りにしているようでは遅いし、正確に本質をつかめない可能性が大きいのです。

実はリスク無いものを「リスク有るんじゃねえ?」と真っ先に感じてしまう貴方は、「その他大勢」として埋もれてしまう人です。

変えましょう。今すぐ^^

偉そうですいませんm(__)m

でも自分が、出会って、独立して、連るみを変えて以来、3年や5年じゃない、もう17年間も検証してきた確かな事実なんですよ。

以下補足

-以下引用-

今はまだ一部だったり、限定的だったり、ごく一部の地域や会社しか使っていないことでも、使いこなす人が集団となり、そこに素晴らしい製品や行動と「情報に見合った報酬」が用意されていると、想像を絶することが起きる可能性があります。

健康の知識、
品質の高い製品の情報、
世界中に広がる人脈(今後はSNSを通じてもっと世界が狭く早くつながると思います)、
を活用したら、ビジネスの可能性や将来性ははかり知れません。

語学も映画の世界のようにスマートフォンで自動翻訳される日も近いと思います。
ITやデジタルにできるだけ精通して、使いこなせるようになって、同じようにITスキルやデジタルスキルの高い人が、今後は一般的な所得の数倍、数十倍、数百倍を短時間で稼ぐようになると思います。

-以上-

2014-02-11 09:07 https://www.facebook.com/sharethis
このツール、
こういうシェア系の小道具ツールが山ほどある中、動作の仕方が非常に優秀だと思った。

技術者としての「感」には自信あります。
テクニックとしての腕はそんなに敏腕ではないですが(^^;

●SahreThis公式サイト
⇒ http://www.sharethis.com/


【裏書籍】現代の「新・経営の教科書」〜貴方の起業力を高めるとっておきの方法:「億万長者の不況に強いビジネス戦略」「大富豪の起業術」


 

Eitokiです。

まさに
現代の「新・経営の教科書」と呼べる書籍2冊を紹介したいと思います。

1冊め

自分も既に「体験」しました。

起業家必読!!現在の「新経営の教科書」その1
「億万長者の不況に強いビジネス戦略」by ダン・S・ケネディ
http://viralmonster.com/info/book_dskennedy1

この本洋題は「No B.S. Business Success in The New Economy by Dan S. Kennedy」といい Jan 1, 2010出版されてます。

 

No B.S. Business Success in The New Economy by Dan S. Kennedy


No B.S. Business Success in The New Economy by Dan S. Kennedy

 

長年の常識がまったく通用しなくなってしまった現代日本。。。
どうしましょう?
今一番やるべきは『Neo経営学』を学ぶこと!!

ダイレクト出版のダイレクトブックは沢山の日本未発売の超良書を日本に紹介してますが、その中でもTop1かも?
この本読まずして「起業」を語る事なかれ!という人が多くいるほどの、「現在の歴史的名著」です。

「億万長者の不況に強いビジネス戦略」by ダン・S・ケネディ
http://viralmonster.com/info/book_dskennedy1

 

億万長者の不況に強いビジネス戦略 by ダン・S・ケネディ


億万長者の不況に強いビジネス戦略 by ダン・S・ケネディ

 

以下紹介

警告!この本は読んでいて気分のよくなる本ではありません。

もしあなたが、この本を読んで「いい話聞いた」「勉強になった」とか気分が良くなったり、「よしやるぞ!」というモチ ベーションがあがったり・・・あるいは、カタカナの理論を覚えて、なんだか賢い気分になったり・・・そういうものを期待 しているのなら、この本は読まないでください。

しかし、もしあなたが起業家として成功するための、”現実的な方法”やプロセス、考え方を、いい部分も悪い部分も、容赦ない現実的な部分も含めて学びたいというのであれば、この本はあなたのための本です。

著者である、ダン・ケネディはマーケティング・コンサルタントとして世界で数多くの億万長者を生み出してきました。最も有名な彼のクライアントは、ニキビケアのプロ◯クティブを販売する世界一のTV通販会社です。
億万長者メーカーとも呼ばれる彼にはいくつもの異名があります。
21世紀のナポレオン・ヒルだとか、コンサルタントのコンサルタントとか…

 

億万長者の不況に強いビジネス戦略 by ダン・S・ケネディ


億万長者の不況に強いビジネス戦略 by ダン・S・ケネディ

 

しかし、本書を語る上では「真実を教えてくれる先生」という呼び名が合っているでしょう。
なぜなら、この本には起業家の現実と、現場でつちかった成長戦略が惜しみなく書いてあるからです。

