Up2【超教訓】Appleの「肝」:「connecting the dots(点をつなぐ)」〜真の『創造』とは?


 

 

Eitokiです。

先日、私が目を見張った凄いムック本が発売されました。「The History of Jobs:Apple 1976~20XX〜スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡」
早速、手に入れて読んでいます。

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡2)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡目次1)

The History of Jobs & Apple 1976〜20xx(スティーブ・ジョブズとアップルの奇蹟の軌跡目次2)

ここの最初に以下のような記述が有りました。

世界を変えた波瀾万丈の物語
時代を生み続ける、ジョブズとアップル10の奇蹟

  1. “パーソナルコンピュータ”を誕生させた〜「AppleⅡ」
  2. 直感的で解りやすい“GUI”を標準にした〜「Macintosh」
  3. WWWとフル3DCGアニメを世に送り出した〜「NeXT(NEXTSTEP)」&「Pixar(ピクサー)」
  4. “デザイン”がいかに重要かを証明した〜「iMac」※Apple復活の第一歩
  5. “UNIX+GUI”の強力な組み合わせを実現した〜「Mac OS X (NEXTSTEP継承)」
  6. “音楽”の楽しみ方を根本から変えてしまった〜「iPod」&「iTunes Store」
  7. スマートフォンの標準を確立した〜「iPhone」
  8. 誰もが使える魔法のタブレットを発明した〜「iPad」
  9. クリエーターが個人で活躍できる時代を切り開いた〜「AppStore」
  10. アップルの変革はさらに続く〜「Lion(->MountainLion)」&「iOS(6)」&「iCloud」

どれも興味深い記事ですが、自分が注目したのが5.です。

ここにはこんな事が書いてあります。

先日私がこう書いた答えの一つがここにあります。
今のAppleの成功は、(中略)実はこの相当に進んでいる『技術的背景が有る』事に氣付けている人はほとんどいません。」

皆さんも。きちんと『確固たる「技術」』を身につけましょう。
まともな「テク」もなく自分を大きく見せる行為を繰り返しても、何を夢見ても、「本当に中身のあること」は何も成し遂げられないし、誰も幸せには出来ないですから。

-以下引用-

ジョブズは、スタンフォード大学の卒業祝賀講演の冒頭で「connecting the dots(点をつなぐ)」という話をした。
今、自分がやっていることが、将来どう繋がっていくか分らなくても、将来、点が繋がることを信じて進むことが大切だという話である。

ジョブズがアップルを解雇された後、あきらめずに開発を続けたNEXTSTEP(→OPENSTEP:Intel版含む、そしてアプリケーションサーバーのWebObjects)。

それは、
UNIXというオープンで堅牢なOS(元はMachカーネルとBSD系UNIXに、実は当時、IBMやMicrosoft、ジョブズの居ないApple等々様々なオブジェクト指向プロジェクトが頓挫する中、唯一完成した完全オブジェクト指向のアプリケーション層を組み上げた)
と、
ジョブズがアップルで培ったGUI(研究者対象を一般ユーザー向けに徹底追求した→Macintosh)

最強の組み合わせ(見えないところも+見えるところも)だった。(その、先進で、完全に唯一無比で、美しく、開発効率が高い、土台はデベロッパー向けのRhapsodyを経て、現在のMacOSXやiOSに継承)

こうして、直感的でわかりやすい上に、堅牢で、スケーラブルなOSが完成した。

このスケーラブルというのは、スケールの大小に関わらず、きちんと動作するという意味で、今最も重要なキーワードの一つである。
※IT界では、理想ばかり追求してまともに動作しないものが多数 開発されてきている。

アップルがiPhone、iPadからMac、そして、Apple Store、iTunes Store、App StoreにiBookstoreといったサーバーアプリケーションまで、全部自社で開発できるのは、NeXT時代に、そうした理想的なOSおよび開発環境を追求し続けていたからである。

まさに点と点が繋がったのである。

-引用終わり-

 
 

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
〜全ての世代に届くネットワークを〜
by Eitoki
でした。

=============================================
2011は六星占術「再会」「種子」の年。
2012は六星占術「財成」「緑生」の年。
2013は六星占術「安定」「立花」の年。
◆歴史を変えるパートナー集結中◆

◆Eitoki公式ブログ(PreRelease版):同一URLでガラケー&スマホ対応済み
http://blog.eitoki.com
http://mlmblog.eitoki.com

◆Facebook
プロフィール:
http://facebook.com/utah.eitoki

◆Twitter
http://twitter.com/#!/Eitoki2012

◆google+(テスト運用中)
http://gplus.to/eitoki

 

 


Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.