この本を読むと、他のビジネス書に書かれていることは違うことをたくさん見つけることができます。なぜならこの本は現場を知らない学者や著者が書いたセオリー本ではなく、現実そのものだからです。

時として、現実は必ずしも美しく、愉快なものだけではありません。ビジネスの現場には、容赦ない競合がいますし、あなたの悩みは誰も分かってくれませんし、上手くいくと思ったものはたいてい失敗します。
しかし、我々、社長、起業家が経験する毎日がリアルにいいところも悪いところも書いてあるのがこの本です。(もちろんその問題の対処法も)

現実のビジネス戦略は必ずしも楽しいものばかりではありません・・・

 

億万長者の不況に強いビジネス戦略 by ダン・S・ケネディ


億万長者の不況に強いビジネス戦略 by ダン・S・ケネディ

 

例えば、第一章に出てくる「友人を変えろ」という話は、誰にとっても耳の痛い、聞きたくない話です。

第二章にあるような起業家の孤独感なども、非常に重要な問題です。
プラス思考になってもビジネスには何の影響もありません。ビジネスパートナーとの関係は壊れます・・・

この本は、そういった現場で起きてる問題の解決法、現場で使える成長戦略、マーケティング戦略などを、教える本です。
実際に現場を勝ち抜いて、たくさんの億万長者を作った、ダン・ケネディだけが教えることができる一冊です。

「億万長者の不況に強いビジネス戦略」by ダン・S・ケネディ
http://viralmonster.com/info/book_dskennedy1

 

2冊め
起業家必読!!現在の「新経営の教科書」その2
「大富豪の起業術上下巻」by マイケル・マスターソン
http://viralmonster.com/info/book_masterson2

これも、自分は既に「体験」しました。

この本の洋題は「Ready, Fire, Aim: Zero to $100 Million in No Time Flat (Agora Series) by Michael Masterson」
といい、Jan 2, 2008に発刊されています。

 

Ready, Fire, Aim: Zero to $100 Million in No Time Flat (Agora Series) by Michael Masterson


Ready, Fire, Aim: Zero to $100 Million in No Time Flat (Agora Series) by Michael Masterson

 

この意味は、号令で「構え、狙え、撃て!」って意味ですね。

長年の常識がまったく通用しなくなってしまった現代日本。。。
どうしましょう?
今一番やるべきは「Neo経営学」を学ぶこと!!

この本、先ほどのダン・S・ケネディの「現代の経営の教科書」とまで言われる名著をも凌ぐ!という人も多くいます。
何故ならば、『ビジネスの段階』ごとの『有効な施策』が述べられているから。

「大富豪の起業術上下巻」by マイケル・マスターソン
http://viralmonster.com/info/book_masterson2

ついでに「仕事術」も ⇒ http://viralmonster.com/info/book_masterson1

 

大富豪の起業術上下巻 by マイケル・マスターソン


大富豪の起業術上下巻 by マイケル・マスターソン

 

以下紹介

著者のマイケル・マスターソン氏は年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上をゼロから育てたスーパー起業家です。

今や毎年700億円を稼ぎ出し、アメリカで唯一天才と言われたマーケッター、ジェイ・エイブラハム氏でさえもリスペクトする、ただ一人の起業家として知られています。
さらに、ビジネス情報のメールマガジン「EarlyToRise」を立ち上げ全米No1のメールマガジンの発行者としてインターネットビジネスの分野でも揺ぎない地位を築いています。

 

大富豪の起業術上下巻 by マイケル・マスターソン


大富豪の起業術上下巻 by マイケル・マスターソン

 

ジェイ・エイブラハム
マイケルとは30年来の友人であり、彼が数多くの会社を信じられないほどの成功へと導く姿をずっと尊敬のまなざしで見てきた。
私が他人の本を推薦したり、前書きを書いたりすることはほとんどない。こうしてマイケルの本の前書きを書かれてもらったことは非常に光栄なことである。
読者の皆さんがこれから学ぶことを実践すれば、本書はあなた自身、そしてあなたの事業にとって大きな価値を持つことだろう。

年商1億円への道を加速させ
起業家を失敗の危険から守る本
この本には、

  • 事業をゼロから立ち上げ、短期間—通常は2年以下—で利益を出せるようにする。
  • 停滞している既存の事業を再び活性化させる。
  • 成長事業の年商が100万ドル規模から数千万ドル、そして数億ドルへと成長し続けるようにする。
  • 大変な仕事はほとんど他人に任せて、自分は好きなことを楽しめるようにする。
  • フルタイムで働かなくても会社の収益の大きなシェアをもらうことができるように、その会社の構築において不可欠な地位を確立する。
  • 1つの会社に頼らなくてもいいように、成功の戦略を複数の会社で取り入れる。
  • 熱意があれば誰でも習得して使いこなせる、ビジネスの天才が持つ5つの「魔法の杖」
  • ベンチャー事業の4つの成長ステージと各ステージで生じる主な困難、課題、およびチャンス。
  • 推進役、思考役、まとめ役、販売役の違いと、自分の会社に必要な人材を集める方法。
  • 既存の商品から儲かる新商品を開発する方法。

などなど・・・
起業家がスタート直後にするべきことや、楽に会社を大きくする方法、さらにはやっかいなトラブルから起業家を守るたくさんの起業ノウハウが書かれています。

 

大富豪の起業術上下巻 by マイケル・マスターソン


大富豪の起業術上下巻 by マイケル・マスターソン

 

「大富豪の起業術上下巻」by マイケル・マスターソン
http://viralmonster.com/info/book_masterson2

ついでに「仕事術」も ⇒ http://viralmonster.com/info/book_masterson1

-おまけ:以下「大富豪の仕事術」の紹介-

★意外な事実が明らかに・・・★

ちなみに、こっちの「仕事術」の方の洋題は「The Pledge: Your Master Plan for an Abundant Life (Agora Series) by Michael Masterson」といい、Nov 9, 2010に発刊されてます。

 

The Pledge: Your Master Plan for an Abundant Life (Agora Series) by Michael Masterson


The Pledge: Your Master Plan for an Abundant Life (Agora Series) by Michael Masterson

 

この題は「誓約:豊かな生活ためのマスタープラン」とかいう意味ですね。

あなたが、こんな事に悩んでいるなら、この本はあなたにとってピッタリの 本です。例えば、、、

  • 一日のうち合計、何時間働けばいいだろう?
  • その時間内でどんな事をやればいいのか?
  • 準備と実行、どっちが大事なんだろう?
  • どっちに、どれくらい時間をかければいいんだろう?
  • ビジネスで大成功した人はどんな時間の使い方をしてるんだろう?

この質問に答えましょう。

 

大富豪の仕事術 by マイケル・マスターソン


大富豪の仕事術 by マイケル・マスターソン

 

重要なのは、行動する時間よりも「計画と準備に かける時間」に興味を持つことです。

仕事の準備に時間をかけなければならないときには、「時間がもったいな い」「早く仕事に取りかかりたい」と、いつも腹を立てているのではありま せんか?

机に向かって課題の調べものをしたり、起こりそうな問題に対する 評価をしたり、問題への最善の対処法を考えたりするのが嫌だったのではありませんか?

行動したいという衝動は、あなたがビジネスで成功することができる大きな要因です。
ビジネス経験が浅いと、計画とか準備とかいうことをバカにしていて、自分とっても、一緒に働く人にとっても、時間の無駄と考えてしまいがちです。

ここからがポイントです。

 

大富豪の仕事術 by マイケル・マスターソン


大富豪の仕事術 by マイケル・マスターソン

 

準備のためにどれだけの時間をかければよいかを知ることは難しい。

この本では成功を収めたビジネスマンたちに、準備や計画のために毎日どれくらいの時間を当てているかを質問しました。
この質問へのの答えは、76% が、1日8時間以上仕事をしています。
働く時間の長さは4時間から12時間とさまざまですが、平均すると9.3時間でした。

質問をしたほとんどの人が、「計画」を1日の中で重要な部分だとみなしていました。
実際、全体として平均1時間ほどを準備のためだけに割いていました。
しかし、全員が、「行動」が最も重要な部分を占めていると答えています。
ほぼ全員が9時前に仕事を始めており、8時前に始める人も約半数いま した。

オフィスに着く前に、まずメールのチェックや、新聞やインターネットから の情報収集をする人は多い。

仕事を家に持ち帰って夜遅くまでしている人 は、約20%と少なくなっていますが、週末に数時間仕事をしている人は大部 分を占めていました(ちなみに、本書では一日の最初にメールチェックをするデメリットを明らかにしています)。

「大富豪の仕事術」by マイケル・マスターソン
http://viralmonster.com/info/book_masterson1

 

 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆YouTube Channel
●Now! featured!!
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/featured
●再生リスト
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/videos?view=1&flow=grid
●フィード
http://www.youtube.com/user/eitoki2007/feed?filter=2&activity_view=1

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.